44

小池氏「知る権利を超えているのではないか」…「首相動静」の役割や必要性は?

議論

更新:2013年10月29日 07:47

小池氏(編集部撮影)
28日の衆議院国家安全保障特別委員会で、自民党の小池百合子・元防衛大臣が「首相動静」について「国民の知る権利を超えているのではないか」と述べ、秘密保護法制定の動きに合わせ見直すべきとの認識を示しました。



「首相動静」は、首相の公務や外出、面会や会談など、一日の行動のうちで、プライベート色の強くない事柄を出勤から帰宅までを分刻みで報道するもので、公式発表ではなく、首相番記者などが首相を追いかけることで成り立っていることから、報道しきれない行動もあると言われています。

■28日の例:
首相動静(10月28日) - 時事通信
首相動静 28日 - 朝日新聞

小池氏の発言について、菅官房長官は機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案の対象には該当しないとの見解を示しました。

一方、民主党の海江田万里代表は「何を考えているのか。動静は事実として大切なことだ」と、野党からは批判の声も上がっています。

■関連記事
首相動静報道「知る権利超えているのでは」 自民・小池氏、見直しに言及
「首相動静記事、知る権利超える」 自民・小池氏

みなさんは、この「首相動静」の役割や必要性について、どう考えますか?ご意見をお聞かせください。

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。