72

「世界の大学ランキングに、10校以上ランク入りすることを目指す…」どのような改革が必要だと思う?

議論

更新:2013年11月27日 14:14

東京大学の赤門(編集部撮影)
東京大学の赤門(編集部撮影)
文部科学省が26日、国立大学法人の改革プランを発表しました。大学教員の給与システムの改革にも踏み込み、年俸制の導入を促進するなど、一連の改革によって今後10年間で世界の大学ランキングトップ100に、日本の大学から10校以上ランク入りさせることを目指すとのことです。

■参照記事
文科省が国立大改革プラン 世界ランクアップへ教員年俸制導入も - MSN産経ニュース

記事によると、今回発表されたプランは、平成16年以降6年後とに中期目標を定めて進められてきた改革の一環で、平成28年度から始まる第3期中期目標に位置づけられるとのこと。同プランでは、「各大学の機能強化」が打ち出されており具体的には下記の目標が掲げられています。
(1)各大学の強みや特色を年内にまとめて公表し、その強みを伸ばすような取り組みに交付金を傾斜配分する
(2)国立大学時代と変わらない大学教員の給与システムを見直し、能力や成果を反映した年俸制の導入を促進する
(3)教授会の影響力が強い大学運営のあり方を改め、学長がよりリーダーシップを発揮できるようにする

文科省が国立大改革プラン 世界ランクアップへ教員年俸制導入も - MSN産経ニュース

ちなみに、イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が今年10月に発表した世界大学ランキングでトップ100入りした日本の大学は、東京大(23位)と京都大(52位)の2校だけだったとのことです。

こうした改革は「世界の大学ランキングに、日本の大学から10校以上ランク入りすること」という目標に対して、適切だと思いますか?また、上記目標を達成するためには、どのような施策が必要だと思いますか?ご意見をお聞かせください。

■関連リンク
国立大改革プランを策定=公的支援重点配分で後押し-文科省 - 47news
国立大学改革ブラン(PDF) - 文部科学省

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。