タグ

更新:2020年09月11日 11:34

終戦記念日

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」。日本武道館では政府主催の「全国戦没者追悼式」が行われる。

天皇陛下 平和を願うおことば

共同通信社

終戦の日である15日、天皇皇后両陛下は東京の日本武道館で行われた全国戦没者追悼式に臨まれた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、両陛下がそろって公の場に姿を見せるのは半年ぶり。
マスク姿で式典に出席され、正午の時報とともに参列者全員で黙とうを捧げたあと、天皇陛下は、感染拡大にも触れながら、人々の幸せと平和を願うおことばを述べられた。

天皇陛下のおことば全文

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来七十五年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。

ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。
【全文】天皇陛下 平和を願うおことば 感染拡大に触れた一文も - NHK(8月15日)

安倍首相 今年も靖国参拝見送り

AP

安倍晋三首相は、終戦記念日の15日の靖国神社参拝を見送る意向を固めた。例年と同様、側近議員を通じ「自民党総裁」名義の玉串料を私費で納める方向だ。

時事通信によると、今夏は戦争終結から75年の節目で、自民党内から首相の参拝を求める声が出ていたという。

また、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、終戦の日に合わせた靖国神社の一斉参拝を中止すると発表している。

安倍首相、今年も靖国参拝見送り 終戦の日、玉串料奉納へ - 時事通信(8月9日)

靖国一斉参拝、議連が中止 感染拡大防止で - 産経ニュース(8月4日)

「終戦記念日」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。