One Voice Campaignの記事一覧

「ネット選挙運動解禁」へ向けた緊急アピール

画像を見る        谷本晴樹((財)尾崎行雄記念財団 主任研究員) twitter:harutani                                     ...

2013年02月12日 05:58

twitterは「メール」とは違うのでは?―河野議員の問題提起に答えます。

画像を見る谷本晴樹((財)尾崎行雄記念財団 主任研究員) twitter:harutani 1.河野太郎議員の問題提起 現在、与党自民党内で、インターネット選挙を解禁するための法整備に向けた議論がされ...

2013年01月28日 14:14

ここが変だよ!公職選挙法(1)。―なぜに選挙カーは「連呼」するのか。

画像を見る        谷本晴樹((財)尾崎行雄記念財団 主任研究員)1.なぜ「連呼」するのか? 選挙の時期になると、多くの人は「げんなり」するんじゃなかと思...

2013年01月22日 18:26

私たちの考えるインターネット選挙運動解禁

画像を見る        谷本晴樹((財)尾崎行雄記念財団 主任研究員)             &...

2013年01月17日 13:29

ネット選挙運動の解禁、そしてインターネットとこれからの政治に向けた一歩を

画像を見る 江口晋太朗(編集者、One Voice Campaign発起人)先週から、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、NHK、ニュースジャパン(フジテレビ)、NEWS23(TBS)など、イン...

2012年12月13日 14:57

ネット選挙運動解禁に、本気の政党はどこ?

画像を見る谷本晴樹((財)尾崎行雄記念財団 主任研究員) Twitter:@harutani 総選挙が4日に公示となり、候補者個人のホームページ、ツイッターなどのソーシャルメディアは、一斉に「沈黙」し...

2012年12月11日 15:57

[NoVoice → OneVoice] No.19 古賀茂明氏 (大阪府・市特別顧問/元内閣官房内閣審議官)

これからの日本のためにこれから日本の大きな変革が始まる。始めなければもう間に合わなくなってしまう。その大事な選挙で決定をするところに、1人でも多くの人に参加していただきたい。今の投票の仕組みだとどうし...

2012年06月05日 10:11

[NoVoice → OneVoice] No.18 嘉田由紀子氏 (滋賀県知事/未来政治塾塾長)

政治は未来をつくるもの若者が「仕事がない」「年金はどうなるんだろう」「子供が育てにくい」というのは、過去10年20年前にしっかりと仕組みを作らなかったからです。そして今の困難な状況にある若者には、政治...

2012年06月04日 12:44

[NoVoice → OneVoice] No.17 Emmy Suzuki Harris氏 (change.org 日本キャンペーン担当)

こんにちは、Change.org日本キャンペーン担当のハリス鈴木絵美です。 Change.orgとは署名キャンペーンのプラットフォームサイトで、毎月15万もの、環境や健康問題、人権や 社会正義の問題に...

2012年05月31日 10:34

[NoVoice → OneVoice] No.15 岩瀬大輔氏 (ライフネット生命保険 副社長)

One Voice campaignに賛同の人は、いいね!やコメントつけてシェアしてください...

2012年05月31日 10:33

[NoVoice → OneVoice] No.14 荻上チキ氏 (評論家/「αシノドス」「シノドスジャーナル」編集長)

■なにかしらの政治参加をしないと駄目だ、という危機感をもってほしいまず前提として、選挙や政治に参加「しない」ということは、それは要するに「損をしてもしょうがなくなる」ということです。なにかしらの政治参...

2012年05月30日 12:32

[NoVoice → OneVoice] No.13 勝谷 誠彦氏 (コラムニスト)

One Voice campaignに賛同の人は、いいね!やコメントつけてシェアしてください...

2012年05月30日 12:31

[NoVoice → OneVoice] No.12 飯田 哲也氏 (環境エネルギー政策研究所所長)

One Voice campaignに賛同の人は、いいね!やコメントつけてシェアしてください...

2012年05月29日 11:32

[NoVoice → OneVoice] No.11 岸博幸氏 (慶応大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

■インターネットを活用することはもはや当たり前なこと利点として、ネットが現在のように普及し一般レベルにまで使われている状態において、本来投票行為というものは、できるだけ多くの情報を知り、精査した上で投...

2012年05月29日 11:25

[NoVoice → OneVoice] No.10 上野千鶴子氏 (社会学者/WAN理事長)

インターネットは「情報の民主主義」のツール私のような還暦すぎた人間でも、今やiPadは手放せない。インターネットがこれだけ普及した時代に、これを政治の世界に持ち込まないということは本当に遅れているとい...

2012年05月28日 10:44

[NoVoice → OneVoice] No.09 関根 健次 氏 (ユナイテッドピープル株式会社  代表取締役)

インターネット選挙活動で判断材料が広がる禁止されている選挙運動期間中(2週間)に、政治に興味を持った場合、誰かから話を聞かない限り考え方が変わらない。インターネットで情報が見られることは判断をする上で...

2012年05月28日 10:35

[NoVoice → OneVoice] No.07 津田 大介 氏 ( ジャーナリスト/メディアアクティビスト )

One Voice campaignに賛同の人は、いいね!やコメントつけてシェアしてください...

2012年05月28日 10:33

One Voice Campaign ×宮台真司氏による対談企画

OneVoice Campaignのメンバーと、社会学者の宮台真司氏によるネット選挙運動に関する対談。 One Voice campaignに賛同の人は、いいね!やコメントつけてシェアしてくださ...

2012年05月28日 10:26

[NoVoice → OneVoice] No.08 宮台真司 氏 ( 社会学者)

インターネット選挙運動を肯定していく流れに 僕は、ちょうど2000年なんですが、何人かと一緒に総務省にロビィをかけて「公職選挙法における文書の頒布に実はインターネット選挙...

2012年05月26日 09:38

[NoVoice → OneVoice] No.05 西田 亮介 氏 ( 社会学者/立命館大学大学院特別招聘准教授 )

日本の国会議員におけるソーシャルメディアの活用状況いま、研究テーマのひとつとして、情報社会における政策に関心を持っています。具体的にはソーシャルメディアと国会議員についての研究を行っています。ソーシャ...

2012年05月24日 14:36

[NoVoice → OneVoice] No.06 家入一真 氏 ( paperboy&co.創業者 / partycompany Inc.代表)

時代とマッチした仕組みづくりを政治って、行っても無駄だと感じる前に、オヤジたちのものだというのが先にたってしまう。別にかっこよく、などとは言わないけど、いまってあまりに時代とかけ離れているんじゃないか...

2012年05月10日 00:00

[NoVoice → OneVoice] No.04 田原 総一朗 氏 ( ジャーナリスト )

ネット選挙によって、政治家が変わる世の中にーー選挙活動において、ネットが禁じられているという状況が09年にあり、法改正をおこなおうと動いていたがゴタゴタがあった。いまだ達成できていない状況ですが、ネッ...

2012年04月28日 00:00

[NoVoice → OneVoice] No.03 萱野 稔人 氏 ( 津田塾大学准教授 )

ネットによる情報公開と政治の決定権の独占が揺らぐK: インターネットの登場によって、政治だけでなく民間でも多くの情報開示が進みました。例えば、ネットもなくテレビもそれほど発達していなかった時代に、アメ...

2012年04月27日 00:00

[NoVoice → OneVoice] No.02 熊谷 俊人氏(千葉市長)

政治家を選ぶ仕組みである選挙制度を変えなければ 政治家はわたしたち国民から選ばれます。しかし、いまはその政治家を選ぶプロセスに問題があります。その根っこである選挙制度をかえなければダメです。 ...

2012年04月26日 00:00

[NoVoice → OneVoice] No.01 駒崎 弘樹 氏 ( 特定非営利活動法人 フローレンス代表理事 )

行政と民間企業や NPO は協働していくものK: これまでの時代は、税収が右肩上がりで行政にある程度任せることができたが、いまの経済状況において、行政がすべてをおこなうことはほぼ不可能になってきました...

2012年04月25日 00:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。