非国民通信の記事一覧

今と未来

コロナで超少子化がさらに進んでしまう悲しい現実「この国でどう産めと…」(PRESIDENT Online) 日本の少子化は予想以上の加速を見せているが、新型コロナウイルスの流行によりさらに厳しい状況に立たされたようだ。新型コロナは日本の少子化問題にどのように影響するのだろうか。中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院(毎日新聞) 同病院によると、中高生からの妊娠相談は3...

2020年05月19日 09:35

後から対処した国の方が失敗しているという話

さる1月23日、中国では武漢市が封鎖されました。中国政府の対応の遅さは今なお世界中から非難されていますが、この時点で中国全土の感染者数は571人、死亡者数は17人とされています。一方日本では4月7日に...

2020年04月20日 17:54

自主性の理想と限界

ここに来てコロナウィルスの感染拡大ペースが上がってしまっているところ、有名人の感染者も現れてきましたが、世間の受け止め方はどれほどのものでしょうか。巷では4月の学校再開に向けて動きつつあっただけに、こ...

2020年03月31日 07:34

変革(方向性は問わないものとする)

さて国内のコロナウィルス感染拡大は、とりあえず抑えられてはいるものの収束に向かう気配もないと言ったところでしょうか。3月中は諸々の自粛で安定していたものが、4月1日から一気に動き出すなんて可能性もあり...

2020年03月24日 09:36

せめて転機となって欲しい

金融は所詮ゼロサムゲームなのだ、と語る人もいます。多くの人が儲かっているように見えても、その裏では損をしている人もいるのだ、と。ならば金融市場の混乱で誰もが大損しているように見える局面では、その裏で儲...

2020年03月17日 07:42

良い状況ではない

さて新型コロナウィルスの感染は世界中で続出しているようですが、各国の封じ込め作戦の結果はどうなるでしょうか。この規模で拡がると撲滅は難しい、インフルエンザのように「一定数は罹患する物」と社会が免疫を付...

2020年03月10日 08:20

流行と副産物

何でもインフルエンザの流行が急速に収まっているそうで、とりあえず世間で行われている感染症対策は一定の成果を上げているようです。とかく学校などは集団感染の温床になりがちですが、その辺も閉鎖されれば不特定...

2020年03月03日 12:20

それは解決にならない

「給料が高くて社員が辞めない中堅企業」169社(東洋経済)大手企業ばかり考えている就活生は、志望業界の中堅、中小企業にも目を向けてほしい。今回、『就職四季報2021年版』(優良・中堅企業版)から、従業...

2020年02月24日 12:34

毅然と退けるべき意見

「残業好き」の人たちにとって働き方改革とは何なのか?(Yahoo!ニュース)現場に入ってコンサルティングをしていると、定時後になった途端に生き生きしてくる連中を見る。「定時を過ぎた。10分でも20分で...

2020年02月17日 09:30

研修と目的

ナメた態度で「社員研修」に臨んだ社員の末路 人事にマイナス評価を下される可能性も(東洋経済)しかし、人事の立場から助言させていただくと、たとえ意味がないと思った研修であっても、誠実な態度で、真摯に受講...

2020年02月03日 22:26

大量殺人では、彼はアマチュアです

先日の通常国会では、民主党玉木派の代表が習近平氏を国賓として扱うことについて「世界に誤ったメッセージを送ることにならないか」と発言したそうです。まぁ中国の政治体制には問題が色々とありますが、どうしたも...

2020年01月27日 08:25

ゆる(され)キャラ

ブームは過ぎたと言えますが、「ゆるキャラ」と呼ばれるジャンルがあります。一般的には「ゆるい」キャラクターの意ですけれど、世の中には「許される」キャラ、略してゆるキャラと呼ぶべきタイプの人も少なからず存...

2020年01月20日 13:22

実行力がない、ということ

来年中の改憲、見通し立たず 野党対決姿勢、解散で状況変化も(時事通信) 憲法改正をめぐる与野党攻防が越年する。自民党は来年中に改憲原案の国会発議への道を開きたい考えだが、「安倍改憲」に反対する主要野党...

2020年01月13日 14:49

現場からはどうすることもできなくて

青菜は男に見せるな――これは私が会社で働く上での座右の銘です。茹でる前の青菜は嵩張って大きく見えるが、茹でると嵩が減ってしまう、この事を知らぬ男には、無用の疑問を抱かれてしまうため、茹でる前の青菜は見...

2020年01月13日 12:54

労組を見たことはありますか?

労組の組織率、過去最低の16%台に パート推定組織率8.1%で変わらず(毎日新聞) 労働組合の組織率が今年の推計で16.7%になり、9年連続で過去最低を更新した。厚生労働省が19日公表した労働組合基礎...

2019年12月30日 13:07

黒字と借金

当たり前のことですが、誰かがお金を貸すということは、誰かがお金を借りると言うことです。逆もまた然りで、誰かがお金を借りるということは、誰かがお金を貸すことを意味します。勿論お金を物理的に裁断したり焼却...

2019年12月23日 22:40

日曜祝日くらいは休ませろ

さてコンビニ業界でもようやく、元日を休業とする動きが出てきたことが伝えられています。正月前後に色々なモノが壊れ急遽買い出しが必要になった経験はないでもありませんが、とはいえ元日の休業くらいは許容されて...

2019年12月16日 09:09

民主と報道

先週の政治界隈では「桜を見る会」についての報道が目立ったわけですが、この辺の影響はどうなのでしょうか。問題そのものへの評価では現・首相側に否定的なコメントが多いようにも見える一方、結果として与野党間の...

2019年12月09日 21:13

日本の縮図かどうかは分かりませんが

私の勤務先ですが、営業社員の約3割が東京本社に勤務しています。そして残りの7割が、全国の地方拠点に勤務しています。一方で売上については東京エリアの伸びが突出しており、2019年度の上半期は東京の営業だ...

2019年12月02日 10:41

あなたは人事を信じますか?

さて世の中には体罰容認の声も根強いものですが、こうした人々に共通しているのは何よりも「ナイーブさ」でしょうか。体罰が解禁されれば、自分たちが「悪」と感じている相手を、教員が体罰を以て制裁してくれると、...

2019年11月18日 08:14

就活なら、それでいい

小泉氏、得意の英語で環境外交=自民からは不安の声も(時事通信) 小泉進次郎環境相が海外要人と英語で会談を重ねている。得意の語学力を生かした形だが、気候変動対策をめぐる「セクシー」発言では物議を醸した。...

2019年11月12日 08:19

自浄能力がないのは学校界隈に限りませんが――

奈良の小学校教諭4人がいじめ・パワハラ証言 「秘書」とあだ名 学校側は否定(産経新聞) 奈良県大和郡山市の市立郡山南小学校で、2、3年の学級担任を務める教諭4人が同僚によるいじめとパワハラを訴え、9月...

2019年10月27日 22:15

患者側も頼んでいない、と思う

歯科衛生士法違反容疑 歯科医の女を逮捕 愛知県警(毎日新聞) 無資格の歯科助手に歯石除去をさせたなどとして、愛知県警は16日、同県岡崎市岩津町申堂の「京田歯科」院長、京田典子容疑者(66)を歯科衛生士...

2019年10月20日 22:50

校長の信頼厚い中核教員

「顔に熱湯やかん」「首絞め呼吸困難」教諭4人、いじめ行為50項目(読売新聞) 神戸市立東須磨小学校の教諭4人が後輩の男性教諭にいじめを繰り返していた問題で、被害教諭が市教育委員会に訴えている暴力や嫌が...

2019年10月14日 10:59

よくもそんなことを

野党、消費増税に一斉反発 枝野氏「不況の中で暴挙」(毎日新聞) 野党は1日、消費税率10%への引き上げに対し、一斉に反発を強めている。4日召集の臨時国会で追及を強める構えだ。 立憲民主党の枝野幸男代表...

2019年10月07日 22:08

利益と理想

「景気が回復したら、改革する意欲がなくなってしまう」とは、小泉純一郎の総理大臣時代の発言です。今でこそ小泉純一郎を持ち上げるのは専ら朝日新聞や旧民主党系議員が主体ですが、この発言当時は与党支持層も含め...

2019年09月29日 22:47

穴を掘って、それを埋めれば実績ができる

さて私の勤務先では、これまで外注していた業務を内製化する「改革」が進められています。事業部における今期の最重要課題として部門長肝いりのプロジェクトではあるのですが――同時に前年度からは、これまで内製し...

2019年09月23日 11:03

ある意味どうしようもない

日立会長、実習生問題で釈明 「ある意味申し訳ない」(朝日新聞) 外国人の技能実習生の受け入れをめぐって、日立製作所が法務省と厚生労働省から改善命令を受けたことについて、日立の中西宏明会長は、9日の経団...

2019年09月16日 12:41

受験のためのTOEIC

大学入学共通テスト、突然の撤退 TOEICの誤算とは(朝日新聞) 2020年度から始まる大学入学共通テストで活用される英語の民間試験から、TOEICが離脱することになった。なぜ、実施まで9カ月を切った...

2019年09月09日 13:50

パワハラしてこそ出世する

厚労省職員4割超、ハラスメント被害 「加害者が昇進」(朝日新聞) ハラスメント撲滅や働き方改革の旗を振る厚生労働省で、セクハラ・パワハラ被害に遭った職員が4割超おり、仕事が多いと感じている職員は6割を...

2019年09月01日 22:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。