105

人質事件を受け、在外邦人救出のための自衛隊法改正論も。あなたの意見は?

議論

更新:2013年01月21日 11:33

アルジェリアで発生した拘束事件を受けて、自衛隊についての議論が出てきています。

現地からの情報が錯綜し、政府が正確な情報の把握に苦慮する中、各国大使館に派遣されている"駐在武官"(自衛官)が、アフリカでは二カ国にしかいない状態であることを指摘する記事がありました。

また、小野寺防衛大臣や自民党の石破幹事長が、自衛隊による在外邦人救出を行えるようにするためにも、自衛隊法の改正も検討すべきだとの見方を相次いで示しています。

このような議論を受け、あなたは自衛隊のあり方について、どうしていくべきだと思いますか?

■関連記事
「海外の邦人への保護態勢は万全に」石破茂・自民幹事長 - 朝日新聞
「ドル箱」保護、優先 日本、安否確認本格化 - 毎日新聞
自衛隊法の改正検討を、邦人救 出・輸送で石破氏 - 読売新聞
「死亡」情報に衝撃 政府、情報収集に課題残す - MSN産経ニュース
日本の情報ルートに穴 駐在武官、アフリカに2人 - 日本経済新聞

石破幹事長“在外邦人救出に自衛隊を” - NHKニュース
邦人救出へ自衛隊派遣=法改正検討の意向-自民幹事長 - 時事通信社

■関連情報
自衛隊法 第六章 自衛隊の行動 - 法令データ提供システム

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。