ビッグイシュー・オンラインの記事一覧

ホームレス経験者がガイドを務める「社会派街歩きツアー」が人気上昇中!スイス「サプライズ」誌が開催したツアーガイドのためのドイツ視察旅をレポート

「旅は視野を広げてくれる。」これは、スイスのストリートペーパー「サプライズ」誌のツアーガイドらが、ドイツで同様の活動する仲間たちと会って体感したことだ。今回のドイツ視察の旅をへて、ホームレス経験者がガイドを務める街歩きツアーという新たな職種の可能性が見えてきたと、ツアーに同行した編集者クリスチャン・バチェールは報告する。ドイツ視察ツアー1日目はケルンから。長年のホームレス経験を活かしツアーガイドと...

2017年05月19日 08:21

原発の定期検査は事業者任せに。法改正で助長される電力各社の隠ぺい体質

経済性重視の定期検査で04年には作業員11人が死傷原子力規制に関する法律が改正されて、国が実施する従来の定期検査が廃止され、事業者任せになる。事業者任せで安全が確保できるとは到底考えられない。法改正と...

2017年05月17日 05:00

個人情報の売買、フェイクニュース、買物履歴から妊娠予測…便利さを手に入れる代償、インターネットの裏側を知ろう

SNS等での不適切な投稿で本人が意図しない「炎上」が起こり、厳重注意を受ける人や職を失う人はあとを絶たない。未成年はもちろんだが、まっとうな判断力を期待される職業や年齢の人もだ。TwitterやFac...

2017年05月15日 05:00

福島、被曝への根本的な対策がないまま、帰還住民の生活が始まった

生涯被曝、住民帰還区域で推計調査飯舘村、今後70年で30~183ミリシーベルト3月31日から4月1日にかけて、原発事故後に指定された「居住制限区域」「避難解除準備区域」が、浪江町、飯舘村、川俣町山木屋...

2017年05月03日 00:00

子どもの貧困問題について本気で考える会:ビッグイシュー×Teach for Japan【イベントレポ】

昨今話題に上がることが多くなった「子どもの貧困」。なぜそのような状況が起こるのでしょうか?子どもは子どもだけで生きておらず、一生子どものままではいません。子どもの貧困問題解決には、その先に繋がる「大人...

2017年04月09日 10:00

「民営化」から「再公営化」へ。パリ、市民参加で45億円のコスト削減、ウェールズ、非営利法人による運営

老朽化する水道インフラに、国・自治体が直面する財政難―。その突破口として「日本の水道をすべて民営化しよう」と政府が動き始めている。しかし、水道を民営化した多くの国々では、水道の「再公営化」が湧き起こっ...

2017年03月23日 22:00

メルトダウンした2号炉の炉内調査実施 人が1分と生きられない放射線量 530シーベルト/時を測定

福島原発事故から6年が過ぎようとしている。東京電力は1月26日に、核燃料が溶けてメルトダウンした2号炉の炉内調査を実施し、内部の様子を順次公開した。制御棒の交換用のレールを利用して格納容器の外から中の...

2017年03月17日 10:00

ひきこもり・不登校経験者2人にインタビュー。ひきこもったきっかけと、ひきこもり状態から出てきたきっかけ

ひきこもりのきっかけや状況は、人それぞれ。人によって事情や状況は異なるものだが、ひきこもり経験者が周囲にいない人にとっては「なぜひきこもるのか」「どんなきっかけなのか」が見当もつかないことが多い。そこ...

2017年02月24日 22:00

60年間の政策が失敗、「もんじゅ」は廃炉に。フランスと協力して開発進める高速炉も実用化の見通しはほぼなし

発電開始後4ヵ月目に火災発生20年で発電量は14日分のみ2016年12月21日に政府は高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉を決定した。廃止の理由を政府は明らかにしていないが、開発の成果が得られそうにないこ...

2017年02月17日 10:00

電気自動車に未来はあるか?テスラモデル3の発売を前に検証する

2017年新年早々、電気自動車(EV)のベンチャー、テスラ・モーターズとパナソニックが共同出資した新電池工場「ギガファクトリー」の開所式が話題になった。今年のテスラのモデル3の発売とともに、EVの普及...

2017年01月23日 10:00

ベトナム、原発計画中止 リトアニア、計画凍結 日本の脱原発への政策転換必至

90年代からオールジャパン体制でこぎ着けた受注がご破算ベトナム国会が原発立地計画を中止する政府提案を11月22日に可決した。ベトナム政府は電力需要に応える切り札として、2009年に4基の原発を建設する...

2017年01月17日 06:00

生まれたての赤ちゃん遺棄、虐待を防ぐ「赤ちゃんポスト」の10年。どんな人が、なぜポストを利用する?

10年前、赤ちゃん遺棄、虐待を防ぐために熊本の慈恵病院に「赤ちゃんポスト」が誕生したとき、「子捨てを助長するとは何事か」など、賛否両論が巻き起こった。その存在はニュースにもなり、多くの人の知るところと...

2017年01月16日 08:00

11月の福島県沖M7・4地震、津波警報で避難指示 高層の復興住宅に、高齢者や障害者が取り残された

ビッグイシューオンライン編集部より。12月15日発売の301号から、「被災地から」を転載します。復興住宅の200世帯、高齢層が多く互いに助け合うことも困難11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源...

2017年01月03日 07:00

段ボールがつなぐあたたかい時間-大阪ホームレスクリスマスパーティレポート

2016年12月21日(水)、第8回となる大阪ホームレスクリスマスパーティを開催しました。販売者含む当事者が60人、一般参加者が101人、ボランティア27人、スタッフが19人の計207人が一同に大阪市...

2016年12月23日 08:00

廃炉費用、除染費用、損害賠償費用など損害額はすでに13.2兆円。その費用のほとんどが国民に転嫁される

東電の負担軽減を狙う委員会発足、政府はすでに10兆円を支出東京電力による福島第一原発(1F)事故の損害の負担を巡って、経済産業省内で議論が続いている。同省は非公開の「東京電力改革・1F問題委員会」(東...

2016年12月20日 07:00

刑務所から「良き市民」までの道のり:法と正義はどちらの味方か

投獄から「よき市民」までの道のりは、ほとんどの人々にとっては長い長いプロセスだ。カナダでは、ほとんどの元受刑者は、彼らが釈放の条件を必ず満たし、社会復帰のために明確な努力をするのを保証するために、社会...

2016年12月18日 07:00

ザ・ローリングストーンズがビッグイシューにやってきた!

12月15日発売のビッグイシュー日本版の表紙は、「青ベロ」。そう、ザ・ローリングストーンズの11年ぶりのスタジオ・アルバム「ブルー&ロンサム」のジャケットだ。画像を見る巻頭のスペシャルインタビューは、...

2016年12月17日 10:00

来年3月末で自主避難者の避難住宅無償化打ち切り。撤回求め、相次ぐ反対集会

ビッグイシューオンライン編集部より。11月15日発売の299号から、「被災地から」を転載します。多くが経済的負担増 -公営住宅でも「追い出し政策」来年3月末で原発事故の自主避難者(避難区域以外からの避...

2016年12月04日 08:00

米国で公開禁止 映画『コマンダンテ』—フィデル・カストロとオリバー・ストーン

2016年11月26日のキューバ革命の最高司令官だったフィデル・カストロ氏が死去したニュースを受け、2013/03/21の記事を再編集して公開します。ドキュメンタリー映画 米国で公開禁止の『コマンダン...

2016年11月26日 23:00

社会的投資の先駆け、マイクロファイナンス「オイコクレジット」。貧困層への投融資額は10億ユーロ超え

こんにちは。ビッグイシューオンラインの小林美穂子です。本日はマイクロファイナンスの話題です。マイクロファイナンスと言えば、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の創設者ムハマド・ユヌス氏が有名ですが、本...

2016年11月11日 08:00

アメリカ、ホームレスになったことを周囲に隠して仕事を続けようとする「普通の人」たちを追った映画『Something You Can Call Home(家と呼べるもの)』

ビッグイシューオンライン編集部の佐野未来です。イギリス人監督による、アメリカのノースカロライナ州でホームレス状態となりながらも、そのことを仕事仲間や家族・知人に隠して仕事を続けようとしている人たちの現...

2016年11月09日 08:00

全米初の違法薬物の合法的注射施設、シアトルで開設か。ハームリダクション運動家のシロ・マーフィーに聞く

皆さん、こんにちは!ビッグイシューオンラインの小林美穂子です。先日、『ポートランドのストリートペーパー、合法的薬物注射施設を求めるキャンペーンを展開』という、日本人から見ればぶっとんでしまいそうな記事...

2016年11月06日 10:00

福島県民健康調査、突然、降ってわいた「縮小・見直し議論」。県民ら“検査の拡充”を要望

ビッグイシューオンライン編集部より。10月15日発売の296号から、「被災地から」を転載します。7月下旬以降、議論や合意なく医師らが調査見直し・縮小を提案福島第一原発事故に伴う健康影響、特に子どもの甲...

2016年11月02日 14:00

人とギャンブル-<ギャンブル依存症からの生還 回復者12人の記録>より 帚木蓬生

ホームレス状態にいたるきっかけであり、そこからの脱出を阻む足かせでもある、ギャンブル依存症の問題。認定NPO法人ビッグイシュー基金は、この問題に取り組むべく専門家の方々とともに「ギャンブル依存症問題研...

2016年10月27日 17:07

「新潟県知事に原発慎重派が当選」。11月の柏崎市長選を前に、知っておきたい<29の原発を止めた人とまち>

2016年10月16日に投開票された新潟県知事選において、原発慎重派の米山氏が当選した。米山氏は16日夜、新潟市内の事務所で「命と暮らしが守れない現状で原発再稼働を認めることはできない、とはっきり言わ...

2016年10月24日 21:53

ハームリダクションってなんだ? 違法薬物注射の常習者のための「合法的薬物注射施設」の効果

こんにちは!ビッグイシューオンラインの小林美穂子です。皆さん、「ハームリダクション」って聞いたことありますか?日本語に訳すのがとても難しいのですが、敢えて日本語に置き換えるなら、「実害軽減措置」でしょ...

2016年10月17日 05:00

私にとって売春は搾取ではなく、自立して働くための一つの手段でした

こんにちは!ビッグイシューオンラインの小林美穂子です。暑い夏ももう終わりですね。今年の夏は短かったように私は感じていますが、皆さんはいかがでしょうか?さて、今日は夏の余韻に浸っているかもしれない皆さん...

2016年10月03日 05:00

「どうせ野宿初日は絶対に寝れないから!」 販売者の言葉が身に沁みた。 さまざまな思いが交錯した、段ボールハウスの夜 ―――「一夜のホームレス体験会」参加レポート

一般市民がダンボールハウスで野宿を体験する「人生を見つめなおす一夜のホームレス体験会」が8月27~28日、大阪市内で開催された。主催のビッグイシュー日本が、雑誌販売の環境が最も厳しい8月に少しでも販売...

2016年09月16日 14:30

「湯浅誠」が「いた」時代~水島宏明さんに聞く「反貧困」ブームとこれから

マチバリー | "生きる"を支える人を応援するメディアより、長年反貧困活動の最先端に密着取材されていた水島宏明さんのインタビュー記事を提供していただきました。---------------------...

2016年08月08日 05:00

若者が夢を描ける社会をつくる。「中央ろうきん若者応援ファンド」が果たす役割(湯浅誠×吉田正和)

ビッグイシュー・オンライン編集部より:本誌連動企画として、「中央ろうきん若者応援ファンド」の特集記事をお届けします。[この記事は「中央ろうきん若者応援ファンド」の提供でお送りしています]2014年10...

2016年04月26日 05:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。