小林恭子の記事一覧

英議会がブレグジット案に「No!」 ―離脱間近にもかかわらず手続きが進まぬ背景にある市民の怒り

3月末に欧州連合(EU)から離脱する予定の英国で、15日、政府の離脱案についての採決が下院(定数650)で行われ、賛成202、反対432と大差で否決された。「歴史的な大敗」(フィナンシャル・タイムズ紙)だ。通常であれば、首相が辞任するか、政権崩壊で総選挙となるほどの負けである。シンクタンク「インスティテュート・フォー・ガバメント」によれば、英国の近代政治史上、大差がついて与党が下院で負けた例は以前...

2019年01月17日 08:33

大手メディアの著名ジャーナリストの「嘘ニュース」がドイツで発覚 世界各地で発生する「フェイク・ニュース」に対して私たちができること

「フェイク・ニュース(偽ニュース)」という言葉がすっかり日常語として定着したこの頃だが、広く使われるようになったのは、2016年の米大統領選挙がきっかけだ。「フェイク・ニュース」の定義は複数あるが、例...

2018年12月28日 09:34

映画『ボヘミアン・ラプソディ」大ヒットも海外評論家の評価は最悪な理由~感動するファンと酷評するプロの“ねじれ現象”

1970年代初頭に結成された英ロック・バンド「クイーン」を題材にした映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、世界各国で大人気となっている。題名はヒット曲「ボヘミアン・ラプソディ」(1975年リリース)から取...

2018年12月12日 11:19

殺害されるジャーナリストたち ブルガリア、スロバキア、マルタそしてサウジアラビア

10月6日、ブルガリア北部ルセの公園で女性の殺害遺体が発見された。地方テレビ局のジャーナリスト、ビクトリア・マリノバ氏(30歳)の最後の姿だった。同氏は欧州連合(EU)の補助金をめぐる不正疑惑について...

2018年12月11日 18:52

公益のためのジャーナリズム 「国営」ではない英BBCが目指すもの その歴史と現在とは

英国の公共(サービス)放送大手「BBC」。世界中で広くその名が知られている放送局だが、「国営放送」として紹介される事例をネット上でよく見かける。 改めて国営放送とは何かというと、例えば「ブリタニカ国際...

2018年12月07日 08:50

英国とEU そもそもの始まりから「離婚」に向かうまで 改めて振り返る

(「英国ニュースダイジェスト」の筆者コラム「英国メディアを読み解く」に補足しました。) 来年3月末、英国は欧州連合(EU)から離脱する(=「ブレグジット」)ことになっていますが、英政府側とEU側が合意...

2018年12月04日 20:27

ヒトラーやナチスはなぜ若者を惹きつけるのか?〜ヒトラーにちなんだ名前を我が子に付けた両親の逮捕で浮かび上がった英国のネオナチ組織~

韓国の人気アイドル・グループ「防弾少年団」(BTS)のメンバーの一人がかつて独ナチスの親衛隊(SS)のシンボル入りの帽子を着用したり、ナチスを連想する旗をコンサートで使っていたりしたことが判明し、グル...

2018年11月28日 10:10

日産・ゴーン氏のスキャンダルを海外メディアはどう伝えたか

日産自動車の会長カルロス・ゴーン氏が19日、東京地検特捜部に金融商品取引法違反容疑で逮捕され、日本ばかりか世界中に衝撃が広がっている。米英メディアで報道された、「ゴーン・ショック」の様子を若干紹介して...

2018年11月21日 10:37

BBCニュース部門の元責任者が立ち上げた“記者会見に行かない”ニュースサイト「トータス・メディア」とは?

「ゆっくりしよう」、「真実を知ろう」。こんな掛け声を持つニュースサイトが、来年、英国で生まれる。その名前は「トータス・メディア」。「トータス」(tortoise)とは「亀」を指す。ウサギとカメが競争し...

2018年11月05日 15:14

サウジ記者殺害事件 ムハンマド皇太子との「蜜月」から一斉に引いた欧米諸国に感じる違和感

サウジアラビアの著名ジャーナリストの殺害をめぐり、果たして同国の実権を握るムハンマド皇太子(33歳)がどれほど関与していたのかが、最大の山場となってきた。これまでの報道では、トルコ人女性と結婚するため...

2018年10月26日 07:17

英ブレグジット、交渉大詰め 最大の障壁「アイルランド国境問題」とは何か

英国の欧州連合(EU)からの離脱=「ブレグジット」=に向けて、交渉が続いている。 大詰めに入った現在、「アイルランドとの国境問題」が最大の障壁になってきた。 改めて、その中身を見てみたい。 参考:「Q...

2018年10月24日 08:44

英国で広がるフレックス制、その評価は?

(「英国ニュースダイジェスト」掲載の筆者のコラム「英国メディアを読み解く」に補足しました。) 英国では、9月から新学期が始まっています。 筆者の自宅は、小学校に面しています。朝8時過ぎになると、子供を...

2018年10月16日 08:54

性暴力被害者や女性の視点から見た世の中とは?沈黙を破り、過去の自分と決別する

性的ハラスメントや性犯罪に抗議する運動「MeToo」は昨秋、米国から端を発し、世界中に広がっている。筆者自身、性にかかわる問題について頭の中を整理してみたくなった。現状はどのようになっていて、私たちに...

2018年10月03日 07:35

リーマン・ショックから10年 ――最後の息の根を止めたのは・・・ ロンドンから見た世界金融危機

2008年9月15日、米国で第4位の規模となる(当時、以下同)大手証券会社・投資銀行「リーマン・ブラザーズ」が経営破綻した。多くの人にとって、同社の破綻とそれに続く世界的な株安、信用不安、不景気は世界...

2018年09月27日 19:45

ビジネスピープルと英語 前澤社長の英語スピーチをどう評価? ――多文化都市ロンドンから見ると・・・

日本人が、宇宙旅行の初めての個人客になる!この驚きのニュースが発表されたのは、つい最近のことである。 日本のファッション通販大手「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する「スタートトゥデイ」社の前澤...

2018年09月27日 17:10

MeToo運動を追い風にする英国「女性平等党」の戦い方

自由民主党の「一強」が続いている。今月20日の自民党総裁選も、現職の安倍晋三氏が三選を果たしたばかり。新たな政治勢力が日本社会に大きな変化を起こす・・・そんな展開が起きるのは、いつになるのだろう?2大...

2018年09月27日 08:35

「ブラック」と批判殺到する五輪ボランティアにそれでも参加する意義

2年後に開催を控える、東京五輪・パラリンピック大会。これまでに開催の是非自体を含めて様々な論争があったが、このところ大きな話題となっているのが大会に参加するボランティアに対する批判の声だ。まずは、その...

2018年09月12日 12:27

英研究所の「デジタルニュース・レポート」 ―「朝日新聞への信頼度下落」の理由に注目する

(新聞通信調査会が発行する「メディア展望」8月号の筆者原稿に補足しました。) 英オックスフォード大学に設置されているロイター・ジャーナリズム研究所は、毎年、世界各国のデジタルニュースの利用状況を調査し...

2018年09月06日 17:33

サマータイムがある国での暮らしは実際はどうか EUでは意見公募で制度廃止へ

日本で、「サマータイム制」導入を巡って大きな議論が発生している。サマータイム制は春には夏に向けて時計の針を1~2時間早め、秋には冬に向けてこれを逆にする仕組みで、欧州を中心に世界で約70カ国以上が導入...

2018年09月03日 07:06

英国の2大スクープはどうやって生まれたか ―フェイスブック窮地、内相は辞任

(「新聞研究」7月号掲載の筆者記事に補足しました。) 今年上半期、英国の2大スクープ報道と言えば、英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカ社(以下、CA社)がフェイスブックから大量の利用者の個人情報...

2018年08月31日 09:24

メイ政権を揺るがせる保守党のEU懐疑派、 リースモッグ議員に注目  -次期首相候補という噂も

(英国の邦字誌「英国ニュースダイジェスト」に掲載されている、筆者のコラム「英国メディアを読み解く」に補足しました。) 英国の欧州連合(EU)からの離脱(「ブレグジット」)まで、あと約7か月になりました...

2018年08月30日 07:19

「フェイスブック・ショック」でネット謳歌に陰り 広がるプラットフォームの責任論

(月刊誌「Journalism」7月号掲載の筆者記事に補足しました。)「フェイスブック・ショック」 欧米のメディア界には今、「フェイスブック・ショック」とも呼ぶべき現象が広がっている。その衝撃度と影響...

2018年08月27日 22:24

#MeToo運動は終わっていない!大和日英基金のイベントで、できることを考えた

最近、セクハラや性的暴行に抗議する#MeToo運動について考えることが多い。 運動のきっかけは、昨年秋、ハリウッド映画のプロデューサーによるセクハラ・性的暴行の犠牲者となった女性たちが声を上げ始めたこ...

2018年08月24日 07:05

英ヒースロー空港は拡張案で合意だが、論争は収まらず ー総事業費は140億ポンド(約2兆円)

(英国の邦字紙「英国ニュースダイジェスト」に掲載中の筆者のコラム「英国メディアを読み解く」に補足しました。) 「ボリスはどこだ? 」 6月末、ウェストミンスター議会での審議中、野党の労働党議員から叫び...

2018年08月12日 16:35

「伊藤詩織さんを囲む会」のご報告

「伊藤詩織さんを囲む会」のご報告(2018年7月16日) ロンドン大学SOASで午後6時半から開催された「伊藤詩織さんを囲む会」は、主催者「日本の未来をイギリスから考える会」(小野信彦、小林恭子ほか全...

2018年08月12日 08:40

世論の8割が死刑制度を支持する中で英国が廃止に踏み切った理由

7月6日、日本で元オウム真理教の教祖や元教団メンバーなどの7人に対し死刑が執行されたことで、欧州に衝撃が走った。 欧州連合(EU)は死刑廃止を加盟の条件としており、域内での死刑は行われていない。加盟国...

2018年08月10日 12:34

「日本の発言力と対外発信」の著者が伝えたかったことは

(新聞通信調査会が発行する「メディア展望」7月号の筆者原稿に補足しました。)書評:原野城治著(ホルス出版=1400円+税)「日本の発言力と対外発信」日本の海外に向けた発信力は、今一つなのではないか?そ...

2018年08月09日 12:53

メーガンさんの父が娘に連絡できない悲哀を吐露

[画像をブログで見る] 米国人女優のメーガン・マークルさんが、エリザベス英女王の孫にあたるヘンリー王子と結婚して2か月半が過ぎた。 結婚前から、「なんだか危ないなあ・・・」と筆者が思っていたのはマーク...

2018年08月03日 17:09

メディア会議「GENサミット」で紹介された AI、ブロックチェーンの実用例と女性の勇気とは

(新聞通信調査会が発行する「メディア展望」7月号の筆者原稿に補足しました。)*** 5月30日から6月1日まで、ポルトガルの首都リスボンでメディア会議「GENサミット」が開催された。「GEN」(ジェン...

2018年08月02日 22:17

伊藤詩織さんのジャーナリズム ― 初監督の「孤独死」、そしてシエラレオネの現実をドキュメンタリーで描く

「日本の性」を鋭く描き出したドキュメンタリー 6月末、英BBCがドキュメンタリー番組「日本の秘められた恥(Japan’s Secret Shame)https://www.bbc.co.uk/prog...

2018年08月01日 13:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。