yahoo user livelyの支持一覧

東北民のおカネが「1日6億円」も海外に流出し続けている・・・

東北電力・女川原子力発電所を訪れた。設備容量は、1号機52.4万kW、2号機82.5万kW、3号機82.5万kWの計217.4万kW。これで、ほぼ宮城県全体(人口233万人)の電気を賄うことができる。しかし、2011年3月の東日本大震災以降、女川原発を含めて日本国内の全ての原発が停止し続けている。 原発を停止すると、その分を火力発電で代替しなければならない。その主な燃料はLNG(液化天然ガス)や石...

石川和男

2014年11月17日 23:51

またもや朝日的手法でデマを拡散する朝日新聞

朝日新聞が、またもや読者を意図的に誤認させる手法でデマを拡散しています。「シカを硝酸塩入り餌で駆除 静岡県考案、「残酷」の声も」 食害が深刻なニホンジカを硝酸塩の入った餌で駆除する方法を静岡県職員らが...

数多久遠

2014年11月16日 01:49

2年前の今日、国民の前で約束したこと

あれは2012年11月14日、ちょうど今から2年前のことでした。民主党代表の野田佳彦首相(当時)が安倍晋三自民党総裁(同)と国会で討論し、“ある約束”と引き換えに衆議院を解散することを明言した、あの日...

山本洋一

2014年11月14日 08:33

マンチェスターユナイテッドから学ぶスポーツチームのデジタル戦略に大切な5つのこと

ピッチ上での成果がなかなか表れず、もがいている印象を受けるマンチェスターユナイテッド。それでも、世界中で一番ファンが多いといわれるクラブはしたたかに、そのファン基盤を拡大する動きを見せています。今回は...

山内 一樹

2014年11月12日 14:14

クロマグロの国際交渉を分析:日本のジャイアン外交が韓国とメキシコをねじ伏せた

日本国内では、「日本が率先して厳しい漁獲削減を提案したのに、韓国やメキシコが反対をしている」という内容の報道が目立つのですが、実態は全然違います。日本が自国のみにきわめて都合が良い提案をごり押して、韓...

勝川 俊雄

2014年11月07日 09:28

<日本のテレビ局の仕事と仕組み>テレビ局志望の就活学生が知っておきたいテレビ事情

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]***日本のテレビ局は「マスコミ(報道)」「広告(営業)」「芸能(制作)」という「3つの産業」が重なる業態です。テレビ局には「ステーション...

メディアゴン

2014年11月06日 20:34

心暖まるペンギンCMにアクセス殺到。半日で400万!

前回に続いて、またもプロモーションビデオなのでちょっと気が引けますが、あんまり出来が良すぎて、ちょっと感動したので紹介します。英国の大手デパートチェーン「ジョン・ルイス(John Lewis)」のクリ...

島田範正

2014年11月07日 13:39

身内の犯罪でなぜ家族が非難されるのか

芸能人・有名人(以下タレント)の家族等が犯罪を起こすと、タレント本人に取材のマイクやカメラが批判的に向けられるのをしばしば見かけます。これおかしくないですか?加護亜依 イメージ悪化は免れず「“全く関係...

上伊由毘男

2014年10月25日 19:50

藤井美濃加茂市長事件、検察にとって「引き返す最後の機会」

藤井浩人美濃加茂市長の収賄事件の公判、天王山とも言える贈賄供述者中林の証人尋問で、その供述の内容自体が「贈賄供述」とすら言えない程お粗末なものであることに加え、主尋問の最後で贈賄自白の理由を涙ながらに...

郷原信郎

2014年10月14日 09:59

赤いストール騒動から見えるマスコミの問題

「法相の服巡り国会20分遅れ」「野党側が問題視したことで議論が紛糾し本会議の開会が約20分遅れた」「野党がやり玉に挙げている」昨日から今日にかけて新聞やTVで報道されている「赤いストール騒動」の論調を...

松田公太

2014年10月03日 13:22

エド・はるみ氏への誹謗中傷行為に対する法的手続対応のお知らせ

弁護士 最所義一 当職は、この度、エド・はるみ氏より、2009年以降5年間にわたり、インターネット上で繰り返し掲載され続けている同氏に対する一連の誹謗中傷行為に対し、発信者情報の開示を含む裁判上及び裁...

最所義一

2014年10月02日 23:16

子供の写真をソーシャルに掲載する是非について冷静に考えたい

画像を見るFacebookにあなたは何の写真を投稿してますか?自分が見る限り、子供とペットと食い物写真との写真が全体の80%を占めてると思います(適当)。ところが最近、ソーシャルに自分の子供の写真を掲...

永江一石

2014年09月06日 13:15

カリフォルニアの高校で、一部「反転授業」が導入された背景 生徒間の学力格差をワープスピードで拡大する、残酷なツール

最近、「反転授業」が話題になっているので、僕の家族の経験を紹介します。【反転授業とは】「反転授業」とは、これまでの「学校で先生の講義を聞き、家で宿題をやる」という授業のスタイルを逆転させ、「予め先生が...

広瀬隆雄

2014年06月19日 02:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。