平野貞夫氏「小沢氏の敗北、これは日本が健全な民主主義をつくる最後のチャンス。」

放送

更新:2011年11月22日 10:36

池田:ライブドアでやっているブロゴスでも、鈴木宗男さんや片山さつきさんが出ているが、政権への関心が強まっているが、世の中が変わっているのに政治だけぐちゃぐちゃなままで20年がきている。国民が期待しているのは、小沢さんくらいの腕力がないと、これは片付かないんじゃないかと。今後国会が息詰まるという展開があったら、もう一度政界再編がないといまのままでは落ち着かない。もう一度何かあると思っていいんでしょうか。

平野:政界再編があると言い切ったら問題になりますから、そういう言い方はしませんが、いま民主党内で起こっている対立、小沢グループの共生社会をつくろうと、この共生欲求という価値観を政治や社会に入れ、日本型セーフティーネットを整備して公正な競争をやっていこうと、この考え方が民主党全体の考え方になったら、自民党も変わりますから。結局民主党にその考え方が、代表選挙で負けて、そうでない官僚依存、弁護士さんが多いですから、理屈だけで政治が行われる。僕に言わせれば、政治の本質を知らないんです。
私も小沢さんに言われて、菅さんのアドバイス役や、20年前から岡田克也を総理にしたいから鍛えろと言われました。ずいぶん岡田の教育係りをしました。小沢さんにいわせたら、教える人間のできが悪いから育たないといわれますが、2人のことを悪くいうわけではないが、こんなに政治家の出来が悪いとは思わなかった。
民主党の政権交代から1年を見て。これは政治家だけの責任ではない。私は今回の代表選挙で、彼は人格移動したような変化をしたと思う。これは日本が健全な民主主義をつくる最後のチャンス。ある意味で今回の敗北を通じて、政界再編につながっていくというのはありうる。ここしばらくは、意図的な政界再編や小沢さんが出てくることはない。議論の中でどう力関係が変わるということはあると思う。

池田:あとは国会情勢とか、可能性はあるということですね。依然として小沢さんの動向から目が離せないが、ある意味で回りから話を聞いていて、菅さんのような人にはない複雑な魅力のある人、日本の政治を凝縮した人という感じがする。小沢さんが日本の政治のいい面も悪い面も象徴している。
小沢さんが今後どう考えているかにみんなが注目するのも、彼が20年繰り返してきた歴史というのが、今後の出方に非常に大きくかかわっていると思いますから、まだまだやっぱり。

平野:いいことをおっしゃった。そこを深く見つめる必要がある。私は最近こう分析している。人間個人の肉体的DNAも影響があるが、歴史的、文化的なDNAを持っている。
それを分析すると、日本の歴史の中で、こういう時代は何回かあった。平安貴族政治が腐敗したとき、将門の乱がおきた。あれは地方分権運動。それの成果は鎌倉幕府で250年後に成功しますね。これは画期的な日本の改革。
それから戦国時代に入り、徳川家康が平定した。300年続いた徳川幕府は腐敗し、勝海舟や坂本龍馬、西郷隆盛が明治維新を成し遂げた。この3つの歴史を考えた場合、時代を変えようとしたとき何が起きたかと言うと、妙見菩薩という星信仰が背景にある。将門も星信仰。頼朝も家康もそう。天海和尚は天台宗の和尚。天台というのは北極星のことなんですよ。それから、北辰一刀流、勝海舟なんかはですね、妙見信仰なんですよ。
小沢一郎は水沢のお父さんの生まれ、お母さんは柏、利根川の将門の発祥の地なんです。

池田:へえ~。

平野:僕は小沢一郎は笑われるかもしれないけど、そういう歴史的な因縁のDNAの中で苦闘している。そうでないと20年、あれだけ人に嫌われて、私のせいも半分くらいありますけどね。

池田:ははははは(笑)。

平野:そういう天命がね。

池田:不思議な魅力ですよね。

平野:今日はね、昨日か。岡田克也さんが、これが天命ですと言ったそうですが、天命という言葉のは小沢が得意な言葉なんです。
この間もあるテレビで人知を尽くして代表選挙を天命を待つではなく、天命にあそびますと言っていましたけど、意識しているかどうかは分かりませんが龍馬の妙見信仰、家康の妙見信仰、将門の妙見信仰というように、これは不思議に大きな歴史の変化のときにそれが出てくる。今、また出始めている。
私が宣伝させてもらうと、『坂本龍馬の10人の女と謎の信仰』という本を今度小学館から出します。これはそういう面から政治を歴史的に見たほうがいい。

池田:しかし、将門も龍馬も志を遂げないで。

平野:本人はそうですけど、将門の志は千葉常胤という将門の子孫が鎌倉幕府を救うことになる。龍馬は人間平等視をしすぎてああいうことになったが、龍馬の志はまだ到達していないと思いますがね。明治維新は終わっていないと思いますよ(笑)。

池田:そういう悲劇的な星のもとに生まれていらっしゃるという可能性もあるわけですね。

平野:しかし、龍馬は死ぬということは天の位にいくという死生観ですからね。

池田:まあ小沢さんという人を語るといくらでも時間は必要なんですけど、そういう意味では非常に魅力があるというか、いろんな意味で日本の政治の象徴みたいな、それこそ鳩山さんおっしゃったけど、二度と出ない大政治家ですよね。

平野:大政治家というと、本人は納得しないと思うけど、あの人が言い出した日本一新という政策の流れを基礎を作れば、それは若い世代には継承してくれということで、これから生きていくけど、基礎を作るまでにはやはり命を懸けようというのがこの間の代表選挙で、仮面ライダーのごとく変身したばっかりでございますが、よろしくご理解を。

池田:どうも今日はありがとうございました。

平野:ありがとうございました。





ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。