148

"音楽が売れない"…これからの時代に、音楽家はどうすれば食べていけるのか

議論

更新:2012年06月17日 09:19

音楽家の佐久間正英さんの「音楽家が音楽を諦める時」「昨夜の投稿の追加文」と題するエントリが話題を呼んでいます。佐久間さんは、音楽家の立場から、音楽業界や音楽制作を取り巻く厳しい状況について心情を吐露しています。ネット配信の普及や消費者の嗜好の細分化、プロとアマの垣根がなくなってきていること、コンテンツが無料化へ向かう傾向が出てきていることなど、急速な環境の変化が、多くの音楽家にとって経済的な困難を生んでいるようです。

折しも、違法ダウンロードに罰則を盛り込んだ著作権法改正案が、衆院本会議で可決され、来週には参院でも可決、成立する見通しになっています。これまで、音楽業界は違法にコピーされたファイルやそのダウンロード行為などが、CDの売り上げ減少の原因となっていると主張してきました。違法ダウンロードの刑事罰化によって、本当にCD売り上げ減の解消につながるのかということも議論されています。

"良い音楽"であれば、売り上げにつながるのか。そもそも、"音楽にお金を払う"ということ自体が、難しくなっているのか。これからの時代に、音楽家はどうすれば食べていけるのか。みなさんは、どう思いますか?

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。