澤上篤人の記事一覧

長期投資の基本を貫こう

明日より自分は完全に自宅待機で、主として新著の原稿書きに集中します。そういうわけで、この長期投資家日記もお届けするのは、4月14日までは時折というペースになります。そこで今日は、敢えて2週間分をまとめたものにします。 そういった荒っぽいことができるのも、長期投資の強みです。第1段階 株価暴落→金融バブル崩壊→ジャンク債はじめ金融商品全般に売りの連鎖→企業倒産多発と金融機関は不良債権の山→金融マーケ...

2020年03月31日 13:20

1年で片付くと想定していたが、2~3年かかりそう

世界的な金融バブルは崩壊し、株価暴落から売りの連鎖でジャンク債や金融商品全般が総崩れをきたす。そして最後は国債売りにまで発展して、市場金利の急上昇で金あまりバブルは吹っ飛ぶ。マーケットをはじめとして経...

2020年03月27日 18:56

これは必要な下げであり、調整局面と考えよう

日経平均株価が1000円を超す下げ、NY市場でも過去最大の2000ドル超の下げと、株式市場は大きく崩れている。コロナウイルス問題をきっかけに、感染拡大を防ごうと人の移動制限や在宅勤務が増え、世界のサプ...

2020年03月10日 16:13

民間でやってしまう、それもできるところから

この30年間で、なにもかも国まかせ、国に頼り放しといった傾向が、どんどん強くなっている。年金や医療保険あるいは介護の分野だけではない。 生活に密着した、それこそあらゆる分野で国の関与を求めている。甘え...

2020年02月19日 15:39

日本人の生活信条がブレーキとなっている

明治のころから日本人は、「まじめに働き、必要なモノは買うが、ムダ遣いはしないで、あまったお金は貯蓄しておく」の、4つを叩き込まれてきた。この4つの生活信条は、東洋の1小国にすぎなかった日本を世界第2位...

2020年02月13日 16:38

本が売れない?

街の本屋さんがどんどん潰れていっている、出版不況だ、活字文化が失われてしまう、そういった声を頻繁に聞く。たしかに、通勤の電車内でも本を読んでいる人は、めったに見かけなくなった。代わって、スマホの画面か...

2020年02月07日 17:51

スマホ世代、どう投資に向かわせるか?

最近は若い人たち中心に、本を読まなくなった、長い文章を読むのが苦手になってきている。 よく、そう指摘される。代わって、スマホの画面に集中する時間が加速度的に長くなっている。じっくり自分の頭をつかって考...

2020年02月05日 15:35

低金利政策の意味

もともと低金利政策は、景気の悪化を食い止めて回復に向かわせる。 そのためには、企業に積極的な拡大投資をしてもらおう。企業に投資を積極化させるための支援として、金利コストを下げ、かつ資金調達を容易にして...

2020年01月29日 17:17

崩れは、ちょこっちょこっと、そのうち突然に

まだ早いのかもしれないし、もう始まっているのかもしれないが、世界的な金融緩和の大崩れはそう遠くないだろう。いまのところ、株価だけが変調の兆しを見せだしただけ。 最近でいえば、コロナウイルスの感染を恐れ...

2020年01月28日 17:17

資産形成?やはり株式投資だろう

手元に、NYダウ工業30種平均の株価トレンドを「対数グラフ」で表示したものがある。通常の株価チャートなどは、目盛りが等間隔なので数字が大きくなればなるほど、グラフ表示も大きくなる。たとえば、100をベ...

2020年01月15日 18:56

投資教育よりも、実利だ —- マスコミの役割

投資教育の必要性がいわれるようになって久しい。 だが、なかなか普及しない。国民の多くは、相も変わらず預貯金に頼っている。 金利はほとんどつかず、利殖にはほど遠いというのに。ただただ安全だからということ...

2020年01月10日 16:49

足らなくなるものは、価値が高まる

人は、あり余ったものには見向きもしないが、足らなくなると聞くや無性に欲しくなる。日々の生活においても、これはあちこちで見られる、ごく普通の現象である。それが需要と供給のせめぎ合いとなって、経済活動を促...

2019年12月26日 17:59

長期投資を絡めた町興し

徳島の仲間たちと壮大な実験というか、新しいモデルづくりが着々と進んでいる。地方経済活性化に長期投資を絡ませてやると、驚くほどの可能性が広がっていく。それを実証しつつあるのだ。自分たちも働くが、お金にも...

2019年12月17日 21:57

長い経験からの推察だが、、、

愚者は自分の経験に頼り、賢者は歴史に学ぶ。 ビスマルクをはじめとして、多くの人が同じような言葉を残している。そういうことなんだろうが、こと長期投資に限っていえば、自分の48年を超す経験はそれなりの妥当...

2019年12月17日 15:40

NISA 制度の拡充?

報道では、一般 NISA や積立て NISA の制度がより充実する方向にあるとのこと。詳細は分からないが、期限を5年延長するとか、どうも小出しの制度改革のようだ。どうして、日本の政治は抜本的な改革に踏...

2019年12月10日 16:47

悔しいけど、中国よくやっている

中国の覇権主義がどんどん露骨になってきている。南シナ海の島嶼を勝手に軍事基地化したり、一帯一路政策でもって世界各地における中国の経済支配を強めている。30年ちょっと前、中国が対外的に経済開放政策に踏み...

2019年10月18日 15:52

ノー天気のまま、ユデガエルに?

日本の個人や家計は、年0.01%~0.001%の利子しかつかない預貯金に、大事な虎の子を置きっ放しにしていて、なんとも思わない。その金額たるや、全体ではGDPのなんと1.7倍にも上る。世界最大の「もっ...

2019年09月10日 14:07

消費税、きちんと説明すべき

消費税が10月から現行の8%を10%に引き上げられる。 メディアの報道では、国民の間で大分理解が進んでいるようだ。理解といっても、どの程度だろうか。 これだけ実施を引き延ばしてきたから、上げるのは仕方...

2019年09月09日 10:33

欧米の悲惨さをみてきた

1970年代の後半から80年代にかけて、ヨーロッパも米国も成熟経済の段階に入っていった。ちょうど、この30年間の日本のように、成長率は鈍り国民全体の所得も伸びるどころか低迷から減少に転じた。そんな中、...

2019年09月02日 22:35

2000万円問題、じわっと広がっているね

あちこちの話を聞くに、例の2000万円問題が、いい感じで浸透していっているようだ。金融庁の報告書を担当大臣が受理を拒否したり、政府関係者が反発してくれたことが、かえって良かった。国などが慌てて否定すれ...

2019年08月21日 09:09

投資環境?悪くなるのを歓迎しよう

ちょっと刺激的に過ぎるタイトルを掲げたが、われわれ長期投資家にとってはごく普通の感覚である。いま世界中の投資家は、悪化しつつある投資環境に直面し、悩ましい思いでマーケットを凝視しているところだ。ここで...

2019年07月30日 19:09

郵便ファンドをつくればいい

郵貯や簡保が揺れている。 日本郵政グループは民営化の流れで、自前の収入源を確保しようと懸命である。そのひとつとして、投信販売など手数料ビジネスに力を入れてきた。 それが、ノルマ営業になり今回の不正販売...

2019年07月25日 17:15

参議院選は終わったが、

今回の参議院選に限らず、どの選挙でも自分がやろうとしている政策を前面に打ち出して、その是非を世に問うといった政治家はあまりいない。かつての、「清き一票を」とそればかりをガナリ立てた選挙から、そう進歩し...

2019年07月24日 15:54

これまでは、なんとかなってきたかもしれないが、、、、

つくづく感心するに、日本経済の地力は凄いものがある。 成熟経済に突入して30年余り、まだなんとかもっている。なんとかもっているの中には、いつも指摘している国家財政の綱渡りや国の借金だけではない。いろい...

2019年07月16日 12:29

マイナンバーの完全実施を!

社会保障番号というか国民総背番号の制度は先進国どこでも行き渡っている。日本ではマイナンバーという呼ばれ方だが、先進国で唯一といっていい未定着の状態にある。プライバシーを守りたいとか、なにもかも国に管理...

2019年07月08日 15:57

マーケットの警告機能、最近は押しつぶされている

マーケット、とりわけ株式市場や債券市場は経済活動のあらゆる面で、行き過ぎに警告を発信する機能を持っている。たとえば、熱狂相場が過熱してくると、一部から利益確定の売りが出てきて、それが株価暴落のきっかけ...

2019年06月26日 14:11

正直に誠実に国民に訴えよう

年金の将来も、国の財政も、このままで大丈夫なのか? 考えるまでもなく、このままではマズイ。庶民感覚でマズイといっているのか? 否、国が出している一般情報をみても、「このままでは、マズイぞ」と判断できる...

2019年06月13日 13:59

所得格差の拡大が深刻化?あり得ないよ

経済活動のあらゆる分野で、 AI (人工知能)やロボットが人間の仕事をどんどん奪っていく。それらの研究や開発と関連ビジネスに携わる人たちは、ますます高給で遇されることになる。一方、これまでの生産活動や...

2019年06月11日 15:58

お金をまわす文化、できる人たちから広げていこう

1970年代、そして80年代前半までのヨーロッパや米国の人々は、悲惨な経済状態に苦しんでいた。どちらも、この29年間の日本に先駆けて、成熟経済に突入した。 それで、成長率がガクーンと下がった。そこへ石...

2019年06月10日 17:31

長期金利が低下している、、、、

米中の貿易戦争の長期化で、世界の景気にも悪影響は必至ということで、株価も長期金利も低下している。マーケットは、その時々の経済の表層的な好材料や悪材料で、買いが集まったり売りが集中したりする。それが、株...

2019年05月30日 15:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。