タグ

更新:2016年02月22日 08:11

神戸連続児童殺傷事件

1997年に神戸市須磨区で発生した連続児童殺傷事件。当時14歳だった加害男性は医療少年院に収容されていたが、現在は退院している。退院後は出版社に自らの意思で手記『絶歌』を刊行するため足を運んだと言う。彼はその後もオフィシャルホームページを開設するなどして自己顕示欲を露にしていた。

週刊文春「元少年A」を取材

週刊文春の記者が元少年Aの自宅を訪れ、取材を申し込んだことが報じられている。

文春の記事によると、取材を申し込まれた元少年Aは、初めは自分が少年Aであることを否定したものの、のちに「命がけで来てんだろ」と記者を脅迫したり、追いかけたりなどしたという。

『絶歌』の出版について - 太田出版
週刊文春が「酒鬼薔薇聖斗こと元少年A」を直撃取材 写真も掲載 神戸連続児童殺傷事件で - 産経新聞(2月17日)

「神戸連続児童殺傷事件」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。