篠田 英朗の記事一覧

「日英同盟」復活とは、「インド太平洋」推進

1月31日に遂にイギリスがEUから脱退した。移行期間があるので、すぐには影響は見えない。だがこれからいよいよブレグジットの余波が具体的に立ち現れてくることになる。 これにあわせて日本では「日英同盟」復活論が盛んだ。イギリスがEU域外諸国との連携を強く模索しており、日本への関心を強めていることは、事実だ。経済面のみならず、安全保障面でも、強力なアプローチが続いている。 日本の側にも、これに反対する理...

2020年02月02日 09:34

石破茂氏の「自衛権」の理解への疑問

石破茂氏は、私が憲法改正推進本部で講演した二回の機会において、二回とも質問をしてくれた。二度目には、私の『「国家主権」という思想』まで携えて質問してくれた。学者として、書物の著者として、心より感謝を表...

2020年01月21日 06:49

倉山満『ウェストファリア体制』とソレイマニ司令官殺害事件

ソレイマニ司令官殺害事件についていくつか文章を書いているうちに、憲政史家・倉山満氏のことが気になってきた。人気著述家である倉山氏のことは、私も気にしている。倉山氏の最新刊『ウェストファリア条約』は公刊...

2020年01月20日 07:10

トランプの「ジャクソン主義」とBJCの「悪いひとたち」

トランプ政権が発足した直後の2017年初頭、私は、「トランプの「ジャクソン主義」について」という文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2024257-2.html ト...

2020年01月18日 08:50

政治家が選挙に勝とうとするのが民主主義

先日「トランプ大統領よりも冷静さを欠く野党」という文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2043682.html 野党の皆さんには申し訳ない題名だが、野合ではなく、政...

2020年01月14日 19:38

トランプ大統領よりも冷静さを欠く野党

ソレイマニ司令官の殺害は大事件だ。だが、おそらく事件前にソレイマニ氏のことを全く知らなかっただろう日本の人々が、「イランの国民的英雄」といった言葉に、「第三次世界大戦」といった無責任な言葉を付け加えて...

2020年01月10日 07:17

ソレイマニ司令官殺害と国際法上の自衛権

イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官の殺害は中東に激震をもたらす大事件だ。もっとも、事件の理解のためには、国際法上の論点の整理も必要だと思われる。 立憲民主党の枝野党首は、「この行為が国際法上...

2020年01月06日 07:00

自衛隊の「調査・研究」能力は十分か?

アメリカが、イラクのバグダッド空港において、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害する作戦を遂行した。イラクのイスラム教シーア派(Shiite)武装勢力の連合体「人民動員隊(Hashed ...

2020年01月03日 16:27

日本政府はゴーン氏に英語で反論をする準備をせよ

2019年は、カルロス・ゴーン氏のレバノン逃亡のニュースで終わった。検察や日産の関係者の談として、保釈が間違いだった、という見解が伝えられている。 この見解の妥当性は、8日に開催されるというゴーン氏の...

2020年01月02日 17:47

「保守」と、国連と、安倍首相

  先日、「伊藤詩織さんと左右の場外乱闘」という題名の文章を書いた。https://blogos.com/article/425014/ あえて「保守」という言葉は避けておいたのだが、案の定...

2019年12月23日 07:43

伊藤詩織さんと左右の場外乱闘

伊藤詩織さんの民事訴訟での判決が出た後、SNS上で左派と右派の場外乱闘が至るところで起こっている。この種の事件がここまで政治イデオロギー対立と連動するというのは、目を見張る状況だ。 私はここ数年で憲法...

2019年12月21日 07:42

中村医師をイデオロギー論争に利用する愚

アフガニスタンで亡くなられた中村哲医師は、あらゆる方面の人々から尊敬されていた偉人と言ってもいい人物だ。政治的立場も超えて尊敬されていたことが中村医師のすごさだ。小川和久氏は、テロ特措法をめぐる国会審...

2019年12月08日 06:57

安倍改憲反対で大同団結する左右

現在、極左右の大同団結が強くみられるのは、改憲反対論であるかもしれない。安保法制の時以来、マスコミに頻繁に登場し、2016年には参議院選挙に立候補までした、いわゆる「憲法学者」を代表する小林節氏が、右...

2019年11月24日 14:22

共産党にとっては改憲が活路ではないか

今週初め18日に「人権問題くらいでは、左右の大同団結はできないのか」、という題名の文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2042728.html 他国での人権侵害の問...

2019年11月23日 09:01

人権問題くらいでは、左右の大同団結はできないのか

この週末は、「桜を見る会」と「沢尻エリカ」のどちらがTVのワイドショーの枠を多くとるかが、大きな関心事だったという。時事通信の「思いやり予算4倍増要求」(河野大臣が週末の間に否定)報道をそこにぶつけた...

2019年11月18日 14:07

高齢者暴走に対する39万人の署名は何を訴えているのか

  11月12日、警視庁が、旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検した。これにあわせて遺族の松永さんが会見を開いた。「本...

2019年11月13日 02:01

今、緒方貞子・元国連難民高等弁務官を追悼することの意味

緒方貞子・元国連難民高等弁務官が10月29日に他界した。緒方氏の業績について、私がここで書く必要はないだろう。私は学生時代に難民を助ける会というNGOに出入りしていた。そのつながりで1991年湾岸戦争...

2019年11月03日 08:26

森ゆう子質問通告騒動を見て、日本の民主主義を考える

森ゆう子議員による、台風が東京を直撃する前夜の深夜まで質問通告を行い続けた問題(と名誉棄損の疑いがある発言問題)が騒動になっているようだ。この問題の背景に、野党による日程闘争と、官僚にブラック労働を強...

2019年10月24日 17:18

石破茂氏による憲法神学論に嘆息

  石破茂氏による「国際法における『軍』など」と題された記事を見た。http://agora-web.jp/archives/2041771.html?fbclid=IwAR3eGDB0md...

2019年09月29日 07:05

安倍首相はイエメンに言及せよ

先日、「安倍・ロウハニ会談こそが、日韓対立克服の試金石」という題名の記事を書いた。日本にとっても意義があるということを書いた。http://agora-web.jp/archives/2041587....

2019年09月21日 16:23

安倍・ロウハニ会談こそが、日韓対立克服の試金石

安倍首相が、今月下旬にニューヨークで行われる国連総会に合わせてイランのロウハニ大統領と会談するという。極めて勇気ある行動だ。事の重要性は認識しているだろう。それでもあえて挑戦しようとする意気込みは、率...

2019年09月18日 08:17

井上達夫教授は、いつからこういう方になったのか

井上達夫・東大教授の憲法に関するインタビュー記事を読んだ。https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019083000002.html 複雑な心境を抱...

2019年09月08日 16:01

日韓問題を考えながら(も)、香港について発言せよ

日本政府は、香港問題についての言及を自重しているように見える。伝統的な態度かもしれないが、欧米諸国の政府首脳が積極的に発言していることと比べれば、物足りない。アメリカも、欧州諸国も、中国政府の鎮圧行動...

2019年09月05日 09:02

大日本帝国は多民族帝国:(続)日韓併合を憲法学者はどう説明するのか

先日、「日韓併合を憲法学者は、どう説明しているのか」という文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2041187.html わかりにくかったかもしれないので、少し補って...

2019年08月31日 11:12

日韓併合を憲法学者どう説明しているのか

拙著『憲法学の病』では、今まで誰も論じたことがない地点で、憲法9条2項「戦力」不保持と「交戦権」否認について論じた、という自負がある。ただし今のところ、真面目な法律論の観点からのコメントをいただく機会...

2019年08月28日 09:43

ネトウヨ批判を存在証明とする「知識人」たち

日韓関係の緊張に伴って日本では韓国に厳しい世論が形成されている。だが、気になるのは、それにともなって顕著になっている「ネトウヨ批判」を存在証明とする「知識人」たちの活動だ。 「ネトウヨ」という言葉が非...

2019年08月18日 06:32

日韓関係を見て、「護憲的改憲」の国際法軽視を心配する

先日、「日韓対立は国際法vs.歴史認識、そして日本国内も」という題名の文章を書いた。http://agora-web.jp/archives/2040741.html 国際法の構造転換が起こり、帝国が...

2019年08月15日 05:54

日韓対立は国際法vs.歴史認識、日本国内の対立も

日本が輸出管理の優遇対象国から韓国を外す決定を下した8月2日、文在寅大統領が「加害者である日本が居直って大口をたたく状況」を糾弾した内容の演説が、話題になっている。https://www.j-cast...

2019年08月04日 09:44

元徴用工問題に分析を、池袋老人暴走事件遺族の方に署名を

日本政府が日韓請求権協定時の議事録を公開して、請求権協定の範囲内に元徴用工問題があるという認識があったことを主張した。これに対して韓国政府は即座に反応し、大法院判決はそれを考慮した上で否定したのだ、と...

2019年07月31日 19:12

まず憲法学者を議論に引きずり出すべきではないのか

参議院選挙が終わり、改憲論議の行方が話題になっている。多くの人々が、「改憲問題は国民の関心事項ではない」といった主張をしている。改憲論の進展への強い警戒心は、改憲問題への強い関心の表れのようにも思える...

2019年07月28日 14:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。