関山健の記事一覧

対中国追加関税第4弾のコストは誰が負担するのか?

米中対立が止まらない。8月1日、 トランプ米国大統領は、つい一月前の大阪サミットで発動見送りを約束していたはずの対中関税第4弾を9月1日に発動すると表明した。その報復として中国商務省は6日、米国からの農産品の購入を一時停止すると発表した。表 米中の相互関税引き上げ措置対中関税による追加財政収入トランプ米国大統領から見て、対中関税引き上げによる追加財政収入のメリットは小さくない。表の対中関税対象金額...

2019年08月06日 17:29

ホルムズ海峡有志連合構想とTPPに見る国際秩序の変容ーパックス・アミシティア(有志連合による秩序)の時代へー

国際秩序は誰が形成維持するのか?国際政治学に覇権安定論という考えがある。国際秩序の形成維持を担う意思と能力を有する超大国(=覇権国)が、その責を担ってきたという考えである。国際平和や自由貿易といった国...

2019年07月20日 13:50

米中貿易戦争ーメイド・イン・チャイナは誰を苦しめたのか?

米中貿易戦争の背景ー比較劣位産業の憂き目2018年7月6日、米国が中国の知的財産権侵害への対抗措置という名目で818品目の輸入品に340億ドル規模の制裁関税を発動し、中国も同規模の報復関税を発動。さら...

2018年11月11日 13:08

中間選挙後の米国―米中関係の行方

米中対立の背景周知のとおり、米中間の貿易は不均衡な関係にある。米国の中国に対する貿易赤字は拡大を続けており、2017年には3,757億ドルに達した。これは、米国の貿易赤字全体の46.3%を占める額であ...

2018年11月09日 15:06

米中関係―なぜ経済相互依存の米中が対立するのか

米中はなぜ対立するのか2018年7月6日、米国が中国の知的財産権侵害への対抗措置という名目で818品目の輸入品に340億ドル規模の制裁関税を発動し、中国も同規模の報復関税を発動。さらに8月23日には第...

2018年11月09日 14:56

日中関係改善の見通し―首脳会談実現の可能性

日中関係改善?7月末に福田康夫・元総理と習近平・中国国家主席が北京で極秘会談したとの報道以来、にわかに日中関係改善を期待させる動きが続いている。8月9日には、ASEAN関連外相会議(於:ミャンマー・ネ...

2014年08月27日 19:00

中国環境政策の特徴ー廃棄物リサイクルの日中比較―

中国は、循環経済の構築を目指し、中国版家電リサイクル法ともいうべき廃棄電器電子製品回収処理管理条例(Regulation on the Disposal of Waste Electrical and...

2013年12月25日 17:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。