柴山昌彦の記事一覧

平成25年8月27日

[国の威信を賭けて] 福島第一原発において、高濃度の汚染水の漏えいが問題となっています。 保管タンクの建設や管理、情報開示などで東電のずさんさが改めて浮き彫りになっていますが、そんなことを言っているより、まず国が前面に出て、この問題の収束を図らなければいけませ...

2013年08月27日 10:19

平成25年8月16日

[望むだけでは実現できない平和] 終戦の日は、日本中が平和や諸外国との関係を考え直す貴重な機会です。 私はかつて外務大臣政務官時代、核軍縮・不拡散問題を担当し、平成21年にはニューヨークの国連本部で、...

2013年08月16日 00:13

平成25年8月3日

昨日、参院選で当選された議員の方々が登院される中、参院議長の選任をはじめとする新たな国会の構成を確定させるための短期の臨時国会が開会しました。 衆議院では大きな動きはありませんが、党所属の議員が東京に...

2013年08月03日 14:00

「勝利」の実態

猛暑の参院選は与党の勝利で幕を閉じました。 前回のこの欄で触れた埼玉選挙区も、自・公各候補が1位と2位を占め、かつ古川候補は100万票を超える独走で圧勝しました。 皆様の格段のご支援に心から感謝申し上...

2013年07月23日 09:16

時代が求めるブレイクスルー

発表された安倍内閣の追加成長戦略に、「踏み込み不足だ」などという批判が出され、株式相場などの乱高下も手伝って「アベノミクスはバブルだ」とコメントする人々がいます。 行き過ぎた相場には調整局面があるのは...

2013年06月19日 09:12

放送の中立性

[放送の中立性] 最近、テレビ放送の中立性についてメールなどでご意見をいただくことが多くなりました。 放送法は4条で、事業者の番組編集につき、「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること...

2013年06月12日 14:43

平成25年5月20日

[方法重視] 北朝鮮を訪問していた飯島勲内閣官房参与の動向が注目されています。 安倍総理は「拉致問題の解決なくして日朝正常化なし」の姿勢を堅持し、核問題などについて定めた日朝平壌宣言がミサイル発射によ...

2013年05月20日 07:58

平成25年4月20日

[ITで変わる老後、そして教育] 総務省で立ち上げたICT成長戦略会議の下部組織である「ICT超高齢社会構想会議(座長:小宮山宏元東大総長)」において、このたび基本提言がまとまりました。私も会議では積...

2013年04月20日 09:01

平成25年3月30日

[周回遅れの議論] 全国各地で昨年末の衆議院総選挙の1票の格差について提起された訴訟の判決が、高裁段階で出揃いました。 16件中、違憲と明確に判断したのは14件。残り2件も「違憲状態」としており、合憲...

2013年03月30日 14:14

平成25年3月12日

[風化を許さない記憶] 昨日、東日本大震災から丸2年を迎えました。 死者・行方不明者が2万人超、仮設住宅などで避難生活を送られている方はいまだ32万人近くにのぼり、復興は進んでいる部分とそうでない部分...

2013年03月12日 06:26

平成25年3月5日

[目的化した会議は不要] 平成24年度補正予算案が参議院本会議をわずか1票差で通過し、すぐに本年度の予算審議が衆議院でスタートします。 現在、政府4演説(施政方針、外交、財政、経済)に対する代表質問が...

2013年03月05日 06:26

国益のために

[国益のために] 安倍総理がオバマ大統領との会談のため訪米します。 TPP(環太平洋経済連携協定)がクローズアップされていますが、総理には是非国益のために有意義な訪米として欲しいと願っています。 TP...

2013年02月21日 06:12

平成25年2月9日

[ガバナンスへの疑問] 中国軍艦船の日本護衛艦などへの火器管制レーダー照射事件は大きな波紋を呼びました。 戦闘行為に発展しかねない危険な挑発。当然、どのレベルまで関与していたのかが問題となります。本国...

2013年02月09日 09:25

平成25年1月28日

[悲しみからの教訓] アルジェリア人質事件は、政府や関係者の懸命の努力にもかかわらず、多くの方々が亡くなる悲しい結果となってしまいました。ご遺族には心からお悔やみを申し上げます。 出張先のミャンマーで...

2013年01月28日 06:16

平成25年1月19日

[世界に目を] アルジェリアの人質事件は今なお情報が錯綜しています。 日本人を含む数多くの人質の安否がいまだわからず、犠牲者も出ているとのことで、関係の方々のご心痛は察するに余りあります。安倍総理は外...

2013年01月19日 09:41

平成24年12月3日

[思いを実現するために] いよいよ明日は衆議院総選挙の公示日。選挙前のブログの更新はこれで最後になります。 それにしても国民が選挙や政治に関心を持ち、ホームページなどのアクセス数が増えるこのタイミング...

2012年12月03日 22:34

たった一つの道

昨日の党首討論で、明日11月16日の解散、12月16日の衆議院選挙投票が事実上決まりました。民主党内の(前回この欄でも触れたような)猛烈な解散阻止の動きを、半ば電撃的な解散時期の明示という手段で打開し...

2012年11月15日 06:25

平成24年11月8日

続く綱渡りアメリカの大統領選はオバマ氏の再選となりました。併せて実施された下院選挙では野党共和党が過半数を占め、引き続き上院とのねじれが続くことになります。ニ...

2012年11月08日 03:59

平成24年10月18日

デタラメを許すな 復興予算の流用が大きくクローズアップされています。 この問題はそもそも1か月以上前から、「復興予算枠で実質的に復興と関係ない支出をするのはおかしいのでないか」という、素朴かつ複数の党...

2012年10月18日 07:40

小さな奇跡といばらの道

昨日9月26日に実施された自民党総裁選では、40年ぶりの決選投票の結果、応援していた安倍晋三元総理が逆転で2度目の総裁の座を射止めました。 午前中、党員投票の情報が続々と入ってきたのですが、特に安倍選...

2012年09月27日 10:12

平成24年9月20日

激しい憤り 中国における反日デモは当局の国民への自重の呼びかけもあり、ようやく沈静化に向かいそうです。 日本の尖閣諸島の国有化については、中国の次期最高指導者となる習近平国家副主席が「茶番だ」と批判し...

2012年09月20日 05:01

苦しみを超えて

昨夜、ご本人の自民党所属時代に親交のあった松下忠洋金融担当大臣が亡くなるというショッキングなニュースが飛び込んできました。郵政民営化をめぐり立場を異にしましたが、心からご冥福をお祈り申し上げます。 シ...

2012年09月11日 06:26

平成24年8月17日

[求む、毅然とした姿勢] ロンドン五輪は熱気のもと閉幕しましたが、終盤の男子サッカー日韓三位決定戦は、李明博大統領の竹島訪問や選手のプラカード掲示問題などが絡み、大変後味の悪いものとなってしまいました...

2012年08月17日 09:53

平成24年8月10日

一貫した姿勢 昨日、衆議院本会議で、みんなの党や共産党などの野党が提出した内閣不信任案の採決がありました。 自民党では棄権のため退席するという議院運営委員会からの指示がありましたが、私はあえて出席して...

2012年08月10日 07:50

平成24年8月4日

リセットなくして前進なし みんなの党や共産党が主導して衆議院に内閣不信任案を提出する動きが出ていると報じられています。 ちなみに来週早々、参議院では税と社会保障の一体改革関連法案の採決の環境が整います...

2012年08月04日 07:46

ロンドン五輪の陰で

待ちに待ったロンドン五輪は、男女サッカーチームの勝利という華やかなスタートを切りました。これから手に汗を握る熱戦が続くでしょう。 しかしその陰でイライラするような国政の停滞があることを私たちは忘れては...

2012年07月28日 12:00

平成24年7月17日

聖域を作るな 滋賀大津市の中学2年生の自殺について、同級生たちの陰湿ないじめや教師の見て見ぬふりの実態が明るみとなり、大きな波紋を呼んでいます。 私は自民党の法務部会長として、この問題がもはや犯罪の域...

2012年07月17日 03:04

平成24年7月6日

形から入ることの大切さ 昨日公表された福島第一原発の国会事故調査委員会の報告書が手元に届きました。 ここでは、歴代及び当時の政府、規制当局、事業者である東京電力による、人々の命と社会を守るという責任感...

2012年07月06日 12:48

平成24年6月27日

造反の本質 昨日、衆議院本会議で、税と社会保障一体改革関連法案が可決しました。 前回のこの欄で少し触れましたが、今回の自公民三党合意には、景気弾力条項に名目3%、実質2%という目標数字を残し、かつ成長...

2012年06月27日 07:55

平成24年6月19日

[手探りの戦い] いよいよ会期末直前となり政界には疑心暗鬼の渦があちこちにできているようです。 私の主張は至って単純です。「民主党は実現不可能であるとわかっていたマニフェストを国民との約束として政権を...

2012年06月19日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。