52

「4Kテレビでテレビ需要は復活しない?…」これからのテレビには、どのような機能やサービスが必要?

議論

更新:2013年02月03日 09:00

BLOGOS上で4Kテレビをめぐる議論が盛り上がっています。

■参照記事
「4Kテレビ」に関するBLOGOSの記事一覧

4Kとは、表示パネルの画素数が、フルハイビジョンの4倍ある高画質化を追求したテレビで、横(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4Kテレビと呼ばれるmものです。

東洋大の山田肇氏は以下のように4Kテレビの先行きを不安視しています。
3Dがブームになり始めた2009年ごろを思い出すがよい。たとえば、パナソニックは2009年11月に投資家向け説明会を開催し、3D市場に乗り出すことを大々的に宣言している。そのころも、ワールドカップの3D映像こそキラーコンテンツと強く期待されていたが、誰かワールドカップの3D中継を見たか。3D市場は、今、どこにあるか。

4Kテレビは失敗する -山田肇


一方で、4Kの技術の意義はテレビのような家電よりも、医療や科学技術分野にあると指摘する声もあります。
一番この手の技術革新の波を受けるのは、映像受信機としてのテレビではなく、防犯カメラだったり、自動車の自動運転システムだったり、PETなど医療分野で医師の目で見落とすような微細な異常に対する検知だったり(あるいは遠隔医療)、そういう分野ですね。

東洋大山田肇せんせが4Kテレビを無関係な方向からDISって壮絶に突っ込まれる-やまもといちろう


ただ、以下で大西宏氏が指摘しているように画質の向上だけでは、現状以上の付加価値は生まれないと考えることもできます。
画質が向上するだけなら、改善のための技術、業界の競争のための技術であって、消費者にとっての決定的な付加価値となるには無理を感じます。

4Kで画質がよくなることだけではテレビの需要は増えない -大西宏


上記を踏まえ、読者の皆さんにお聞きします。テレビがその液晶以外の部分で付加価値を生み、再び市場が盛り上がるためには、どのような機能やサービスを付加するべきだと思いますか?皆さんのご意見をお聞かせください。

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。