清水駿貴の記事一覧

コラム:恐怖と痛みをはらむ戦争の「におい」 長崎と家族が教えてくれた暴力性 【長崎原爆の日】

小学2年生から4年生のころ、私は長崎県内の川棚町という地域で暮らしていた。西暦でいうと1998〜2000年のころだ。長崎では「原爆の日」である8月9日を夏休み中の登校日として定め、県内の小中学生や高校生らはその日、学校に足を運ぶ。私も毎年、片道50分ほどかかる急な坂道を汗水垂らしながら歩き、学校で黙祷。平和学習を受けた。01年、親の仕事の都合で長崎を離れ、私は生まれ故郷である福岡県に戻ってきたが、...

2020年08月09日 07:06

「写真という表現方法にはこだわらない」ヨシダナギが惹かれたドラァグクイーンたちの生き様と自信

アフリカをはじめとした世界の少数民族の写真を撮影し続けてきた写真家のヨシダナギ。次にレンズを向けたのは、豪華な衣装やメイクに身を包むドラァグクイーンたちのきらびやかな世界だった。昨年、ニューヨークとパ...

2020年07月30日 10:43

コロナ禍で母国に帰れない外国人や家に帰れぬ若者を東京・新宿のホステルが無償で受け入れ

新型コロナウイルス感染拡大の打撃を被った宿泊業界にあって、日本から出国できない外国人やさまざまな事情で家に帰ることのできない若者に無償で居場所を提供している東京都内のホステルがある。都内新宿などで宿泊...

2020年07月17日 07:21

”食べるコオロギ”育ててます 日本の昆虫食ビジネスに挑む国内企業の奮闘

無印良品が「コオロギせんべい」を発売するなど日本国内でも注目が高まっている”昆虫食”。その材料となる食用コオロギの飼育・販売に挑戦する会社が埼玉県内にある。現在、大手小売向けに出荷するための食用コオロ...

2020年07月09日 08:02

血縁だけが身内ですか? 2拠点75人で共同生活するCiftに聞いた新しい家族のカタチ

年齢も性別も職業もバラバラな約75人が、“拡張家族”という概念をもとに共同生活している集団がある。コミュニティの名前は「Cift」。血の繋がりも戸籍も関係なく、住む場所や資金、子育てをともにして暮らす...

2020年06月22日 13:11

命がけのグルメ番組『ハイパーハードボイルドグルメリポート』 テレ東・上出遼平Pが明かす葛藤と裏側

リベリア共和国の人喰い元少年兵、台湾マフィア、ロシアのカルト教団…“ヤバい世界のヤバい飯”を追い、深夜番組ながらカルト的人気を誇るテレビ東京の異色のグルメ番組『ハイパーハードボイルドグルメリポート』。...

2020年04月27日 15:27

借金を背負う技能実習生の闇 入管法改正から1年、外国人労働のいま(後編)

2019年、出入国管理及び難民認定法(入管法)が改正され、就労目的の新たな在留資格「特定技能」が創設された。前編では「法律や制度は非常に厳密」であるにもかかわらず、ブラック労働を防ぎきれない現実を外国...

2020年04月01日 11:13

「外から見えぬところでブラック労働がまかり通っている」 入管法改正から1年、外国人労働のいま(前編)

外国人を就労者として受け入れるための新しい在留資格「特定技能」が創設されて、4月で1年。出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正をめぐっては、「日本が外国労働者受け入れ拡大に舵を取った」と報道が増加し...

2020年03月31日 10:46

「勝てるゲームが目の前にある」10年で売上げ4倍超のホストクラブ経営者が語る歌舞伎町経済の最前線

新宿・歌舞伎町のホスト業界に大きな波がきている。クラブ経営などを手掛ける「Smappa!Group」は10年間で、4倍超の成長を遂げた。その売上げの8割以上がホスト事業によるものだ。同グループの手塚マ...

2020年02月13日 11:19

「韓国で“女子力”という言葉はあり得ない」 文学で考える日韓フェミニズムの相違点 − ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』合評会

2016年に韓国で発刊されると100万部を突破、日本でも翻訳版がヒットを記録した、チョ・ナムジュのベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房、訳・斎藤真理子)。1982年に生まれた韓国の...

2020年02月05日 07:04

マスクだらけの東京→フィリピン渡航 新型コロナウイルスの脅威実感

2日、新型肺炎により、フィリピン内で中国・武漢出身の44歳の男性が死亡した。世界保健機関(WHO)によると、新型肺炎による中国国外での死者は初めてという。このニュースが伝えられる前日の1日、私はフィリ...

2020年02月03日 11:37

「国の補助金が山をダメにする」 行政からの自立目指す林業家の挑戦

林業界は冬の時代を迎えている。特集「農林水産業のミライ」では、“成長産業”とは程遠い林業界全体の現状を、『絶望の林業』(新泉社)の著者で森林ジャーナリストの田中淳夫さんに解説してもらった。【関連記事】...

2020年01月23日 07:08

パスポートを取り上げられ返還も拒否 フィリピン人女性が横浜市の雇用先を提訴

神奈川県在住の30代フィリピン人女性が、預けたパスポートの返却を拒まれ続けているとして、雇用先の行政書士・社会保険労務士事務所「アドバンスコンサル」(横浜市)を相手取り、16日、パスポートの返還や損害...

2020年01月17日 16:13

日本へ技能実習生を送る東南アジア6カ国の現状を初調査 韓国に行けぬ人材来日の構図顕在化

日本の人口減少が進むなか、労働力の一端を担う「技能実習生」などの外国人材の数は年々増加している。しかし、日本で働く外国人を取り巻く労働環境には依然として課題も多い。外国人材をめぐる現状を把握し、改善に...

2020年01月17日 13:25

「人が連続殺人犯に惹かれるのは自分の悪を認識しているから」 映画『テッド・バンディ』監督が語る凶悪犯の魅力

1970年代のアメリカで30人以上の女性を殺害したとして、「シリアルキラー(連続殺人犯)」の語源となった実在の男を描いた映画『テッド・バンディ』が20日、公開された。テッド・バンディに扮するのは『グレ...

2019年12月20日 07:42

新婚夫婦、パリピ、フィリピン人ママ… 江戸時代から続く伝統神事・浅草「酉の市」の一夜を定点観測

11月20日、太鼓の音とともに老若男女多くの人々が浅草・鷲神社の鳥居をくぐった。その日、訪れた参拝者の数は計約50万人。求めるのは開運、商売繁盛を願う縁起物「熊手」だ。BLOGOS編集部は江戸時代から...

2019年12月06日 07:14

「情が移った子グマを手にかけ、生きるのも辛かった」鉄砲を手放そうとした福島県唯一のマタギが語った"命をとる意味"

四方を山に囲まれ、豪雪地帯としても知られる福島県金山町。猪俣昭夫さん(69)は長年、猟銃を手に山に入り込み、野生動物と向き合って来た。東北などには昔ながらの手法で狩猟をする「マタギ」文化が今も残り、猪...

2019年11月20日 07:03

「強引な登山客が原因で復旧遅れる」「営業しているので来てほしい」 台風19号の被害で揺れる高尾山

各地で甚大な被害をもたらした台風19号。16日現在74人が死亡、11人が不明となり、けが人は224人にのぼった。東京都内の人気登山スポット・高尾山(八王子市、標高599m)も10月の登山ハイシーズンを...

2019年10月16日 16:19

「シロアリはカシューナッツの味」 世界の栄養不足解消のため日本で昆虫食普及に奮闘する"シロアリマン"の正体

イナゴやハチの子など耳にしたことはあれど、実際には口にする機会が多いとは言えない「昆虫食」が、今、世界で注目を浴びている。姿形のインパクトに目を奪われがちだが、2013年に国際連合食料農業機関(FAO...

2019年09月28日 07:12

「敗戦から驚異的に復興したJAPANは注目度が高い」日本で唯一のネパール語新聞編集長が見つめる東京

在留外国人の数が約273万人(2018年末現在)と過去最高を記録した日本。首都・東京ではさまざまな国のコミュニティが形成され、そのなかではネットやSNSが主な情報収集・共有の手段となっているという。そ...

2019年09月27日 11:23

地球最強の植物は「どんぐり」? 研究者に聞く"あやしい"植物のディープな世界

「植物=地味」というイメージを覆す、"あやしい"植物が世界中には生息している。ライオンを殺す草に、人間の全裸や唇に見える植物…そんな奇妙な植物たちをイラスト付きでわかりやすく紹介した『だれかに話したく...

2019年09月04日 07:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。