千正康裕の記事一覧

コロナの緊急事態宣言下の国会改革

新型コロナ感染症について緊急事態宣言が発出されました。政府に、極力国民の命と生活を守る仕事に専念してもらいつつ、効率的に国会の機能を果たすための提言を昨日書きました。1.2日間、国会質疑は休止今日と明日の国会の委員会質疑は停止されたそうです。拡散して下さった皆様、関係者の皆さま、国会議員の皆さまありがとうございます。霞が関の現場をコロナ対策に専念させるという趣旨ではないかもしれませんが、とにもかく...

2020年04月08日 11:40

国会も緊急事態対応しないと現場が死ぬ

今日にも緊急事態宣言が出される模様ですが、誰も議論しないけどとても大事なことが抜け落ちています。厚労省を中心とした霞が関でも、緊急事態対応がずっと続いています。厚労省の現場には、省内各部署や他省庁から...

2020年04月07日 10:51

「緊急事態宣言」休業しない業種に必要なこと

明日、緊急事態宣言が出されるとのこと。首相、あすにも緊急事態宣言 期間は5月6日までを検討:朝日新聞デジタル緊急事態宣言へ都対応案 パチンコ・理髪店にも休業要請(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニ...

2020年04月07日 10:32

アベノマスク炎上の正体

1.アベノマスクの炎上安倍総理が、1世帯2枚の布マスクを全世帯に配布すると発表しました。この政策は、どうも評判が悪く、海外メディアで批判されたり、ツイッターなどで炎上しています。アベノミクスではなく、...

2020年04月05日 11:45

コロナ対策、国会は現場を止めるな

今日から、東京都及び近県で外出自粛要請が始まった。国民生活にとっては、まさに緊急事態である。厚労省を中心とした霞が関でも、緊急事態対応がずっと続いている。厚労省の現場には、省内各部署や他省庁からも大量...

2020年03月28日 15:47

官僚の働き方~誰も幸せにならない日本の理不尽な働き方の縮図~

1. 官僚のことを知らない人にとっての「官僚の働き方改革」今週は、講演の機会をいただきました。テーマは「官僚の実態」です。それなりに、このテーマで発信をしてきた気もしますが、ちゃんとコンテンツをまとめ...

2020年01月12日 07:33

ベーシックインカムを導入するために必要なこと

1.前澤社長のベーシックインカムの社会実験ZOZOの前澤社長が、ベーシックインカムの社会実験として、100万円を1,000人に配ると表明して話題になっています。これを機にネット界隈ではベーシックインカ...

2020年01月03日 14:34

霞が関の崩壊を食い止める唯一の方法

今朝、12/27の日本経済新聞朝刊に、霞が関の働き方改革の記事が出ました。僕も取材を受けたので、コメントが出ています。今や、霞が関の官僚は、体を壊したり家庭を壊したりというのが日常茶飯事になっており、...

2019年12月27日 22:16

「人生会議」のポスターに見る役所の広報

  「人生会議」の厚労省の啓発ポスターが公表された途端、患者や遺族を傷つける、死を連想させて不適切、怖がらせてどうするなど、SNS等で批判が寄せられました。患者団体の抗議なども受けて、厚労省...

2019年11月28日 07:08

国会の質問通告と官僚の疲弊

このところ、官僚の長時間労働の実態について大分知られるところとなったように思います。また、官僚が疲弊して健康や家庭を壊したり、若手官僚の離職が増えたりといったことを背景に霞が関の政策立案機能の低下につ...

2019年11月09日 19:58

年金は75歳からってどういうこと!?

今日は久しぶりに政策のお話をします。年金です。なお、この記事は千正が厚労省の公表資料や報道などを元に自分の知識で独自に書いています。分かりやすさと正しい説明を心がけていますが、厚労省に確認したものでは...

2019年10月21日 15:13

官僚は本当に専門性があるのか

1.実は官僚の悩みは専門性がないこと!?よくある官僚(特に分野横断的に異動していく事務系キャリア)の悩みで、人事異動が多くあまり専門性が身につかないとい...

2019年10月06日 15:15

退官のご挨拶

この度、9月30日付けで厚生労働省を退官することにいたしました。2001年4月の入省以来、多くの皆様に大変お世話になりました。厚生労働省の仕事や霞が関にも、これまで育てていただき、使い続けてもらった返...

2019年09月21日 15:27

厚労省改革若手チームの緊急提言への思い

厚労省若手チームの緊急提言について8月26日、厚生労働省の改革若手チームが組織改革のための緊急提言をまとめました。新聞、テレビ、webメディアなどで広く取り上げられたので、ご覧になった方もおられるかも...

2019年09月01日 19:39

霞ヶ関の機能不全について

「霞が関の機能不全」という言葉を時々耳にするようになりました。記事など報道を目にすることも最近増えたように思います。政策を作ってる現場から見たその背景や変化についてお話したいと思います。あくまで私見で...

2019年06月23日 15:37

日本は世界一技能が不足している?

1.ショッキングなグラフ世界経済フォーラムのサイトで、こんな記事を見つけました。These countries are facing the greatest skills shortages記事の中...

2017年02月05日 14:50

厚生労働省「ジョカツ部」ってなんだ!?

今日は、最近関わっている面白いプロジェクトについて紹介します。厚生労働省ジョカツ部です。1.大臣の若手特命チームこれは、塩崎大臣が10月29日に立ち上げた若手の特命チームで、正式名称は「女性・イクメン...

2017年01月30日 02:40

最近のお仕事(厚労省に戻ってきました)

もう半年くらい経ちましたが、インドから厚生労働省に戻ってきました。    【今の仕事】 雇用均等・児童家庭局というところで、 ・少子化対策・...

2017年01月30日 01:48

医薬品分野の日印協力

インドに赴任してから2年半が経過し、自分の守備範囲(厚生労働行政の分野)でも色々な協力が進んできています。今日は、その中でも最もニーズが高く動きが活発になってきている医薬品分野(特にジェネリック医薬品...

2016年02月27日 12:35

インドの再生医療事情

最近、日本の再生医療の規制について聞かれることが多いので、今日は、再生医療の規制について調べていました。日本の法律(通称:再生医療新法)については、たまたま僕がインドに来る前に、立案を担当していたので...

2015年05月31日 23:37

日本とインドの労働事情(その2)

【過労死と過労自殺】① 2005年に、トヨタのシステムで働いていたアメリカ人が、日本人を辛辣に突き刺した彼の経験について、本を書いた。② ダリアス・メウリは、「トヨタ王国の記録:日本のアメリカ...

2014年04月05日 21:25

日本とインドの労働事情(その1)

3月27日のエコノミック・タイムズ紙に、日系企業が直面するインドの労働問題についての解説記事が出ていました。12億人の人口と大量の若年人口を有し、経済成長を続けるインドは、新興国の中でも巨大なマーケッ...

2014年04月05日 20:39

法律を作るときの想い

最近、中々ブログの更新ができていませんが、とても充実した日々を過ごしています。久しぶりに、会う人には「最近、何してるんですか?」「今、何の仕事をしてるんですか?」と聞かれたりします。昨年の秋から冬にか...

2013年04月13日 19:15

【3】NPOにしかない現場の情報の価値(若者無業者)

3 若者無業者ニートとして知られていると思いますが、若者無業者の就業支援をしている団体の中でも最大規模を誇るNPO法人「育て上げネット」が、その膨大な若者無業者のデータを元に、若者無業者の実態を分析し...

2013年03月13日 00:57

【2】NPOにしかない現場の情報(中退予防)

2 大学中退予防大学中退予防に取り組んでいるNPO法人NEWVERYは、日本の大学・短大・専門学校では、卒業までに8人に1人が中退するとして、彼らがなぜ辞めるのか、辞めてどうなったのかに焦点をあてる「...

2013年03月13日 00:48

NPOにしかない情報の価値

最近、立て続けに友人が代表を勤めるNPO法人から、非常に有益な情報発信があったので紹介したいと思います。このブログでも幾度となく述べていますが、福祉・教育・就労支援など様々な分野で第一線で対応する機関...

2013年03月12日 22:36

公は誰のものか?

京都大学の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まりました。山中教授は記者会見やインタビューで非常に印象に残ることをおっしゃていました。「日本という国に支えていただいて、日の丸の教えが...

2012年10月08日 22:23

政と官の間で

1年ちょっと務めた秘書官を退任しました。これまでの業務とずいぶんと質の違う仕事でしたが、何とか無事に務めることができました。お世話になったみなさま、ありがとうございました。僕らは、通常2年。短くて1年...

2012年09月26日 22:59

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。