篠原孝の記事一覧

安倍前首相の菅首相後継指名が失敗の原因 ー同じ東北出身の鈴木首相と比べると菅首相は器が小さいずるい政治家だった

<企業と違って政治では後継指名は無理筋> 企業の場合は、社長が次期社長を指名し本人が会長等に退いて引き継がれていく。それに対して政治の世界では「後継指名」と言葉では出てくるが、実際は前首相が後継を指名することは希である。政治家は企業と違い有権者が選ぶものであり、議院内閣制の日本では、首相を国会議員が選ぶ。その前に、今の政権与党の自民党総裁が自動的に総理に選ばれるが、総裁は党員投票も含め選挙で選ばれ...

2021年09月08日 16:44

【東京五輪総括シリーズ③】 変質した平和の祭典をどう立て直すか -×産業化・巨大化・横暴なIOC 〇ジェンダー平等・パリに期待する-21.8.26

<ここまで巨大にする必要はない> 肥大化した五輪が問題視され、大会延期に伴い式典の簡素化も検討されたが、史上最多の33競技339種目と肥大化が進んだ。招致決定から8年の歳月をかけ、関係予算3兆円、直接...

2021年08月26日 15:35

【東京五輪総括シリーズ②】 現実なき五輪のくるくる変わるスローガン -復興・安心安全・コロナに打ち勝った証はどこへ行ったのか-

<どこへ吹き飛んだのか「復興五輪」>2013年9月7日、ブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会総会で行ったスピーチの中で、安倍前総理は原発事故状況に関して「under control」と自信...

2021年08月25日 14:42

【東京五輪総括シリーズ①】 東京五輪はもっと早く無観客開催を決定すべきだった -選手のことを考えたら開催、コロナ対策を重視したら中止という狭間の解決-21.8.23

205の国と地域が参加した二度目の東京五輪は新型コロナウイルスの影響で初めて1年延期されたが、8月8日に17日間の競技を終えて、閉会式が行われた。8月24日には、パラリンピックが開幕する。遅ればせなが...

2021年08月23日 18:42

よそ者に土地の所有を許すべからず -盛り土の問題は土地所有規制でしか防げない

<重要土地利用規制法の意図するもの> 前通常国会で、重要土地利用規制法が最後まで揉めた。自衛隊の基地とか原発の周辺とかの周囲1㎞と国境離島を「注視地域」に指定し、政府が利用実態を調査するとともに、土地...

2021年08月05日 18:28

コロナ禍で起きたウッドショック- 本の地方の再生は木材が売れるようすることから始まる

20年の中頃ぐらいから木材の価格が上がり始めている。そして最近は木材の不足や価格の高騰から住宅建築がストップしたりすることもあるという。私のところにも、何とかしてくれという陳情書が送られてきている。関...

2021年08月02日 17:45

【21年通常国会質問シリーズ1】 プラスチックゴミは地球環境を汚す元凶 -資源の再利用を超えて生産・利用を禁止するほかなし

<EUは使い捨てプラスチックの流通を禁止せんとしている> EUは19年6月、海洋ゴミの削減・使い捨て文化からの脱却等を考えて、使い捨てのプラスチックの流通を21年夏までに禁止する法律を成立させた。しか...

2021年06月19日 21:32

【政僚シリーズ13】規制緩和による経済活性化は時代遅れの極み -規制改革会議、国家戦略特区会議を廃止しないなら、環境規制強化に使うべし

内閣が明らかに肥大化している。それは「政官要覧」という政治家と官僚の名簿をまとめた厚い3センチほどの本の中の内閣のページを見るとよくわかる。20年前の2001年秋は号は、内閣官房13ページ、内閣府24...

2021年05月21日 15:05

PCR検査足りず、ワクチン接種遅れ、医療体制支援不足 -菅政権の失政で日本のコロナ対策は泥沼化- 21.05.20

<PCR検査をほったらかしにして接種に走る日本> 羽田雄一郎参議院議員が日本のPCR検査の体制の不備により命を奪われている。インドでは今も新規感染者が膨大な数に上っているが、1日あたり30万人の新規感...

2021年05月20日 11:23

【政僚シリーズ12】政権交代で政僚の跋扈を断つしかない -相変わらずの政官財の癒着は許してはならず

どこの役所にも業界との癒着というのは少なからずあるが、旧運輸省の交通行政をめぐる許認可行政や建設業界をめぐる汚職事件も、最近ほとんどみられなくなっている。自ずとルールができていったのだろう。民間企業に...

2021年05月14日 14:49

女性議員を増やして政権交代-国民の半数の声を国会に届けて日本の政治を変える

10月21日までに必ず解散総選挙がある。公職選挙法上、6ヶ月前の4月21日以降はそれまでの間私1人のポスターを貼ることができず、党の演説告知用の2連(2人以上)ポスターでないと貼り出せないことになって...

2021年04月08日 15:18

【予算委質問報告3】菅首相の支持乱高下の理由は人柄への期待と見込み違い-国民は正直で誠実な政治を求めている

21年1月26日予算委員会質疑資料はこちらから【予算委質問報告3】より続く 私は、菅義偉首相には秘かに期待していた。理由は二つある。<団塊世代の代表> 一つは、団塊の世代だからである。我々は1947~...

2021年02月03日 11:14

【予算委質問報告2】コロナ禍の国会審議改革案 -国会でも蔓延を防ぐため検査を徹底、次に密を避ける工夫が必要―

21年1月26日予算委員会質疑資料はこちらから【予算委質問報告1】より続く<PCR検査を有効に活用する先進国> そこで私は世界各国が1日当りに感染者数の何倍PCR検査をしているかを比較した。(パネル・...

2021年02月03日 07:33

羽田議員追悼質問報告 ‐PCR検査体制が整っていたら助かっていた

1月26日、私は3年ぶりに予算委員会の質問に立った。羽田雄一郎参議院議員の無念を晴らさねばならなかったからである。たった15分間であったがパネルを3つ作り質問に臨んだ。21年1月26日予算委員会質疑資...

2021年01月29日 15:15

長期政権で膿だらけの自民党 - 桜を見る会、吉川貴盛元農相のスキャンダルは政権交代以外に止められず

桜を見る会を巡る疑惑は安倍総理の退陣もあり、一旦は終息しかかった。韓国は大統領が退陣しても容赦なく追及し続けるが、日本社会は優しく、公職を辞すとまあいいかと許してしまうことが大半だからだ。しかし、今回...

2020年12月16日 12:49

【種シリーズ5】 海外大手種苗会社は種のGAFAM化を狙っている - 中山間地域は種の生産振興で活性化すべし

<江戸時代から続く「隣百姓」> 江戸時代、青木昆陽がサツマイモを全国に広めたと言われている。サツマイモは典型的な栄養繁殖で簡単に作れるもので、小学校の学童農園でもよく使われている。日本人の好奇心や技術...

2020年11月23日 09:24

【種シリーズ4】 医療・食料の特許の例外にみえる合理性 -主要食料の種は「官」が担うべき

<自立する有機農家は自家採種にこだわる> 2015年の農林水産省の実態調査では5割以上の農家が自家増殖している。更に私が深く関わってきている日本有機農業研究会は、有機農家間の種苗交換会が始まりである。...

2020年11月23日 08:33

WFPのノーベル平和賞受賞は食料安保の重要性を示唆

今年も平和賞には318もの個人団体が推薦されていた。SDGsでは17の目標のうち、貧困対策に次いで2番目の目標に30年までに飢餓ゼロを設けている。そうした中で、2020年にはWFP(世界食糧計画)がノ...

2020年10月29日 15:26

【しのはら孝 メールマガジン600号】日本学術会議の6人任命拒否でボロを出した菅強権内閣 -学界への介入は絶対に許されず-

菅政権は鳴り物入りで発足したが、安倍政権の継承ということを自ら語っている。 私が既にブログ(9月9日付<政僚シリーズ9>)で指摘した通り、最も継承してもらいたくないことは官邸の強権的な政治の手法だった...

2020年10月14日 10:23

テレワーク・リモートワークの先達・予言者 ―往来は少なくして、地方に住み着いてもらう

都市が今後も予測されるパンデミックにはからきし弱い存在であることが、今日のコロナ禍で完全に露呈した。 幾多の評論家は集中のメリットを説き、グローバリズムを当然視し、私のようにTPPに絶対反対し、ネクタ...

2020年10月01日 15:48

安倍政権7年8ケ月の功は国際的な認知、罪は官邸に巣喰う「政僚」の跋扈 -次期総理はこれを断つべし

第二次安倍内閣の7年8ヵ月は長いといえば長いが、アメリカの大統領の大体が2期8年やっていることから比較すれば、やっとアメリカ大統領並みの権威あるトップになったともいえる。安倍総理がそれに足る総理であっ...

2020年09月09日 20:23

日本人乗組員ゼロの船の座礁が教える日本の脆弱性-いざというときに日本船を動かす日本人がいない

<軍事安全保障のみが先行し、他は後回し> 安倍政権はとうとう専守防衛の枠にも踏み出しつつある。日本も敵基地攻撃能力を備えて先制攻撃していいんだ、と勇ましいことを言い出している。軍事が関わる安全保障につ...

2020年08月26日 15:43

玉木代表の言い分は筋が通らない -お盆前の合流決着以外に野党の生き残る途はなし

8月11日(火)午後、国民民主党の執行役員会は水入り(?)を含め数時間に及んだ。 私は、合流推進のための頭の体操(brain storming)用に下記の文章を作成し、ごく限られた関係者と意思疎通を図...

2020年08月13日 16:15

【新型コロナウイルス感染症シリーズ16】日本に感染者・死亡者が少ない理由を考察する- 原因を突き止めて第2波に備え、死亡者数を更に少なくする

<死亡者の割合が少ない日本> 5月25日、1ヶ月半に及んだ緊急事態宣言が解除された。混乱の中にあり、振り返る余裕もなかったが、今回世界の状況を一覧化してみた。(別表:感染者数・死亡者数、医療体制の各国...

2020年06月02日 14:48

【新型コロナウイルス感染症シリーズ15】日本は医療外交で世界に貢献 -日本人WHO事務局長を実現し、日本人医師を発展途上国に派遣すべし

WHOは今回の年次総会では予想通り、中国の我がままが通り、台湾はオブザーバー参加が認められなかった。日本の加藤厚労相は、地理的空白を生じさせてはいけないとして、台湾の参加への支持を鮮明にした。 しかし...

2020年05月28日 15:20

【新型コロナウイルス感染症シリーズ14】名だたる日本の企業がなぜ医療機材の生産をしてくれないのか- 効率一点張りの政策が冷たい企業ばかりを生んだ

安倍首相が記者会見で何回も、PCR検査を増やすと断言したにもかかわらず、PCR検査がいつまで経っても1日当たり2万件にならないのがなぜなのだろうか。幸いにして、コロナ騒ぎは少しずつ収まってきたし、手作...

2020年05月26日 14:25

【新型コロナウイルス感染症シリーズ13】尊大さが目につく中国VS小さくともキラリと光る台湾-WHOからこけにされながら大国中国に向かう台湾を応援せずにはいられない

コロナウイルスに席巻される世界は、外交でも意地の張り合いが見られる。中国の感染源になり大失敗したことに対する、挽回ともいうべき「マスク外交」については報告した。それに続くWHOを巡る米中合戦の中で健気...

2020年05月15日 16:51

【新型コロナウイルス感染症シリーズ12】なぜ台湾・韓国がコロナ対応に成功し、日本がダメなのか- ①有事は法制整備も形式だけで準備なく、②野党がダメで政治に緊張感がないから

東アジアの隣接国は見事なコロナ対応を見せる台湾も韓国も日本より中国に近い。特に台湾は地理的に近いだけでなく、交流もずっと濃厚である。それなのに二国とも見事に対応し「台湾モデル」「韓国モデル」と世界から...

2020年05月14日 16:01

【新型コロナウイルス感染症シリーズ11】 9月入学の議論はコロナ対策には不要不急の議題(休校・9月入学 2) - 感染拡大阻止で医療崩壊を防ぎ、困窮者と困っている企業の支援が先

<反論1: 9月入学は議論し尽くしている> 全国一斉休校以来続く長い休校の後をどうするかという議論に際して、学習の遅れを調整するためというならまだしも、グローバル・スタンダードに合わせて9月入学に、な...

2020年05月07日 08:15

【新型コロナウイルス感染症シリーズ10】地方は工夫しながら一刻も早く授業を再開すべき(休校・9月入学 1) - 学習の遅れは夏休み返上と学習指導要領・標準授業時数の修正で対応

<世界中で休校再開時に入学時期をずらす議論などしていない>30万円給付から一発逆転10万円給付になり、膨れ上がった補正予算が通った途端、次は9月入学の議論が沸騰している。国民の生活が苦しいからもっと手...

2020年05月05日 21:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。