6

後継者の金正恩氏に期待できる?

議論

更新:2011年12月20日 19:19


2010年10月、金日成広場で行われた軍事パレードを観閲する金正恩氏(AP/アフロ)

12月17日に急死したとされる金正日総書記に代わって、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)を率いると見られるのは3男の金正恩(キム・ジョンウン)氏です。北朝鮮を建国した金日成の孫に当たる3代目ですが、詳しい年齢は不明だがまだ20代後半。後継者内定から2年しか経っておらず、金正日氏が32歳に後継者内定してから20年間もの修行時代を積んだのと比べると、経験不足は否めません。

2010年に朝鮮人民軍の大将、党中央軍事委員会の副委員長に就任。国内の権力掌握はまだ進んでいないと見られます。28日の金正日氏の葬儀委員長を務めた上で、過剰な宣伝をして「神格化」を図り、後継者としての正当性をアピールすると見られますが、北朝鮮は当面、集団指導体制に移行する模様です。

12月17日付けの東京新聞には、
公式登場前から「先端技術に明るい」「軍事の天才」などの宣伝が繰り返された。それを裏付けるかのように、国産化を進めるCNC(コンピューター数値制御)や、一○年十一月の韓国延坪島砲撃は、大学で砲兵科を学んだ正恩氏が深く関与したとされている。
と書かれています。

軍事を最優先する「先軍政治」を一層進める可能性もあり、専門家からも様々な意見が出ていますが、読者の皆様は、独裁国家の若き後継者をどう見るでしょうか。拉致問題も含めて北朝鮮が一層の強硬路線を歩むのか、それとも改革開放路線へと転換する第一歩となりうるのか。忌憚のないご意見をお寄せください。

関連記事

【新聞チェック】北朝鮮の後継者、金正恩氏とはいかなる人物か
【話題】金正日氏死去で混乱加速 - BLOGOS参加ブロガーからの意見
【議論】金正日氏の死去で何が変わる?

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。