44

国会議員の歳費、自主的に返納することができるようにすべきだと思う?

議論

更新:2015年02月13日 19:25

共同通信社
共同通信社
維新の党が、去年の衆議院選挙で公約として掲げた、国会議員の歳費の3割削減を実現するため、独自の法案を衆議院に提出する方針を固めたそうです。




維新 歳費自主返納認める法案を提出へ - NHK NEWS WEB

記事によると、現在は認められていない自主的な返納を認める内容となっているそうです。
ただ、歳費を自主的に返納することは、公職選挙法が禁止する国会議員の寄付行為に該当するおそれがあるとして、手続き的に認められていません。

このため維新の党は、公約に掲げた歳費の3割削減を実現するため、自主的な返納を認めるとした独自の法案を近く衆議院に提出する方針を固めました。
江田代表は、この法案の賛否によって「身を切る改革に前向きかどうか」わかるとしています。

読者の皆さんは、こうした議員歳費の返納は必要だと思いますか?ご意見をお聞かせください。

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。