村上のりあつの記事一覧

改憲を唱えながら、美しい国を訴えながら、政治の私物化疑惑にまみれる安倍晋三首相

結局、何をなさりたいんでしょうか、安倍晋三首相?東京高等検察庁の黒川弘務検事長が辞意を表明したとのこと。この時期に三蜜環境で、賭けマージャンときたら、辞任やむなしでしょう。それにしても、安倍晋三首相は三権分立を侵害するとまで非難を受けるなか黒川弘務氏の定年延長を閣議決定し、多くの国民が反対するなか、それを後付けで法制化しようとしました。これまで安倍政権には数々の政治の私物化疑惑、森友学園、加計学園...

2020年05月22日 07:48

論点外しの大阪維新の吉村府知事

著名人もどんどん発言していくのは賛成、はおっしゃる通り#検察庁法改正案に抗議します のハッシュタグがもの凄い数で拡散される中、言論人の中には「芸能人だから、歌手だから政治のことは分からないだろう」とい...

2020年05月14日 07:21

三権分立を破壊する安倍晋三内閣と、日本維新という提灯もち政党

[画像を元記事で見る]このままでは日本は世界の笑い者どころか、危険視されるメチャクチャとしか言いようがない!安倍晋三内閣は歴代最悪。この記事にあるように、多くの皆さんが声を上げる、いや声を上げざるを得...

2020年05月11日 14:17

国民を自己実現の道具と見ているとしか思えない政権幹部

競泳の池江璃花子選手が白血病に罹られた件についてのコメントで、自民党の桜田義孝五輪担当大臣の発言が大きな問題になっている。桜田大臣は池江選手のことを気遣いつつも「がっかりだ」「盛り上がりが若干、下火に...

2019年02月18日 07:48

高度プロフェッショナルは働く現場を知らない政治家の仕業

参議院で審議されている働き方改革の法案。その中に含まれる高度プロフェッショナル制度(高プロ)は、過労死を増加させるのではないと危惧されています。まさしくその通りだと思います。そして、そのような法案を通...

2018年06月26日 08:24

安倍首相の呆れた解散劇。本当にやるのでしょうか?

安倍首相が解散を言い出しました。臨時国会が開かれる9月28日にすぐにでもという報道も出ています。これは正直、信じがたい情報でした。もちろん総支部長である私は選挙の準備に向けて動いている訳ですが「本当に...

2017年09月19日 08:06

独裁国のジャーナリストしか「権力追及」の誇りをもってはいけないのか?

菅官房長官に対して執拗に質問を繰りだす東京新聞の望月記者に関する記事内容に対して「吐き気を催す」と毒づいている石平太郎さんのツイートが話題になっています。この望月記者の記事(http://gekkan...

2017年09月12日 19:12

ゼロイチで単純化し思考停止する風潮の危うさ

民進党の代表選に見られたゼロイチの二元報道民進党の代表に前原誠司氏が決まりました。9月5日には執行部人事も発表され、民進党の新たな船出に我々公認予定候補者も気合が入った一日でした。実際に両候補の演説や...

2017年09月07日 10:18

人類の歴史を考えれば、特定人種の至上主義がいかにくだらないか!

アメリカのバージニア州シャーロッツビルでは、南北戦争で黒人奴隷制度維持のために戦った南軍のロバート・リー将軍の銅像の撤去に当たって、衝突が起きました。白人至上主義者とそれに抗議する人たちが衝突して、不...

2017年09月02日 11:43

人生・働き方いろいろ!変化の中で多様な働き方ができるのが楽しい社会!

今日、ある大企業の労働組合の方と意見交換をしていました。私の経歴を事前に調べておられたので経営のお話にもなり、また労働組合の方々も転職を否定することはないなど、楽しい話ができました。昨今ブラック企業の...

2017年08月30日 12:46

誰のために忖度するのか?

アメリカ留学時にネゴシエーション(交渉)の勉強をしたのですが、そこで印象的な言葉に出会いました。それは「相手の靴を履く」です。“Put yourself in your opponent shoes”...

2017年08月21日 09:30

安倍首相の言動不一致、なぜそこまで公然とできるのか?

安倍首相は、今年の通常国会閉会後の6月19日の記者会見で「野党のあげ足取り的な質問に感情的になり申し訳ない。時間を浪費した。今後、何か出てくれば真摯に説明していく」と明言しました。記憶に新しいかと思い...

2017年08月06日 08:24

謙虚なアメリカの人!

いま政治の世界では、稲田防衛大臣の虚偽答弁疑惑による辞任がありました。今日のニュースによると、自民党の竹下国会対策委員長は「辞めて立派に責任を取ったということで、稲田前防衛大臣を安保委員会に参考人とし...

2017年08月01日 09:15

遠い国は同じように見える?近くの国もよく知らない…

都議会議員選挙は自民党の大敗。われわれ民進党も席を減らし受け皿にはなれていません。一方で「尊厳ある社会保障制度」など、民進党の抱くビジョンを作成しクリアに伝えていく準備が進行中です。できるだけ早く、有...

2017年07月05日 16:46

緩んでいるのは2年生議員ではなく、自民党の中枢

稲田防衛大臣の暴言、それをかばおうとする安倍首相。稲田氏は、自衛隊を自民党内の下部組織くらいに思っているのでしょうか?「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と選挙応援で語っているのは...

2017年07月01日 10:25

収入が多くても少なくても、みんながお互いさまで支えあう「All for All」

民進党の「尊厳ある生活保障総合調査会」のアドバイザーをしていただいておりますのは、慶應義塾大学経済学部の井手英策先生です。民進党の結党宣言にある「自由、共生、未来への責任」のなかでも特に「共生」に関す...

2017年06月27日 16:11

下手な責任転嫁をする安倍政権

去る月曜日に、国会が終わってからの安倍総理の記者会見がありました。会見は19時頃に終了したかと思うと、そのタイミングに合わせたように大阪地検特捜部が籠池元理事長の自宅や学校などを家宅捜査。さらには、2...

2017年06月22日 08:22

国民をゲス呼ばわりするに等しい、自民党の高村正彦副総裁

加計学園の問題、当初出ていた「官邸の最高レベル、首相のご意向」という文書は存在しないとし、菅官房長官は怪文書呼ばわりしていました。一方で前川前事務次官が記者会見で「文書はあった。あったものをなかったも...

2017年06月17日 19:26

共謀罪をゴリ押しする安倍政権が存在できる理由は?

いま、6月14日の22時半頃ですが、深夜から明日未明にも安倍政権は、国会運営を蔑ろにする、委員会採決をすっとばした共謀罪強行採決の暴挙に出ようとしています。共謀罪に関して緊迫した状況ですが、安倍政権を...

2017年06月15日 08:57

日本は資源国である!

前のブログでは、人への投資ということで、就学前教育や高等教育などの教育投資について書きました。教育投資は社会保障政策であると当時に経済政策でもあるのです。自民党は日本維新と組んで、憲法に教育の無償化を...

2017年06月01日 15:23

格差是正にも経済政策としても有効な「人への投資」

フランスやアメリカの大統領選挙、自国ファーストを訴えグローバリズム批判する風潮が蔓延しています。グローバルに人が関与し、モノやカネが行きかう自由貿易は廉価で良い製品やサービスを提供されるいい仕組みであ...

2017年05月24日 11:54

グローバリズムを活かすためにも必要である所得の再分配

トランプ氏の排他主義、そしてフランス大統領選挙について前回ブログを書かせてもらいました。イギリスのEU離脱なんかもそうですが、昨今はグローバリズム批判が多く見られます。しかし、グローバリズムが全体のパ...

2017年05月19日 10:46

国民の恐怖心を煽って通そうとしている共謀罪

国会で紛糾している共謀罪、テロ防止のため必要な法律だということです。多くの論客がこの法律には言及していますが、私は「国民を欺いている」という観点でこの法案の問題点を指摘します。国民を欺く①: 共謀罪な...

2017年05月18日 17:23

フランスの大統領選挙に見る。問題はグローバリズムでなく富裕層ファースト!

先週末、フランスの大統領選挙の決選投票が終わりました。マクロン氏の勝利ということで、ヨーロッパの自国中心主義が少しは弱まってきたのかなと、排外主義が弱まっているのかなと、私なりに少々安堵していました。...

2017年05月15日 14:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。