11

「はやぶさ2」は延期すべき?

議論

更新:2011年12月15日 18:33


小惑星探査機「はやぶさ2」(JAXAデジタルアーカイブスより)

生命の起源とされる有機物採取を目指す小惑星探査機「はやぶさ2」計画が、延期の危機に直面しています。

「はやぶさ2」は、小惑星イトカワから昨年帰還した「はやぶさ」の後継機。今度は有機物が多いとされる小惑星「1999JU3」から試料を持ち帰り、太陽系の生命の起源に迫る成果を狙います。

しかし、 来年度の予算編成では東日本大震災の復興経費を捻出するために宇宙関係予算は大幅な減額が避けられず、実用衛星が優先される可能性が高くなってきました。

「はやぶさ2」を打ち上げるチャンスは2014~15年に限られており、実機製造には来年度要求73億円の満額獲得が必須です。予算次第では、打ち上げ計画が数年延期され、同様の計画を持つ米国に先を越される可能性が出ています。

これに対し、元「はやぶさ」のプロジェクトマネージャの川口淳一郎 宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授は「驚きを禁じ得ない」として12月12日、JAXAのHP上で抗議声明を掲載しました。
政府・与党の意見には、はやぶさ-2 に科学的な意義を見いだせないというものまであったという。まことに信じがたいことである。
国家の威信をかけて計画を維持し生命の神秘を探るべきか、それとも大震災復興を優先するために打ち上げを延期すべきか。読者の皆様の意見を聞かせてください。

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。