Yasushi Wasaの支持一覧

古今未曾有の事態のなかで、画期的な構想に想いを馳せる

新型コロナウイルスの世界中の蔓延という事態は、数々の深刻な問題を提起しています。ことここに至った政治的責任をあげつらうことはここでは差し控えます。不要な外出を控え、不特定多数の人たちが集まる場所には行かず、マスクの着用と手洗いの励行の徹底が幅広くよびかけられています。小中高といった学校も概ねお休みという状況が続いています。年初までインバウンドの外国人で賑わっていた観光地もガラガラ。企業活動にも大き...

赤松正雄

2020年03月20日 08:33

「新型肺炎」の陰で見過ごされがちなもう一つの疑惑

参院選挙の運動員への買収疑惑発覚から四ヶ月が経って、このほど広島地検は、河井案里参議院議員の公設秘書を公職選挙法違反の疑いで逮捕したと報じられました。新型コロナウイルス問題で、日本はおろか世界中が大騒...

赤松正雄

2020年03月06日 15:45

新型コロナウイルスに賢明な対応を――感染研が抗議したデマの出所

ウイルスよりデマが危険 新型コロナウイルス(COVID-19)が世界的な感染拡大を見せている。 WHO(世界保健機関)のテドロス・アダノム・ゲブレイエスス事務局長は3月2日、「未知の領域に突入した」と...

WEB第三文明

2020年03月04日 19:00

来年度予算案が衆院通過

28日、2020年度予算案が衆院本会議で可決、参院に送付されました。予算の規模を示す一般会計総額は過去最大の102兆6580億円。教育無償化をはじめとする全世代型社会保障の構築や、昨年相次いだ自然災害...

太田昭宏

2020年02月29日 12:48

合意形成へ行動をー憲法調査会発足20年・毎日新聞インタビューから

今年は、衆参両院に憲法調査会が設置されて20年になります。現在は、憲法審査会と名前を変えて、国民投票法の改正法案の審議などに当たっています。このほど毎日新聞が各党代表にインタビューを試みたものが同紙に...

赤松正雄

2020年02月14日 16:03

芸人YouTuberが増え続ける今、ナイツ塙宣之の「塙チャンネル」は実現する? R-1、THE Wに物申す

対談1回目では「漫才協会の現状やこれから」、2回目では「いじめについて」、そして3回目は「今のお笑いについて」、ナイツ塙宣之さんに笑下村塾のたかまつなながお聞きしました。著書『言い訳~関東芸人はなぜM...

たかまつなな

2020年02月10日 11:41

「漫才協会に師弟関係を復活させたい」ナイツ塙宣之が漫才文化を残すためにしたいこと

東京で活動する芸人らで構成される漫才協会の理事を務めるナイツ塙宣之さん。2018年に続き、2019年もM-1グランプリで審査員を務め、2019年8月に発売した初の著書『言い訳~関東芸人はなぜM-1で勝...

たかまつなな

2020年02月07日 19:36

小手先の手直しでは追いつかないー公明党の二枚看板を検証する❺

選挙時に掲げる政策公約と暮らしの向上任期4年を待たずに、ほぼ平均3年で解散されて行われる衆議院総選挙。そして着実に3年ごとにやってくる参議院選挙。その合間に行われる地方議員選挙。その結果、地域の最前線...

赤松正雄

2020年01月28日 12:01

政権から脱落した10年前の反省ー公明党の二枚看板を検証する❹

時代を覆う暗雲へのまなざし「気掛かりなのは、IR問題とイラン情勢です」ー2020年のお正月が明けたばかりの7日に神戸のホテルで開かれた恒例の公明党兵庫県本部の新年賀詞交換会で、山口那津男代表は挨拶の締...

赤松正雄

2020年01月21日 17:46

分岐点としての2030年と、そこに至る10年間(上)

2020年は、カルロス・ゴーン被告(元日産自動車社長)のレバノン逃亡という事件で幕を開けました。何が起こるかわからない、という時代の空気をそのまま反映させた衝撃が日本中に走り、今なお余韻が燻っています...

赤松正雄

2020年01月16日 15:12

令和2年度税制改正大綱の要点~寡婦(夫)控除、未婚ひとり親へも公平に

こんにちは。竹谷とし子です。昨年12月12日に決定した与党税制改正大綱で、長年にわたる公明党の主張が実り、未婚の親を含むひとり親家庭の子どもに対する公平な税制が実現する運びとなりました。次通常国会の審...

竹谷とし子

2020年01月15日 10:34

【2019年を振り返る】日本政治3つの潮流

[画像をブログで見る]2020年の日本政治はどうなるのか。7月に東京都知事選、秋頃には衆院選も予想され、東京五輪後の日本の方向性を定める重要な1年となるが、まずは、3つの重要な観点・事象から2019年...

室橋 祐貴

2020年01月03日 14:41

こんな与野党の茶番劇で恥ずかしくないかー臨時国会の閉会に思う

12月9日に臨時国会が幕を閉じました。その直前の6日に一般社団法人「安保政策研究会」の定例会が開かれ、久方ぶりに参加しました。そこでは、日韓関係を巡って寺田輝介元韓国大使からの基本的な問題提起がなされ...

赤松正雄

2019年12月09日 16:13

「iPS」活用 国挙げて 国の継続的な支援訴え 党合同会議で山中所長(東京都)

「iPS細胞(人工多能性幹細胞)は日本の宝だ。今後もオールジャパン体制で取り組みたい」――。公明党の文部科学部会と厚生労働部会などは29日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、京都大学iPS研究所の山中...

山本博司

2019年12月03日 09:37

ー結党55年を迎えてー

11月17日、公明党は結党55年を迎えました。公明党が結成された1964年は、奇しくも、前回の東京オリンピックの年です。当時、世界はイデオロギーで二分された、東西冷戦の真っただ中。日本の政界も左右両勢...

浜田昌良

2019年11月17日 15:22

改革精神が失われていないかー公明党結党55周年に寄せて

昭和39年(1964年)11月17日ー今日は、公明党が結党された記念すべき日です。今年はちょうど55年目になります。その年は初めての東京オリンピックが開催された年であり、東海道新幹線がスタートしたこと...

赤松正雄

2019年11月17日 14:41

自公連立20年とこれからー懸念される中道主義の存在感❹

皮相的な「30年一回り」論実は、この「30年一回り」論は、芹川氏だけが唱えているものではない。同じ日経新聞社の企画刊行で注目される『平成三部作』(『平成の政治』『平成の経済』『平成の経営』)における、...

赤松正雄

2019年11月07日 10:33

自公連立20年とこれからー懸念される中道主義の存在感❸

改革へのリーダーシップの発揮をそれにつけても、私が不満なのは、連立20年の公明党の存在感が滅法薄いことである。この20年の政権の実態を公明党の側から分析した鋭い論文『連立20年の自公政権』(公明新聞党...

赤松正雄

2019年11月05日 17:55

自公連立20年とこれからー懸念される中道主義の存在感❷

気になる存在感の低下それよりも公明党の支持者における一般的な懸念は、存在感の低下という問題である。自公政権と言いながら、実際には自民党安倍政権の添え物でしかないように見られるのはなぜか。政権内部で激し...

赤松正雄

2019年10月29日 13:30

消費税率引上げと対策について

増大する社会保障費への安定財源の確保 10月1日から消費税率が10%に引上げられます。高齢化が進む中で、年金・医療・介護等の社会保障費が増大していることに対して安定財源を確保していくことは避けられない...

上田勇

2019年09月30日 17:12

公明党の存在って、こんな程度だったの?ー御厨貴・芹川洋一編『平成の政治』を読む

日経新聞社が平成の時代を、政治、経済、経営の三つの観点から総括、分析した本だというので、まず、『平成の政治』から読んだ。御厨貴(東大名誉教授)と芹川洋一(日経論説フェロー)の二人がホスト役になって、ジ...

赤松正雄

2019年09月19日 07:10

統一会派は「民主党」の再来――またしてもの呉越同舟

「お答えになっていない」 8月20日、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表が国会内で会談し、衆参両院で統一会派を組むことで合意した。 8月5日の両者の会談では、国民民主党の玉木代表から...

WEB第三文明

2019年08月23日 11:38

2019参院選をふりかえる(下)――ポピュリズムの危うさ

「自分ファースト」の野党 あれだけ「年金制度」と「消費税」で国民の不安を煽り立てながら、野党は有権者の票を集めることができなかった。 投票率は過去2番目の低さとなったうえ、共同通信の出口調査では10代...

WEB第三文明

2019年07月26日 14:21

2019参院選をふりかえる(上)――バランスを求めた有権者

令和初の国政選挙となった第25回参議院議員選挙が終わった。 投票が締め切られた午後8時ほぼジャストに、NHKの開票速報がまず公明党の山口那津男候補(党代表/東京選挙区)の「当確」を発表。各メディアは出...

WEB第三文明

2019年07月24日 08:30

浮動票を取れる政治家をどう作るかー参議院選を終えて

長かった参議院の選挙戦が終わりました。いきなり解散に持ち込まれるケースの多い衆議院と違って、予め見通しが立つ分だけ、準備に相当な時間がかけられるため、長く感じられます。私の地元の兵庫県では今回も全国屈...

赤松正雄

2019年07月24日 15:14

2019参院選直前チェック④――政治を変える現実策とは

バラ色の公約は守られたか 2009年8月の総選挙で1政党としては戦後最多の308議席を獲得して政権の座に就いた民主党。 政権交代の実現に喝采し、期待した国民も多かった。 では、民主党が2009年8月の...

WEB第三文明

2019年07月18日 17:38

2019参院選直前チェック②――「若者政策」各党の温度差

20代は7割が自公政権支持日本経済新聞が6月に実施した世論調査で、興味深い数字が示された。安倍政権に対する支持率が、60歳以上では49%にとどまったのに対し、20代では70%に達したのだ。この世代間の...

WEB第三文明

2019年07月11日 10:17

2019参院選直前チェック①――議員としての資質があるか

6年間で3億円以上 1億3000万円。これは、1人の参議院議員が1期6年間に国から受け取る歳費と期末手当のおよその合計額だ。 実際には、これに文書通信交通滞在費と、政策担当秘書、公設第一秘書、公設第二...

WEB第三文明

2019年07月09日 13:55

「解散風」に右往左往した野党――深刻化するバラバラ感

大はしゃぎした共産党全国唯一の日本共産党公認の野党統一予定候補が実現した参院福井選挙区(改選数1)。福井県中を駆ける山田かずお予定候補に、「共産党で一本化してびっくり」「共産党で統一できたのがすごいこ...

WEB第三文明

2019年07月01日 15:58

「政治の安定」に続くものは何か?

通常国会が閉幕し、来月4日の参議院選挙の公示まで1週間足らずとなりました。この選挙では「政治の安定を!」が与党側から問いかけられています。それは野党主導の政治が間違いなく「政治の混乱」を招くに違いない...

赤松正雄

2019年06月28日 22:01

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。