上村祐一の記事一覧

欧州経済をみながら色々と考えてみた

世界はますます複雑化して、混沌としている。ジョージ・オーウェルは、著書「1984」の中で、ビッグ・ブラザーの世界を描き、全体主義国家における世界観を鮮やかな筆致で表現した。国民にとってビッグ・ブラザーとは、独裁者であり、民主化に舵をきるために、打ち砕かねばならない存在であった。人々は恵まれない現状を打破するために西側諸国に憧れ、資本主義体制確立に向けて突き進んだ。ある意味ではこの行動は正しく、一部...

2016年07月21日 16:59

「選択」について考えてみた

ぼくらは意識的に、あるいは無意識に物事を選択しながら日々の生活をおくっている。そしてその選択によって、進むべき人生を変化させながら、現在の自分の場所にたどり着いているのだ。中学の卒業と同時に高等学校に...

2016年02月08日 08:41

蜘蛛のお話しって色々あるよね

世界経済は混沌としており、リーマンショックを彷彿とさせるような荒れた相場が続いてる。日経平均株価は音を立てて下落し、15日には、北海ブレンド原油価格が1バレルあたり、29ドルを下回った。原油の供給過剰...

2016年01月24日 21:20

五郎丸のポーズを見て考えてみた

昔むかし、あるところに翁と媼がおり、翁は山へ柴刈りに、媼は川へ洗濯へ向かう。媼が洗濯していると、川上から大きな桃が流れてきた。媼はその桃を持ち帰り、食べようと割ったところ、桃の中から男の子が飛び出して...

2016年01月02日 13:25

歴史の転換点を生き延びるにはどうすればいいのだろう

いま世界は歴史の転換点に位置している。サブプライム危機を発端として米国が金融危機に襲われると、経済安定のために数兆ドルという規模の税金が投入された。金融崩壊の影響は米国に留まらず、世界各国に波及し、と...

2014年06月18日 19:50

「紅の豚」からこれからの時代を考えてみる

世界は新たな時代に向おうとしている。新興国ですら急成長の時代が終わり、各国の成長スピードも鈍化している。経済のグローバル化は、先進国にかつてないほどの繁栄をもたらし、中国などのアジア諸国にいる数億人の...

2014年06月04日 19:02

経済雇用形態の大いなる転機

リーマン・ブラザーズの破綻から5年という歳月が経過しているが、世界経済は新たな危機に直面している。これまでに各国中央銀行は、景気浮揚を目指して大規模な金融緩和を実施し、市場に溢れるリスク商品に幅広いサ...

2014年05月19日 21:00

映画「そして父になる」について考えてみた

我々人類はいかにして誕生したのか。この問いに対して、いまでは進化を繰り返すなかで誕生したという進化論が定説になっているけれど、ほんの200年ほど前までは論争の種であったし、キリスト教が広く普及している...

2013年10月13日 10:00

これからぼくらの生活はよくなっていくのだろうか

世界は新たな時代に向かおうとしている。先進諸国は当然のことながら、新興国も急成長の時代が終わり、各国の成長スピードは鈍化している。日銀は、経済・物価情勢の展望レポートにおいて、消費税引き上げの影響を除...

2013年07月06日 13:42

『千と千尋の神隠し』は何を伝えたかったのか

米国大統領選挙が終わり、アメリカ国民はオバマともう一度夢を追いかけることに決めた。オバマは1936年のフランクリン・ルーズベルト大統領以来、最も高い失業率の下で再選された。この歴史的な勝利の裏には、格...

2012年11月20日 21:21

あなたはそれでも王を目指すのか―個人と組織の間

スペインには「A rey muerto, rey puesto(王が死んで、代わりの王がきた)」ということわざがある。これは誰かから重宝されていたり、どれだけ偉大な人だと言われていたりしても、死んで代...

2012年10月24日 07:41

『肉会』というソーシャルマッチングサービスが示した「つながり」の空間

2012年5月18日に交流サイト(SNS)最大手、フェイスブックが上場したのは記憶に新しい。創始者マーク・ザッカーバーグは、ギークワールドからビジネス界に、その主戦場を移したと言えるかもしれない。これ...

2012年09月29日 09:00

ロンドン鯨と金融規制についての雑記

ロンドンオリンピックは、日本時間の13日に閉幕式が行なわれ、17日間に渡る熱い戦いが幕を閉じた。開会式における部外者の乱入、審判の誤審など、欧州らしいと言えば欧州らしいグダグダ感満載だったけれど、終わ...

2012年09月02日 10:09

不安的な世界経済がぼくらから奪ったもの

相変わらずの暑い日差しの中で、お盆休みを満喫しているサラリーマンを白い目で見ながら出勤していた。ロンドンオリンピックの閉会式がロンドン東部の五輪スタジアムで行なわれ、17日間にわたる熱い戦いが閉幕し、...

2012年08月14日 21:26

【書評】モリのアサガオ 郷田マモラ

リンク先を見るモリのアサガオ―新人刑務官と或る死刑囚の物語 全8巻 完結セット (ACTION COMICS)posted with amazlet at 12.08.05郷田 マモラ 双葉社 Ama...

2012年08月05日 16:21

世界市場から見えてくる組織の時代

リーマン・ブラザーズ破綻から端を発した衝撃的な金融危機から5年が経過しようとしているが、危機対策の結果でもある財政拡大策が災いして、主要先進国は厳しい緊縮財政政策の実施を余儀なくされている。そのため世...

2012年08月01日 21:09

市場におけるキャラクターの価値

世の中にはあらゆるモノやサービスが溢れていて、人はそれらを獲得するために日夜仕事にはげんでいる。ぼくたちは、学校を卒業すると何らかの仕事に就いて、そこから収入を得て生活していく。ぼくたちを雇用するのは...

2012年06月13日 08:15

「とくダネ!」の新キャスターに菊川怜が起用されることについて

高い山に囲まれて半日しか日があたらない「半日村」と呼ばれる村落がある。昼頃にようやく太陽が顔を出したかと思えば、すぐに日没で夕方になってしまう。だから一日中太陽の光に照らされる村と比べて、作物のできは...

2012年06月10日 15:24

日本の貧困層と生活保護制度の問題

かつて日本は、国民の八割が自分の生活は「中の上」だと認識しているという、いわゆる「一億総中流社会」を形成していた。戦後の高度成長期を背景として、誰もが自分の望む仕事に就けて、毎年給料が上がっていって、...

2012年06月02日 22:32

状況説明・報告のプロセスに隠された人材の評価

東日本大震災による福島第一原子力発電所事故が発生したとき、当時の現場責任者であった吉田昌郎前所長が、本社の停止命令に背いて注水を続けたことに加え、その報告を怠って政府や国会を混乱させたとして物議を醸し...

2012年05月13日 10:43

恋愛と経済理論の不思議な関係

恋愛と経済はとてもよく似ている。恋愛市場に赴き、商品(異性)の情報を集め、戦略を練り、購入か否か(交際するか否か)を決定する。ここには「おいしい話」は存在しないし、ヒトはたびたび愚かな過ちをおかす、と...

2012年05月12日 11:30

学生が大企業を選択することの合理性と労働市場改革の必要性

世界経済と金融システムは、世界的不況に転じかねない重大な危機の最中にある。金融システムが不安定な時期には、システミック・リスクが増大し、様々な資産の相関性が高まり、それを助長するように債務が増大し、リ...

2012年05月07日 08:45

若者の「恋愛離れ」と世代間格差

ここ数年、世界中で所得格差の問題が深刻化してきている。米国ニューヨークでは、所得格差是正を求めて若者世代を中心に「ウォール街占拠デモ」が発生した。デモの背景には不平等や格差拡大という米国の社会構造その...

2012年05月05日 11:46

「できちゃった結婚」と教育格差

かつてフランスの小説家スタンダールは、その著作『恋愛論』のなかで、「愛する人と共に過ごした数時間、数日もしくは数年を経験しない人は、幸福とはいかなるものであるかを知らない」と格言を残している。ところが...

2012年05月03日 11:33

【書評】世界で勝負する仕事術―最先端ITに挑むエンジニアの激走記 竹内健

リンク先を見る世界で勝負する仕事術 最先端ITに挑むエンジニアの激走記 (幻冬舎新書)posted with amazlet at 12.04.29竹内 健 幻冬舎 売り上げランキング: 68Amaz...

2012年04月29日 13:14

大学生のためのハローワーク

これまで日本社会で安定した生活が送れるサラリーマンとして公務員、JR・NTTなど旧国営企業の職員、全国各地に支店のある大企業が就職先として絶大な人気を集めていた。これは今でもあんまり変わっていなくて、...

2012年04月28日 13:09

ワインに関してのあれこれ Part2

ワインに関してのあれこれ Part1ワインの世界は実に奥が深くて、女性のように神秘的だ。前回に引続き、いきなりワインを紹介する前にちょっと基本的なことを紹介しながら進めていこうと思う。ぼくがワインを飲...

2012年04月23日 09:00

投資銀行の成長を阻むグローバル金融規制の潮流

世界経済及び金融市場にとってこの数年間は激動の時であった。リーマン・ショック、ギリシャ・ショック、そして金融市場の大混乱が生じた。S&P世界株価指数の下落率は、07年10月の高値から09年3月の安値ま...

2012年04月21日 10:17

ちょっと新社会人生活に疑問を感じはじめてしまった人たちへ

製造業では工場・研究開発機能を海外に移転するケースが増えてきているし、金融機関でも日本人の顧客とのリレーションシップを密に築く必要がない業務に関しては、香港やシンガポールにアウトソーシングして人件費削...

2012年04月15日 09:52

【書評】女はなぜ突然怒りだすのか? 姫野友美

画像を見る女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)posted with amazlet at 12.04.14姫野 友美 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 17076Am...

2012年04月14日 09:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。