Runnning manの支持一覧

ブラック公務大賞は文科省=20代の教員20人が過労自殺、惹起させる松浦勝人エイベックス社長の主張

きょう「ブラック企業大賞2016」の発表がありました。大賞には電通が選ばれ、受賞理由は「ブラック企業大賞」のサイトで読むことができます。 NHKは午後7時からのニュースでこの「ブラック企業大賞」の授賞式の様子を報道し、電通社員に対する取材を以下のように伝えました。ブラック企業大賞 電通にNHKニュース 12月23日社員「体質は変わっていない」 電通の現役の社員がNHKの取材に応じ、長時間労働の対策...

国家公務員一般労働組合

2016年12月23日 23:06

素人の部活顧問 先生の嘆き 強制的に顧問担当、種目は選べず

■素人教員による部活動指導泳げない水泳部顧問、楽譜が読めない吹奏楽部顧問、受け身のできない柔道部顧問、字がヘタな書道部顧問、囲碁にしか興味がない将棋部顧問…。この記事を読んでいる皆さんが、「明日から自...

学校リスク研究所 内田良

2016年04月03日 07:16

「部活週2休」有名無実化 文科省の指針

■運動部 週に2日以上の休みを・中学校は週に2日以上の休養日を・高校は週に1日以上の休養日を・長期休業中はまとまった休養日を・平日は2~3時間まで、土日は3~4時間までこれらはすべて、文部科学省がかつ...

学校リスク研究所 内田良

2016年01月10日 07:30

お正月の部活練習 必要か 中学生・高校生の「過重部活」を考える

■お正月も練習2016年が始まった。「お正月くらいはゆっくり」と思っている人たちも多いことだろう。しかしTwitter上では、「元旦から部活ってどういうことなんだよ」「大みそかと元旦しか休みがない」と...

学校リスク研究所 内田良

2016年01月01日 09:28

教師に「部活の顧問をしない」選択権を! ブラックすぎる現状訴える署名活動に激励の声

中学、高校の先生といえば、学業のほかに「部活動の顧問」をやって当たり前――。そんなイメージを持っている人も多いだろう。特に若い先生たちは、ベテランの先生から持ち回りと言われて頼まれれば、なかなか嫌だと...

キャリコネニュース

2015年12月29日 06:00

「ブラック部活」 若手教員が立ち上がる 既存の組織を超えた新たな連携

画像を見る運動顧問の一日[神原楓先生(@wakateowl)作成の図を転載]■若手教員らの挑戦ついに、先生たちが立ち上がった。これまで教員の間で長らく不満が蓄積されながらも、有力な突破口が見つからない...

学校リスク研究所 内田良

2015年12月27日 07:57

社会不適合者で悩んでいる?こんな社会に適合してどうするの?

先日対談させていただいた、ibayaの坂爪さんの名言をご紹介。社会不適合者で悩んでいる?こんな社会に適合してどうするの?坂爪さんの社会に対する考え方が非常に面白くて、「自殺者も多い、真面目な人ほどうつ...

Hayato Ikeda

2014年09月23日 05:00

「末端の人と人との関係をプロトタイピングできれば、いいシステムが作れる」――大前研一×サイボウズ青野慶久社長

2014年11月28日に開催される「cybozu.comカンファレンス2014」。東京会場ではあの大前研一氏がクラウドにまつわる講演を行います。その事前打ち合わせのため、サイボウズの青野慶久が大前氏の...

サイボウズ式

2014年08月28日 15:26

今後10年で人工知能は劇的に進化する データが爆発する領域を狙え

画像を見る 人工知能の進化が加速し始めた。特に人工知能による自然言語の理解が進むもようで、カーネギーメロン大学のTome Michell氏はニューヨーク・タイムズの取材に対...

湯川鶴章

2014年08月25日 00:00

大好きな亀田興毅さんからアイスバケツの指名を受けました - 2014年08月23日(土)のツイート

都構想が分からない、もっと説明をしろと言うコメンテーターよ未だに都構想が分からない、説明不足だ、もっと住民に説明をしろと言い続けるメディアやコメンテーターよ。教科書は用意し授業はやっているのに、教科書...

橋下徹

2014年08月23日 23:55

これだけ動いてる。過去30年で音楽の聴き方がどう変化したか、1つの円グラフで軌跡を振り返ってみると...

リンク先を見る1983年から2014年まで、30年以上に渡って音楽が聴かれているフォーマットの変化を表した円グラフ。音楽も時代とともに聴き方が変化している様子が各年ごとに分かりやすく可視化されています...

ジェイ・コウガミ

2014年08月18日 17:29

叱られたことしかないから、ほめ方わからない。(「太陽のまちから」2014年7月22日)

いまから20年前、私は「早期教育」の取材を続けていました。 バブル経済が崩壊し、日本社会が急速に勢いを失って収縮していった時代に、早期教育はひとつだけ気を吐いている成長産業でした。とりわけ、「生まれた...

保坂展人

2014年08月14日 11:39

朝日新聞やその他識者はもっと国際情勢を勉強しろ - 2014年8月14日(木)のツイート

news.yahoo.co.jp/pickup/6127106 国際社会において、国連においての「性奴隷」とはこういうことだ。日本の慰安婦問題とは全く異なる。もちろん日本の過去の行為の正当化はできない...

橋下徹

2014年08月14日 11:01

半年間在宅勤務をしました

すごく久しぶりに記事を書きます。諸事情があって去年の秋くらいから在宅勤務をしていました。これまでも在宅勤務の経験はあったので、仕事のやり方とか打合せのタイミングなどは困りませんでしたが、体調面で非常に...

pucotan

2014年08月10日 22:41

変る日本の人事

永守重信氏の日本電産。といっても社名も人物も知らない方もいらっしゃるでしょう。永守氏は日本でM&Aを通じた積極攻勢で主力のモーター事業を拡大していった立志伝中の人物であります。日本の現役の起業...

ヒロ

2014年08月11日 10:00

成長したい奴こそ大企業に行け

流行り廃りは世の常であるが、間違いなく今、ベンチャーは流行っている。会社を模したサークル活動から、野球の球団を持ってたり、上場しているような会社ですら十把一絡げでベンチャーと呼ばれる日本なので、どこま...

quipped

2014年08月03日 16:00

教育に必要なのは論理性と情緒性〜林修氏の「数学出来ない人に教える資格はない」は、ある意味正しい(下)

もちろん、情緒的な思考も必要前編では林修氏の数学が出来ない人はものを教えるべきではない」という発言が「教育者においては数学的な論理的、科学的思考が必要」といったところに本意があること、そしてこの主張は...

新井克弥

2014年08月03日 23:36

林修氏の「数学出来ない人に教える資格はない」は、ある意味正しい〜教育者の能力を考える(上)

林氏の本意を無視した文脈でのバッシング「今でしょ!」の決め台詞で有名な東進ハイスクールの林修氏がテレビ番組の中で「数学が出来ない人はものを教えるべきではない」という発言をし、ネットで批判を浴びている。...

新井克弥

2014年08月02日 16:52

東浩紀氏の新著『弱いつながり』が誘う『自分の似姿の世界』の外側

■時代の変調を察知する『カリスマ』今年に入って何度か、2013年という年は『ゼロ年代のインターネットの夢の挫折の年』だったとブログに書いてきた。私のような市井の者がいうまでもなく、最近では、ゼロ年代に...

SeaSkyWind

2014年08月02日 09:00

起業したい若者が自己啓発セミナーにはまるわけ

基本的にブログは1日1回更新だけど、どうしても書きたいことがあったので本日2本目です。「だよね、だよね」と膝を100回くらい叩きたくなる記事がブロゴスに出てた。起業したい若者を餌食にする輩に注意最近、...

永江一石

2014年07月04日 17:38

【読書感想】起業のリアル

リンク先を見る 起業のリアル 作者: 田原総一朗 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2014/06/27 ...

fujipon

2014年07月29日 09:00

大型店のせいで商店街が潰れたというくだらない同情論はやめにしたい

昔は活気あふれる商店街が次々とシャッター街になっていく。それは郊外に大型スーパーが出店したから。地元住民を無視し、大資本だけが儲けるのはいかがなものか――。まだこんな信じがたい、時代錯誤な商店街同情論...

かさこ

2014年07月23日 21:09

『孫さんは「大ボラ吹きの大夢語り」か』

『経営者通信』32号(2014年6月号)よりの抜粋記事、「経営を単純化して着実に戦略を実行せよ」が、経営者通信Onlineで公開されています。之は、松本晃・カルビー株式会社代表取締役会長兼CEOに対す...

北尾吉孝

2014年07月18日 16:30

家庭の経済力が子どもの学力に影響!? 保護者が子どもの教育で心を配りたいこと ‐ 木村治生

平成26年3月28日に、文部科学省が「平成25年度全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の追加調査として行われた「保護者に対する調査」の結果を発表しました。この調査を分析したお茶の水女子大学のグル...

ベネッセ 教育情報サイト

2014年05月07日 10:00

「スーパーグローバル大学」などに応募殺到 ‐ 斎藤剛史

大学教育のグローバル化など大学改革を進めるため文部科学省は、スーパーグローバル大学や大学教育再生加速プログラムなどの事業に着手したことは本コーナーで以前に紹介しました。これに対して、スーパーグローバル...

ベネッセ 教育情報サイト

2014年07月17日 15:00

若者が自信を失い続ける日本、その原因と対策

日本の若者は自分に自信がなく、将来に希望が持てない。政府が3日に閣議決定した「子ども若者白書」で、海外と比べた日本の若者の姿が浮き上がった。自信を取り戻すカギは、家庭や職場にありそうだ。調査は昨年11...

三田次郎

2014年06月08日 18:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。