佐藤守の記事一覧

金正男暗殺事件と朝鮮半島の危機

22年ぶりに松島基地OB会で講演してきた。120名を超す仲間が集まってくれたが、瞬時にして22年前の現役時代にタイムスリップする感覚が不思議だった。皆、それぞれに“老化”していたが意気軒昂、当時、独身で若かった隊員がこの秋に定年だと聞いて、自分の歳を改めて悟らされた!ところで、今や我が国のメディア(特にTV)は金正男暗殺事件で浮き足立っている。そして北朝鮮の理不尽さと金王朝?のドロドロした人間関係...

2017年02月21日 20:50

歴史戦の裏に日本?人ら

2月6日の産経一面、「美しき勁き国へ」に、桜井よしこ女史は「長崎に世界的反日基点」とこう警告した。坂の街・長崎の住宅街の一角に「岡まさはる記念長崎平和資料館」(以下、資料館)がある。牧師で朝鮮人被爆者...

2017年02月10日 18:17

政治家にも“筆記試験!”を

■政治家にも“筆記試験!”を 産経によると、韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎・院内代表は9日、党の幹部会議で、慰安婦問題での日韓合意に従い日本政府が韓国の財団に拠出した10億円について、「予備費でも...

2017年01月10日 20:47

軍事を軽視した“ツケ”

まず冒頭で「糸魚川大規模火災」で被災された皆さんに、心から同情申し上げる。今朝の産経は「大火から約2日ぶりに被災地に入った住民らは24日、自宅や店舗の状況を確認した。『心が崩れそうだ』。悲痛な声が漏れ...

2016年12月25日 17:00

「英霊の嘆きが聞こえる」

今年の8月15日は、たまたま14日のテレ朝が、名もなき若き搭乗員たちと磐田市の住民らの手で国難が救われた「終戦秘話」を放映したから、歴史から消された人々が、戦後71年目に表に現れ始めたことを喜んでいた...

2016年08月17日 11:21

平成の“玉音放送”を聞く

昭和20年8月15日正午、6歳の誕生日を控えた私は、佐世保市相浦町の電力会社社宅で玉音放送を聞いた。母と弟と共に「よそ行き」に着替えてラジオの前に正座した。この日は何時になく熱く、蝉しぐれが絶えない日...

2016年08月09日 14:47

財政豊かな東京都の貧相な議員たち

月末から、恒例の墓参りで東北を旅してきた。猛暑続きで東北地方の皆さんはヘタリ気味?だったが、依然として続いている石巻の仮設住宅群には気が滅入った。その中に郵便局が開業していたのは、それだけ住人にご老人...

2016年08月03日 12:25

トルコの“反乱”が示すもの

15日にトルコで起きた軍部の反乱は半日で鎮圧されたが、その後、間一髪危機を逃れたエルドアン大統領が、猛烈な政敵掃討作戦を展開していて、トルコ情勢は緊迫してきた。中東で安定しているといわれていたトルコも...

2016年07月20日 11:54

東京を第2の沖縄にする気か!

昨日に続いてやむなく“政治評論”を書く。というのは昨日は自民党の内紛で「トンビに油下をさらわれるぞ」と警告したつもりだったのだが、なんとトンデモ“トンビ”が名乗りを上げたからだ。メディアは彼と仲間内だ...

2016年07月13日 10:46

大魚を逸した自民党

政治評論は好まないがこれだけは言っておきたい。今回の参院戦では、舛添前都知事“事件”を公明正大に処断できなかった自民都議連と、それを指導できなかった自民党本部のせいで、憲法改正に直結する単独過半数を取...

2016年07月12日 11:22

政治を“賎業”にしたのは誰か?

地上波TVのニュースやバラエティなどでは、連日の主役は「東京都知事・舛添要一」である。都議会の追及もだらしないが、これじゃ参院選は都議会与党の腰が引けた対応が影響して、野党が有利になるのじゃないか?と...

2016年06月09日 10:55

オバマ大統領の広島訪問

27日、懸案になっていたオバマ“現職大統領”の広島訪問が実現した。2009年に就任したオバマ大統領、プラハ演説で核廃絶を唱えてノーベル平和賞を受賞した彼の最後のチャンスでもあったが、無事に成し遂げたと...

2016年05月30日 14:01

目に見える“貧困”

数日前の産経新聞に、曽野綾子女史が「貧困」について次のように書いていた。≪この頃、日本人の多くは貧困だ、経済格差がひどい、という論文を、あちこちでよく読む。私は外国で暮らしたこともないのだが、どこの国...

2016年05月02日 13:10

サバイバル訓練の重要性

熊本地震は、未だに震度3の余震が続いていて、被災者は落ち着かないことだろう。一連の地震による死者は48人、加えて避難者の50人がエコノミー症候群を発症しているというから、気にかかる。しかし、インフラ、...

2016年04月24日 20:42

トランプ発言と核武装

先日、読者から「トランプ氏の言を俟つまでもなく、独自の核抑止、米軍の撤退も含めた防衛のあり方を真剣に議論すべきだと思いますが、今の日本では無理なのでしょうか」というコメントが届いた。まずトランプ候補の...

2016年04月01日 12:08

北朝鮮のミサイル発射騒ぎ

北朝鮮が今朝ミサイルを発射した。事前予告通りだったが、今日は休日とあって、関係者は忙しかったことだろう! しかし、間一髪間に合ってよかった![画像をブログで見る]≪今朝の産経一面に掲載された予想飛行経...

2016年02月07日 12:42

夫婦別姓問題と日本文化

夫婦別姓問題で、最高裁は「合憲」と判断した。結婚すれば、当然夫の姓を名乗ることになることは、日本人としてなんら違和感はなかった。むしろ父と母の姓が並立していたら、子供としてはどっちを採用すればいいのか...

2015年12月17日 12:24

航空事故絶滅は可能か?

毎年、8月12日になると、JAL123便の墜落事故関連ニュースが大きな話題になる。11日の産経新聞は「『緻密』米検事驚く捜査も…全員不起訴 元県警幹部『今でも悔しい』」との見出しで、元県警幹部の談話...

2015年08月13日 19:40

川崎中一殺害事件

早速コメントが寄せられていたが、表記凶悪事件は絶対にうやむやにしてはならないと思う。今朝の産経は、ほぼ犯人の目星がついているらしいと報じた。≪川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村遼太さん(...

2015年02月25日 11:58

興味深い大陸情報

昨日紙数がなくなったので省略した大陸情報を羅列しておくが、その前に、今朝の産経新聞を読んでいささか一宮市教育委員会なるもののレベルの低さ、というよりも反日性に驚いたから、それをまず書いておきたい。記事...

2015年02月22日 15:53

歴史戦

産経が連載していた「歴史戦」第1部が終わった。南京攻略戦の指揮を執った松井石根大将が、「虐殺は終戦後、米軍放送で知った」と語っているように、すべては戦後の捏造物語である。敗戦直後は、連合軍側の支配下に...

2015年02月18日 20:21

安倍政権、信任される

唐突?に実施された今回の総選挙は、議員たちは大慌てだったようだが、有権者には何となく“白けた”雰囲気が漂っていて心配した。今回、安定政権が“瓦解”すれば、来年はシナの反日集中攻撃が予想されているので、...

2014年12月15日 00:00

開戦記念日とトラトラトラ

今日は日米開戦73周年目にあたる。帝国海軍が連合艦隊の主力を挙げてハワイ真珠湾を攻撃した日である。その前日の12月7日(現地時間)、在ワシントン日本大使館は、正門は閉ざしたままで、クリスチャンだった当...

2014年12月08日 21:41

世界大乱の兆し

オバマ大統領がやっと重い腰を上げ、シリア空爆にゴーサインを出した。シリア情勢が悪化した時、直ちに機先を制していればこれほどの被害を出さずに済んだものを…といささか残念だが、しかし、ケリー国務長官がイス...

2014年09月24日 12:58

尖閣海空域を「射爆撃場」に指定?

6月18日付のブログに、6月14日に河南省南陽市に並んでいる列車に大量の戦車・装甲車・その他ミサイル発射車両(100両ほど)が積載されていたことについて、「ミサイル部隊(第2砲兵)発射旅団の動きがおか...

2014年07月12日 16:39

慰安婦問題=なぜ日本人は怒らないのか?

カナダで93歳の元支那人慰安婦が「中国の慰安婦」に関するでたらめ本を4月28日に出版したという。朝鮮人のみならず、支那人も“被害者だった”というのである。彼女は当時支那に20万人の日本兵相手の慰安婦が...

2014年06月13日 19:35

裁判官がおかしい…

厚木基地の夜間飛行差し止めと、浜岡原発運転差し止め裁判は、今の日本の裁判、いや一部の?裁判官がいかに病んでいるかを示していると思う。今朝の産経抄はこう書いたが同感である。≪【産経抄】裁判官が日本を滅ぼ...

2014年05月23日 11:55

「集団的自衛権」で小田原評定している時ではない!

中越関係は憂慮すべき状態になってきたから、今日は少し長くなる。わが政界は、集団的自衛権を認めるか否かでもめているが、老兵の目から見れば滑稽極まりない。自主防衛できないから、米国と安全保障条約を結んで国...

2014年05月19日 12:41

商船三井差押えの暴挙

[画像をブログで見る]≪上海海事法院から差し押さえられた商船三井の鉄鋼石運搬船「バオスティール・エモーション」=産経から≫昨日の産経は「商船三井の船差し押さえ、反日『実力行使』に」と題して、≪中国の裁...

2014年04月22日 00:11

法の信頼を回復せよ

28日の産経【主張】は「袴田事件再審 捜査「徹底検証」の勇気を」と題してこう書いた。 ≪静岡県で昭和41年、一家4人を殺害したなどとして強盗殺人罪などに問われ、死刑が確定した袴田巌元被告の第2次再審請...

2014年03月29日 11:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。