反政府ゲリラの公開コメント一覧

  • 2014年05月18日 17:10

    安倍総理にお願いしたいのは、憲法9条を解釈で変えることではなく、この今日の日本の平和の礎となっている9条を世界各国に働き掛けて加盟して貰うことだ。北朝鮮、ロシア、中国、米国や常任理事国の五カ国、パキスタン、イスラエル、パレスチナ、イランイラクに呼びかけてもう愚かな戦争はヤメようとこの国の代表として働き掛けてほしい。 他国の軍事的圧力によって我が国の憲法を変えるなんて、とても愚かだと思う。時間と労力の無駄使い。憲法は国民である私たち主権の権利を守るためのもの。それをその時々の政権によって解釈で変えることは非常に危険です。だかわ私たち主権者は断固、阻止をしなければならない。民主的な手続によって、そういった政策を打ち出した自民党やそれに同調をする公明、維新、みんな、そういった為政者の手からこの憲法を守らないといけない。それが後生、絶対に後悔をしない為の大人の責任。

    BLOGOS編集部
    【全文】「再び"戦争をする国"になることは断じてありえない」集団的自衛権について安倍総理が会見
  • 2014年04月21日 06:54

    自衛隊特措法に賛成をした社民党が九条を守れっていうのが些か問題だけど、九条の連帯を拡げることこそが世界平和への第一歩。既に九条を作り、守っている国々がある。マスコミはそれを報道しない。なぜか?集団的自衛権を政府とマスコミが一体となって変えようとしているからだ。九条は為政者らを拘束する為の立憲主義国民としての最後の砦。それを安倍は都合の良いように変えようとしている。本当に危険だ。軍靴の音が忍び寄っている。

    福島みずほ
    憲法9条にノーベル平和賞を!
  • 2013年06月26日 10:28

    まだこんなことを言ってる人いるんですね。笑 共産主義=独裁、北朝鮮とかいう考え方自体がもう時代錯誤も甚だしいです。共産主義を理解していない人がこういう暴走した意見を言う事が多く、もっと勉強してから共産主義を語れって言いたいです。

    五十嵐仁
    共産党という立派な「受け皿」があったじゃないか
  • 2013年06月25日 12:44

    日本共産党に対する偏見、差別、政治弾圧といったものを一掃しないかぎり、この国は変革できないです。

    五十嵐仁
    共産党という立派な「受け皿」があったじゃないか
  • 2013年06月23日 12:16

    不正受給者を許せって言っている訳じゃないんですよ。不正受給者は正規に生活保護を受給したいと訴えている人達の全体の0.2%なんです。政府はこの不正受給者がいるからというという問題を逆手に取り、生活保護受給申請を受理させないようさせないようにという方向へ導こうとしています。これを水際作戦って言うのです。私たちが何故、税金を納めているのかをご理解下さい。この世の中には豊かな人、豊かでない人がいます。不運な人達の生活を支える為に税金を使うべきなのです。これは憲法第25条でも定められている”国民の権利”なのです。あなたも生活に困窮し、先行きに行き詰まった時、死ぬことを考えることでしょう。そういう悲惨なことを避けるために生活保護という防波堤を築いているのです。政府は税金を取るだけとって社会に還元をしない。それを絶対に許してはなりません。

    弁護士ドットコム
    生活保護法「改正案」の問題点はどこにあるのか? 弁護士に聞いた
  • 2013年06月19日 08:55

    不正受給者に対する規制を強める為に本来、受給したい人が受給申請受け付けて貰えないという本末転倒なことが起きてはならない。 生活保護制度は生活権を保障する国民の”権利”そのもの。それを奪うことをしてはならない。

    弁護士ドットコム
    生活保護法「改正案」の問題点はどこにあるのか? 弁護士に聞いた
  • 2013年06月16日 16:07

    水道橋博士は悪くない。私もあんなことを言われたらその席を立つでしょう。だってそのまま座っていれば橋下の発言を認めることになりますからね。一方、そうやってコメンテーター批判をする橋下さん、あなただって現在までにかなりあちこちのテレビ、マスメディアに出演をしておられますが、ギャラってどうなっているんですか?あなただって小金稼いでいるじゃないですか! おかしいですよね、ほんとに。

    橋下徹
    「小金稼ぎの」は撤回します。すみませんでした。ただ政治家である僕らは常に責任を負っていることを理解して下さい。 - 2013年06月15日のツイート
  • 2013年04月16日 14:18

    橋下さんは弁護士という肩書きをお持ちながら、どうしてこういった解釈になるのかがホントに理解できません。憲法は私たち国民の主権であり、国民の総意に帰属するものです。もし、私たち国民が憲法を改正しなければならないというならば、何故、これまでそういった手続きがなされなかったのでしょうか? 大日本帝国憲法から日本国憲法に代わり、その際の政府と国民で交わされた権力の乱発を防止する為の”約束”であり、その規定を定めたのが日本憲法なのです。つまり軍国という立憲君主制を完全に封印する為の”お札”なのです。そのお札には国民の負託を得た代表者である政治家などに変えることがないよう普遍的に守りなさいと定めています。それを安倍さんはじめ橋下さんは政治家の”都合”で変えようとしているのです。この”お札”を権力者によって剥がすという意味をよく考えてみて下さい。それはこれまで世界に日本は9条というルールがあるから”戦争は出来ない国”と周知されていたものが、再び、”戦争が出来る国”とアピールをするようなものです。こういった神経戦はキューバ危機のような緊張に繋がります。それでも憲法を変えないと不自由さを感じるのであれば、私たち国民が国民の代表である政治家に変えてくれと陳情をしているはずです。しかし、私の周りは変える必要はないという人ばかり。憲法を変えること自体が憲法違反だからです。

    橋下徹
    96条は、国民の判断を問うこともできない規定となっている。憲法改正する権限は国民主権そのもの。憲法96条は国民主権を制限し過ぎだ。 - 2013年04月16日のツイート
  • 2013年04月06日 16:30

    選挙制度改革といいつつ、実際にやっていることは現、与党側に有利に働くような制度改革であるというご指摘をさせて頂きます。0増5減という”まやかし”に気付いています。100%直接民主政治を目指すならば、まずは投票率を上げることに尽力しなければならず、現在のような60%台止まりの投票率で格差もへったくれもないです。加えて、小選挙区よりも比例区を減らすのはあまりにも愚策すぎる。それで本当に民意を受け止めるなんてことを仰る神経が私には分かりません。 私なら小選挙区を廃止にし、大選挙区にします。若しくは、完全なる比例政党制にし、政党が取った得票率に応じて議席配分が決まる仕組みにします。政党は純粋に政策で闘わせることが出来る。政治家は自身が訴える政治理念、政策、思想によって闘う事が出来る。いまの政治家らは、自分がどうして政治家になったのか?その基本的な部分が政党と”国会”という中に入るとどうも忘れてしまうらしい。自民党を一度離党してまた自民党に復党した城内氏なんかその最たる政治家。お前らポリシー無いのか?っていう政治家ばかり。そういった勝ち馬に乗りたいという一心で自民党に来る政治家が本当に多いです。

    石破茂
    緊急是正法など
  • 2013年04月06日 15:17

    片山さん、どうして給与を下げなければならないんですか?国はインフレを目指しているのでしょう?物価高になって、物が買えなくなる理由は、単純に”買うカネが無いから”です。まずはそこを是正して下さい。公務員に支払っている原資は国民の税金です。これは揺るぎない事実です。しかし、公務員もまた労働者です。そこを履き違えるとトンデモないことになります。公務員給与が上がれば、民間労働者の所得も上がります。デフレ脱却をするならば、”所得”を上げるとことが最優先課題です。 

    片山さつき
    地方公共団体における給与減額措置の取組・進捗状況について
  • 2013年04月05日 12:26

    アベノミクスのインフレターゲットは、このリフレ策によってきっとじわじわと物価上昇に転じるでしょう。しかし、肝心要の国民所得の倍増が無い。これでは実質経済成長が見込めない。だから私はこの円安、株高は一時的なものであると短観しています。金利が低く押さえられるという点では国内消費に繋がるとは思いますが、これも一時的なもので楽観は出来ません。中小零細企業の経営者も、カネは借りたいが返す宛がない。だから借りられない。結果、いくら日銀がカネをジャブジャブ市場に流しても、そのダブついたカネは借り手が無いままになる。

    片山さつき
    元上司、黒田総裁のご性格から私は予想してました!「銀行券ルール適用停止」あらゆる予想を上回るサプライズはかつてのG7の手!
  • 2013年02月23日 11:09

    今年の参院選からインターネット選挙解禁を目論む政権与党ですが、実は、野党の殆ども賛成をしています。これは選挙候補者が自由にインターネットを活用した選挙活動が現行の公職選挙に照らした合わせた場合、法整備が追いついていないことが原因となっています。確かにソーシャルメディアが氾濫するこの時代に、自由に自分が掲げる思想、政策、どういう方向でこの国を導いて行きたいのか?ということを選挙期間のみで有権者に刷り込む事は難しいかもしれません。活字というメディアを駆使し、意見交換などの”活きた政治”に結びつくならまだしも、まだまだその部分でソーシャルメディア自体にも問題があるということを説いておかなければならない。私は情報の発信力という意味ではこのソーシャルメディアを高く評価している。しかし、それはすべて情報を発信する側の調査力や正確性に基づくべきものであり、その情報を受ける側の”任意”によるものでしかない。政府はそんな中、このネット選挙に前向きで、その歪みが何処に出るか?という心配に及ぶ。ネット選挙が解禁になれば、選挙候補者の人権を守ることが優先されることになるはずだ。その結果、ネット上での活動は全て公選法適用となる。その結果、私たち有権者に規制がかかる可能性が非常に高い。私はこのネット選挙が表向きで、実はネット検閲をする為のものではないか?と非常に危惧している。だからネット選挙には反対をしている。セキュリティ面はおろか、まだ何もこの国ではそういった話し合いの場が持たれていない。まるで治安維持法をネットに中で施行するかの不気味ささえ覚える。また、まりすましというイタズラによる妨害は公民権の剥奪か停止という非常に重罪が課せられることが議論されている。公民権の停止ということは、罪人と同じ扱い。社会的な抹殺を意味する.....

    議論ネット選挙、第三者によるメールも解禁にすべき?
  • 2013年02月23日 04:50

    ひろゆきさんに禿同です。中国は過去の歴史問題があるから日本を侵略したくてしたくてたまらないのです。もし日本が中国の領土となれば、日本の領空、領海内を自由に行き来出来る。おまけに中国は人口が多過ぎて水不足に陥っている。考えたくはないが、中国は本気で日本を狙っていると思う。

    西村博之/ひろゆき
    中国と日本が本気で戦争をしたら、、、
  • 2013年02月09日 10:34

    私もこの意見には同意します。所得が上がらない実質成長などあり得ません。消費税を上げる事で消費は冷え込み、税収も減ります。これは3%から5%に上げた時に既に実証済みです。所得の底上げ、可視分所得の増大を図るしか今の日本経済を復活させる方法はありません。

    広瀬隆雄
    日本がアルゼンチンのようになる日 アベノミクスがインフレを引き起こすタイミングはいつか?
  • 2013年01月27日 13:02

    私もこのブログ主さんの意見を支持します。教員が悪いのではありません。早期退職をさせてしまうような制度設計をした、この国の政治家が批判されるべきなのです。

    赤木智弘
    【赤木智弘の眼光紙背】下村文部科学大臣の言葉は"脅迫"だ
  • 2013年01月19日 11:06

    ゼネコンが自民党を支持した。それだけです。自民党は消費税を社会保障費に充てると言ってますが、その一方で生活保護費削減をすると断言していますし、年金問題も結局、有耶無耶になっています。私たちは前々回の衆院選で自民党にNOと言い、そして民主党に政権を委ねました。しかし民主党は沖縄政策で鳩山が失敗し、小沢一郎が政治資金で糾弾をされ、そして菅直人が震災対応をめぐって引きずり下ろされ、野田がトドメを刺した。客観的にこの国の政治構造を俯瞰してみると、常にこの国のパワーバランスは”井の中の蛙” 私たち有権者は一体、何を求めて投票しているのでしょうか?毎回綱引きしているようにしか見えません。まるでデキレースのように「いゃぁ、自民党さんやっぱり強いねぇ」「いえいえ民主党さんだってなかなかやるじゃないですかぁ」みたいな下らない茶番劇に私たち有権者は付き合わされているのです。日本政治をずっと牽引をしてきた自民党ですが、その背景には土建業界との癒着があることを私たち有権者はしっかりと噛砕しなければならない。何故、この国は銀行が倒産するのにスーパーゼネコンと呼ばれる大手建設会社は潰れないのか?をもっと私たち有権者は学習しなければなりません。また、そのゼネコンから派生する権力構造と政治との繋がり。それと米国との繋がりです。

    SYNODOS
    自民党はなぜ勝利したのか 善教将大・坂本治也
  • 2012年12月29日 13:49

    期待を寄せる有権者の”心”を未来の党は踏みにじった。いくら謝罪をしてもそれは容易には裁許出来る代物ではない。何故なら、未来の党に一票を投じた有権者は、未来の党としての選挙に公約に希望を見出し、支持していたからだ。私は再三、未来の党には気をつけろを言い続けていた。小沢一郎は自分で掛けた梯子を自分で外す。そういう政治家だからだ。国民の生活が第一と口当たりの良い言葉で、民主党から60人近い議員を引き連れ新党を結成したが、結局、保身の為の新党結成でしかなかった。小沢一郎氏も自分で気付いているのだろう。もうこの国で政治家としての自分の出番は無いと。カネに汚い政治家はそうやってみんな失脚をして行くんだ。哀れなのは小沢一郎を支持している支援者と、小沢一郎の背中を見ている議員らだ。いい加減、小沢一郎一人に固執するのではなく、政治家としてしっかりとした政治理念や信念を下に一人の政治家として歩き出して欲しいと思う。小沢グループは政策理念に人が集まっているのではなく、小沢一郎という人に群がっているだけ。完全な村社会なのだ。政党は政治理念や政策に人が集まってくるものだ。その違いはとても大きい。

    田中龍作
    未来の党が分派 嘉田氏「兼職禁止求めた県議会の意見を重く受け止める」
  • 2012年11月23日 18:34

    ”核シェルター”を備えずに、国防力を上げるというもまた本末なお話です。きちんとした安全を担保していなければ、国防など出来る訳もありません。日本には日本の素晴らしい技術力があります。是非、それから個人単位での購入には限界があります。これは国でやって欲しいというお願いです。

    志位和夫
    維新は“核兵器大好き政党”/志位委員長が批判
  • 2012年11月23日 15:27

    私は日本で徴兵をしろと言っている訳でありません。国民の命を守るには、”核シェルター”の普及促進に努めてみてはいかがですか?と提起をしています。そのり為にその核シェルター普及率が一番高い国であるスイスをご参考にしてみて下さいと言っているたけです。

    志位和夫
    維新は“核兵器大好き政党”/志位委員長が批判
  • 2012年11月23日 07:04

    志位さんにお願いです。東京都が石原都政から大きな転換点に来ています。このままの都政を引き続きやるのか?それとも変革の都市として変貌を遂げるのか?その手綱を握っているのは私たち東京都民である一人一人の意識です。核の無い平和な世界はまさに理想です。相反する局面において、核を持たないという事は、持っている国々を持たない国々が説得をしなければならないということです。その交渉に決裂した場合の行く末、それはある意味に於いて、かつて体験をしてきた冷戦と同じ局面に成り兼ねません。そうなった場合、国民一人一人の命を政治家としてどう捉え、どう守って行くのか?を具体的な回答をもって反論をして頂きたい。国連はもはや国際機関として体をなしていない。それを裏付けるように中東紛争の解決になんら介入もせず、放置プレイ。潘基文さんにおいてただの”お飾り”と揶揄される方も散見しておられます。私は共産党に頑張ってもらいたい。だから敢えて苦言を呈しています。例えばスイスをご覧下さい。永世中立国として国際社会の中ではその立場を明らかにしておりますが、その実態はかなりの軍備を備え、世帯95%に核シェルターが備えてあります。日本もこの”核シェルター”普及促進に努めてみてはいかがでしょうか?これは核ミサイルだけではなく、大規模災害にも強く、その中に水や食料、薬品などの備蓄をすれば、しばらくの間は自給的な生活が続けられます。東京を中心とした大規模災害、首都機能が壊滅的になった時、この核シェルター一つあれば、国民の命は守れるのではないか?と真剣に考えています。どうか党中央委員会に於いても検討のほどお願いを申し上げます。

    志位和夫
    維新は“核兵器大好き政党”/志位委員長が批判
  • 2012年11月12日 18:49

    民間の所得を上げる方法は、内部留保している企業のプール金を市場に流出をさせる事です。そのお金が消費に繋がれば経済はいくらかよくなるはずです。

    橋下徹
    公務員組織は、これまで共産主義組織だった。これは変えなければならない。今、大阪府、大阪市ではそれに挑戦している。 - 11月12日のツイート
  • 2012年11月12日 14:42

    ここは日本です。米国のシステマチックな方法が良いというならば、日本を出て下さい。米国にでも移住をするべきです。日本人は他者への思いやりや情に厚い人種だという先人達の守って来たものを後生、私たちは受け継いで行かないとなりません。橋下氏は異端児なんです。強権的なその政治的なやり方に非常に問題が残ります。

    橋下徹
    公務員組織は、これまで共産主義組織だった。これは変えなければならない。今、大阪府、大阪市ではそれに挑戦している。 - 11月12日のツイート
  • 2012年11月12日 11:32

    菅さんが残念なのは、やってることと言う事が甚だ”違う”ということ。脱原発活動家として再起を図りたいの気持ちはあるんでしょうが、民主党にそれを求めても出来ないし、もう遅い。それにどうして現在も稼働中の大飯原発に対しては「止めなさい」と言わないのですか?言えないのですか? 再稼働をする時も反対の署名にサインをしなかったとの話も浮上しています。

    菅直人
    民主党政権は、衆院任期の来年8月まで脱原発に向けて全力で取り組むべき
  • 2012年11月12日 11:08

    >一方、バリバリ働く公務員層の給与が低いことも事実。公務員組織は、これまで共産主義組織だった。 これを共産主義っていうんですか? www 公務員の方達だってバリバリ仕事をすれば、残業時間で貰ってますよ。共産主義という言葉を使うのは間違っています。橋下さんがやろうとしているのは所謂、成果主義。しかしこの成果主義というのは、弱者斬り捨ての原因となっています。そこのところきちんと考えて議麺してからにして下さい。今の公務員の方達が給与が高いのではなくて、民間の所得水準が”異常”に低いのです。その議論もすっ飛ばして公務員だけを吊るし上げるやり方は橋下さんらしいと言えば橋下さんらしいですが、私は民間の所得水準を上げる方を先にやらなければならない政策課題と思っています。

    橋下徹
    公務員組織は、これまで共産主義組織だった。これは変えなければならない。今、大阪府、大阪市ではそれに挑戦している。 - 11月12日のツイート
  • 2012年11月11日 14:32

    しんぶん赤旗、福島民報、民友、河北新報などもきちんと伝えていますよ。このトピ主は中日新聞の出身だから、東京新聞販路拡張の為にこんな記事を書いたのか?と誤解をされますね。

    ビデオニュース・ドットコム
    東京新聞が反原発路線を突っ走れる理由
  • 2012年11月07日 16:50

    集会の自由は認められてますが、不法占拠して良いとは何処にも書かれていません。憲法で認めているからという誤解をかなりの方がされていますが、憲法を遵守するならば、その法律を遵守せよと言わなければなりません。

    議論「都が日比谷公園におけるデモ制限…」『集会の自由』に反すると思う?
  • 2012年11月04日 09:40

    このトピ主さんは自分が”中道”と信じ込んでいたいバカですね。安倍自民を応援したいと言っておきながら、”中道”とはバカ過ぎて笑えます。いいですか、安倍自民は戦後始まって以来の超タカ派政党に成長しつつあります。思想も極右です。つまり国粋主義者の集まりなんです。濃緑の自衛隊のような色した街宣車で鶴田浩二の曲をかけながら、菊の紋章をつけてる”あのお兄さん達と一緒なんですよ。こういう自分の思想感にブレがある人はもう少し勉強をしてからにして欲しいですね。いま、日本が憲法改正をしたらどうなるか?シュミレーションしてみて下さい。対中、対ロ、対韓、対米、対朝関係に緊張が走る事は必至。それどころではありません。軍事拡大、軍備増強をし始めるでしょう。それだけ過去の歴史に於いて日本という国は枢軸国というレッテルが貼られていることを忘れてはならない。それを封じる為に米国をはじめとする連合国は憲法9条というお札を日本に貼付けたのです。その封印を剥がすということが一体、何を意味するのでしょうか?

    中村ゆきつぐ
    橋下VS細野 中道とは?
  • 2012年11月04日 09:27

    それは経営者が考えるべきことなのでは?と思います。ホテルや飲食をはじめとするサービス業は、労働内容に比例せずに賃金が安いという一言に尽きると思います。私も経験ありますが、本当に重労働です。その割には時給、850円とか、900円。仕事中も常に「これとこれをやっても1時間に900円しか貰えないだな」と常に頭の片隅にありました。生活の為だから嫌な仕事も引き受け、それでも900円。なんだこりゃ。と次第に怒りが込み上げてくるのです。で、辞めたくなる。これはアルバイト時代での話です。しかし、社員として働いていてもきっと同じかと思います。要するに労働内容と賃金が見合っていないのです。そこを改善すれば就業定着率も向上するでしょう。

    議論「『宿泊・飲食業』で若者の3年以内の離職が48.5%…」改善策は?
  • 2012年11月04日 09:19

    財務省、文科省の意見には反対です。日本の教育自体が”学習”するものではなく、”教える”為のものである点に於いて改革をした方が良いのではないでしょうか?私は現在40代です。私の頃は一学級、42人から45人で12クラスありました。そんなマンモス校だったのですが、勉強出来る人は常に成績が優秀で、悪い人は常に悪かったです。どうしてなのか?今、改めて考えると、勉強に向き不向きを作ってしまっている”環境”があったからです。学校での勉強は、教師が年間カリキュラムに基づき進めて行きます。そのカリキュラムに遅れが出ると、教えなかったり、進み過ぎていたりという偏りが出ていました。現に、違う学校の生徒とクラブ活動などを通じて友人となり、または塾などで教科別にどれくらいの進み具合か?などという話になると、必ずズレが生じていました。酷い時には4月から始まる教育課程の三分の一しか終わっていないとことも。要は担当となる教師の匙加減一つで、生徒の学習環境に”明らかな差”が出ているのです。その問題解決なくして、この問題の解決には繋がらないし、無理だと思います。教師も”人”です。日本全国の小中高の一貫教育でもされていない限り、公立、私立で差が出ています。

    議論「教職員の定数について、財務省と文科省の意見に食い違い…」どちらを支持する?
  • 2012年10月31日 11:08

    橋下さん、消費税増税の使い方に関して意味不明な事を仰ってますが、そもそも橋下さんは社会保障費の最大必要見込み額をご存知なのだろうか?高齢者の数に推移し、比較をすれば伸びることは間違いないが、少子化が進んでいる今、一時的な人口減少に転じる事は否めない。これまでは逆ピラミっド型の人口動態でしたが、近い将来、例えるならモンロー体型に変わってくると見られている。人口の推移なんてものは一定である筈はないが、少子化少子化と懸念する声が高まるうちに、どうやら出生率も改善しつつある。しかし、この後の世代が結婚や出産に真剣に向き合う事が出来なくなる社会ならば、十分にその当たりのサポートを政治によって行わないとならないだろう。それを橋下氏は本当に判って言っているのだろうか?甚だ疑問ばかりが残ってしまう。

    橋下徹
    毎年伸び続ける社会保障費を賄う税は相続税を中心に考えるべき - 10月31日のツイート

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。