階猛の記事一覧

なぜ今なのか-処理水放出と少年法改正

13日、菅政権は、福島第一原発事故によって発生し、今も増え続ける汚染水について、放射性物質を取り除いた上で、近くの海に放出する方針を決めました。処理した後も、トリチウムという放射性物質を一定程度含みます。福島など被災地の水産業などに風評被害が生じる危険があります。東京五輪の招致に際し、安倍前首相は「汚染水は完全にコントロールされている」と見栄を張りました。しかし結局コントロールしきれず、この有り様...

2021年04月17日 09:13

「選挙の公正」を取り戻す-参議院広島選挙区再選挙

8日、参議院の長野選挙区の補欠選挙と広島選挙区の再選挙が告示され、25日の投開票日に向けて17日間の選挙戦が始まりました。長野選挙区は、私も長年親しくさせて頂いた、立憲民主党の羽田雄一郎・元国交大臣の...

2021年04月10日 12:04

法務大臣の見識を疑う-黒川氏への甘過ぎる対応

3月25日、東京簡易裁判所は、黒川弘務・元東京高検検事長に対し、賭博の罪で罰金20万円を命じました。昨年4、5月の緊急事態宣言の自粛要請期間中、東京都内のマンションで報道関係者3名と合計4回も賭けマー...

2021年04月03日 08:00

震災復興を「他山の石」にする-所有者不明土地問題

23日、東京地裁の公判で、河井克行元法務大臣が自分の罪を概ね認め、衆議院議員を辞職すると表明しました。克行氏は、すでに有罪が確定した妻の案里氏を参院選挙で当選させるため、自民党の地方議員ら100人に合...

2021年03月27日 10:00

検察の常識は国民の非常識-再び「起訴猶予」を覆した検審

18日、昨年の緊急事態宣言中に新聞記者らと賭け麻雀をしていた黒川弘務・元東京高検検事長が、賭博罪で略式起訴されました。昨年7月、東京地検は、「掛け金が少ない」などとし、元上司の黒川氏につき「起訴猶予」...

2021年03月20日 14:16

節目ではなく通過点-東日本大震災から10年

あの未曽有の大災害から10年が経ちました。被災3県を中心に、避難者は最大で約47万人、死者・行方不明者・震災関連死の合計は2万2200人、半壊以上の住宅が約41万戸に達しました。日本全国の新型コロナの...

2021年03月13日 11:20

地方の観光、交通、飲食業への支援策を要請―菅首相への質疑

5日、東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県で緊急事態宣言の再延長が決まりました。3月7日だった期限が、21日まで2週間延びることになります。2月26日~3月4日の1週間は、新型コロナの新規感染者数が下げ...

2021年03月06日 10:30

倫理規程が守られない理由-財務金融委質疑

25日、前日の総務省に続き、農林水産省の幹部職員6人が「国家公務員倫理規程」違反で処分されました。総務省の11人と元総務省の山田真貴子内閣広報官を併せ、二日間で18人の官僚が実質的に処分されるという異...

2021年02月27日 08:59

フェアプレー精神を欠いた政権―本会議登壇

19日、立憲民主党を代表して衆議院本会議で質疑を行いました。議題は今後5年間、政府が赤字国債を自由に発行し、借金を重ねられるようにする「公債発行特例法改正案」です。もちろん、借金を重ねるにはそれに応じ...

2021年02月20日 13:42

若者を刑務所に入れる前に-少年法「改正」案

今国会の法務委員会において、政府与党は少年法の「改正」案を審議、可決しようとしています。少年法は、罪を犯した若者のうち20歳未満の「少年」に適用される法律です。従来の少年法では、「故意の犯罪行為により...

2021年02月13日 09:54

国民に「自助」、身内に「公助」?-菅政権の体質

3日、新型インフルエンザ特措法と感染症法の改正案が成立しました。入院拒否や調査拒否に懲役刑や罰金刑を科すことについては、私たち野党の力でなんとか阻止できましたが、行政罰である過料が導入されました。また...

2021年02月06日 13:14

提案理由を語れない法案-財務金融委質疑

26日、財務金融委員会で、前年度の決算で余った約7千億円を第三次補正予算の財源として使う「決算剰余金特例法案」について、質疑と反対討論を行いました。「決算剰余金」は、財政法の定めにより、その半分以上を...

2021年01月31日 06:34

むしろ逆効果-感染者の入院や調査の拒否に刑罰

緊急事態宣言の中、18日から通常国会が始まりました。今国会の最初の重要法案が「新型インフルエンザ特措法」と「感染症法」の改正案です。「新型インフルエンザ特措法」の改正が行われると、緊急事態宣言が発令さ...

2021年01月23日 11:01

経済的には全国が「緊急事態」-事業者支援の拡大が必要

13日、政府は緊急事態宣言を発令する地域に7府県を追加し、計11都府県となりました。それ以外にも新型コロナの感染拡大を防ぐため、独自に飲食店の営業時間の短縮を要請している地域が北海道や宮城など11道県...

2021年01月16日 11:38

緊急事態宣言の早期解除のために-令和3年を迎えて

「明けましておめでとうございます」というご挨拶がふさわしいのか悩んでしまう、1年の始まりとなりました。年末から年始にかけて全国で新型コロナウイルス感染者が爆発的に増え、政府は7日、1都3県を対象に「緊...

2021年01月10日 08:59

「後の祭り」にしないために-証人喚問と水際対策の強化

24日、安倍前首相は、「桜を見る会」の「前夜祭」を開催した際、参加者から徴収した会費とホテル側に支払った金額との差額を、何年にもわたって安倍氏側で補てんしてきた問題について記者会見を開きました。過去の...

2020年12月26日 09:08

復興も「間」が大切-被災3県視察

震災から9年9か月余りが経ちました。14日から2日間、私が本部長代行を務める立憲民主党東日本大震災復興本部では、被災3県の沿岸部を訪ねました。今回の視察を通して、被災地の復興を成し遂げるには、三つの「...

2020年12月19日 17:49

タガが緩み、ピント外れ-政府経済対策

8日、菅政権は「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」を閣議決定しました。経済対策の事業規模は全体で73.6兆円にも上ります。今年度は、すでに本予算と2度にわたる補正予算を組んでいて、...

2020年12月12日 08:40

風化する復興庁-復興大臣への質疑

1日、震災復興特別委員会において、新たに就任した平沢復興大臣に質疑を行いました。平沢大臣は「人口減少等の地域課題の解決」を目指すとしています。そこで、被災した市町村への移住者はどうなっているのか尋ねた...

2020年12月05日 09:20

変わらぬ隠ぺい体質-麻生財務大臣への質疑

森友学園への国有地売却に関する公文書の改ざん・隠ぺい問題について、衆議院調査局が実施した「予備的調査」の報告書が9日にまとまり、財務金融委員会に提出されました。予備的調査とは、衆参両院の国政調査権を補...

2020年11月28日 08:58

金融政策失敗のツケ回し-日銀総裁への質疑

18日、財務金融委員会で麻生大臣らに質疑を行いました。日本銀行が新たに始める「地域金融強化のための特別当座預金制度」が本当に「地域金融強化」につながるのか。その観点で、黒田日銀総裁にも質問しました。こ...

2020年11月23日 17:03

ハンコをなくす前に-初代公文書管理担当大臣への提言

今国会でも衆議院法務委員会に所属し、野党の筆頭理事として政府与党に物を申す立場になりました。国の基本となる法律を所管し、「法の支配」を確立することを目指す法務委員会で、引き続き野党の代表を務めさせて頂...

2020年11月14日 10:30

民主主義を守るために-米国の大統領選に学ぶ

米国の大統領選挙は、史上まれに見る激戦となりました。自ら新型コロナウィルスに感染、入院したトランプ氏が、選挙戦終盤に激戦区などで大規模集会を繰り返し、猛烈に追い上げたためです。一方のバイデン氏は、感染...

2020年11月07日 08:31

断片的かつ事務的-所信表明演説

26日、臨時国会が始まりました。初日に行われたのが菅首相の所信表明演説。政権発足から40日経って、ようやく初めての首相による国会演説です。期待して聴いていましたが、演説中に首相がマスクを着用していたこ...

2020年10月31日 09:04

地方経済の再生につながるのか?-地方銀行の再編

23日は、私の勤めていた日本長期信用銀行が経営破たんした日です。バブル崩壊後、長銀は不良債権問題で経営不安が高まり、国内外の金融機関との提携や合併に失敗して国有化され、取引先にご迷惑を掛けました。次期...

2020年10月24日 10:21

ようやく半歩前進-被災者生活再建支援金の対象拡大

13日、立憲民主党の「東日本大震災復興本部」が立ち上がり、玄葉光一郎本部長の下で本部長代理を務めることになりました。震災直後の惨状を目の当たりにした時の衝撃は、今でも忘れません。以来、今日まで震災復興...

2020年10月17日 09:42

借金を借金で返す危うさ-ジャパンライフと国家財政

8日、「レンタルオーナー商法」という手口で高齢者を中心にのべ1万人から2100億円を集め、資金繰りに窮して破産したジャパンライフの山口元会長ら14人が詐欺の容疑で再逮捕されました。弁護団によると、破産...

2020年10月10日 13:45

多様な意見を排除するのか尊重するのか-学術会議人事への介入

1日、日本学術会議の新会員99名が任命され、6名が任命を拒否されました。学術会議は、日本学術会議法に基づき、職務を「独立して」行い、科学に関する政策を「政府に勧告」できます。学術会議の会員は合計210...

2020年10月03日 10:45

「Go To」を浸透させるために-政府の消費喚起対策

行楽の秋、食欲の秋を迎え、全国的に人の流れが増えてきました。先の4連休(シルバーウィーク)中は、盛岡市内の道路も交通量が増え、県外ナンバーの車も目立ちました。秋が終われば北国では厳しい冬がやってきます...

2020年09月29日 13:35

意見は百花繚乱、決定には一致団結-新党代表・党名選挙

10日、合流新党の「代表・党名選挙」が行われました。私を含め新党への参加を表明した149名の国会議員が有権者となり、代表と党名のそれぞれに一票を投じました。代表選挙の立候補者は、立憲民主党の枝野幸男代...

2020年09月12日 10:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。