タグ

更新:2018年10月23日 14:36

2ちゃんねる

インターネット上の巨大掲示板サイト。"転載禁止"が拡大し、いわゆる"まとめサイト"に打撃も。

ひろゆき氏が商標を出願。

4月24日、西村博之氏(編集部撮影)
新たな"2ちゃんねる"である「2ch.sc」を公開したひろゆき氏(西村博之氏)が、「2ch」の商標を出願していたことが報じられた。
2ch.netの管理人とされるジム・ワトソン氏やユーザと、2ch.scサイドとの対立が顕在化しているもようだ。

2ちゃんねる商標登録出願問題は商標法上どう扱われるのか? - 栗原潔

これに先立つ4月1日夜には、ひろゆき氏(西村博之氏)の名前で「昨今の2ちゃんねるの現状に関して。」という文書が公開されている。文書では、これまでのサーバ管理費不払い等の情報について否定、現在の管理者に権利が譲渡されてはいないことなどを主張していた。

昨今の2ちゃんねるの現状に関して。

2月には大規模サーバーダウンと管理者交代騒動

インターネット掲示板の2ちゃんねるで2月19日午前4時頃、大規模なサーバーダウンが確認された。2ちゃん創設者であり管理人のひろゆき氏が以下のような意味深なツイートをしたことからも、「ついに閉鎖か」などと様々な憶測を呼んだ。


このおよそ30分後の午前9時頃、サーバ管理などを行うワトキンス氏の名前で「各関係者様」というタイトルのスレッドが立てられた。
2chサーバーを確保しました。前の経営者は、2chの運営経費のための資金を十分な収入を獲得ことができなかったので、首にしました。(…)2chを維持するための十分な所得創出力を失われました。適切な管理次第、2chを再び動かすことができるでしょう。
これにより、管理者がワトキンス氏となったとみられている。

さらに3月はじめ、2ちゃんねるでアクセス数首位の「板」である「ニュース速報(VIP)」と2位の「なんでも実況J」が相次いで「転載禁止」となったほか、ゲハ(ゲーム業界、ハードウェア)板、「ニュース速報」「ニュース速報+」板が次々に転載禁止となり3月半ばにはトップページに「無断複写●転載を禁じます」との文言が掲載され、事実上全ての板が転載禁止になった。

これらの「板」のスレッドの書き込みを転載、人気を博している「まとめブログ」も数多く存在しているが、書き込みの転載についてはかねてから禁止措置を希望するユーザも多かった。2月19日に新たなサーバ管理者となったN.T.Technology会長のジム・ワトキンス氏もこれを容認する姿勢だったため、その方針が加速しているものとみられていた。

関連情報

2ちゃんねる
西村氏のTwitter
西村氏のブログ記事一覧 - BLOGOS

ひろゆき
扶桑社
売り上げランキング: 72,065

「2ちゃんねる」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。