タグ

更新:2018年10月29日 15:48

ハビエル・アギーレ

2014年7月からサッカー日本代表チームの監督に就任したメキシコ人指導者

契約解除へ

共同通信社
2月3日、日本サッカー協会が緊急会見を行い、ハビエル・アギーレ氏との契約を解除すると発表した。

日本サッカー協会の大仁会長は、契約解除の理由を八百長問題の告発を受けたことによる「日本代表への影響」と説明。実際に八百長に関与したかどうかは、まだ確定していないことから、「今後はそうした疑惑を晴らしてほしい」とも話した。大仁会長からの契約解除の通告に対して、アギーレ氏は「やもえない」として同意をしたという。

2014年4月から日本代表の監督に就任したハビエル・アギーレ氏は、昨年、スペインリーグ時代の八百長疑惑により、スペインの検察当局から告発を受けることとなっていた。この影響で年内にも日本代表監督を解任される可能性があると各種メディアが報じていたが、2015年1月9日に開幕にするアジア杯オーストラリア大会では、予定通り指揮を執った。

今年に入って、この疑惑についての告発を裁判所が受理したと、スペインの各メディアが報道。判決までは数年かかる可能性もあり、不透明な状況がつづく可能性があり、日本サッカー協会は、アジア杯終了後に本件についての対応を明らかにするとしていた。

日本代表 - JFA|公益財団法人日本サッカー協会
「ハビエル・アギーレ監督との契約解除について」 記者会見全文 - livedoor スポーツ

各紙社説

代表監督解任―経緯を検証し教訓に - 朝日新聞
アギーレ氏解任 「灰色監督」は不適任だ - 毎日新聞
アギーレ氏解任 日本協会に選択肢はなかった - 読売新聞
アギーレ監督解任 新体制で信頼を取り戻せ - 産経新聞
清新な代表に生まれ変われ - 日本経済新聞

小澤一郎
ぱる出版
売り上げランキング: 186,085

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。