「『死刑廃止を推進する議員連盟』が終身刑の創設を目指す…」必要だと思う?

議論

更新:2014年10月29日 15:50

AP/アフロ
超党派の「死刑廃止を推進する議員連盟」(会長・亀井静香元金融担当相)が、終身刑に当たる「重無期刑」を創設する法案を来年の通常国会に提出する方向で調整しているそうです。時事通信が報じています。



■参照記事
「終身刑」法案提出へ調整=死刑廃止議連が再始動 - 時事通信

記事によると、「死刑廃止を推進する議員連盟」はこの刑の創設を契機に死刑廃止の動きにつなげていく狙いがあるようです。ただ一方で、現状の無期懲役が事実上の終身刑に近い運用になっている現状もあるようです。
昨年1年間に仮釈放された無期懲役の受刑者は8人で、8年連続で1桁となった。1990年代はほぼ2桁で推移していた。
(中略)
日本に終身刑はない。無期懲役刑と終身刑の違いは仮釈放の有無だが、事実上の終身刑として刑務所で最期を迎える受刑者が増えている形だ。

無期受刑者、進む「終身刑」化 仮釈放8年連続1桁 - 朝日新聞

新たに刑罰として終身刑を設ける必要があると思いますか?皆様のご意見をお聞かせください。

■関連リンク
「絞首刑は残酷すぎる。。。」死刑執行の方法は見直すべき? - BLOGOS議論

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。