情報ネットワーク法学会の記事一覧

発信者の責任を明らかにする「ジャーナリスト登記」の可能性

他のサイトの記事や画像、動画を引っ張ってきて、引用元も明記せず、自分で作ったものであるかのように掲載する。こんな「パクリ」記事の存在がネットメディアで問題になっている。ネットコンテンツの著作権侵害は以前から問題視されてきたが、ソーシャルメディアでの拡散を狙った「バイラルメディア」が急速に普及する中で、改めてクローズアップされるようになった。メディアを取り巻く環境を「マトモ」なものにするためには、ど...

2014年10月22日 10:14

新興ネットメディアがブレない「ポリシー」を持つべき理由

インターネットの地域ニュースサイト「みんなの経済新聞ネットワーク」は、「ハッピーニュース」を扱うことを掲げており、事件・事故や政治・行政といった「権力」や「政治的利害」が絡んでくるような記事をあまり扱...

2014年10月15日 08:22

もうからなくていい?「兼業ネットメディア」の可能性

ネットメディアの世界では、ローコストで記事を拡散することを狙い、ヒット記事を「パクる」ことが問題視されつつあるが、ネットメディアが自ら記事を作ることにはどんなメリットがあるのだろうか。手間ひまかけて記...

2014年09月30日 09:50

ニュースとECの融合、震災の「風化」に負けない情報発信

東日本大震災からの復興を目指し、さまざまな支援事業が行われている。しかし、発生から3年以上が経過したいま、徐々に「風化」が指摘されるようになった。単純な復興ストーリーの発信だけでは伝わりにくくなる中、...

2014年09月25日 06:26

地域発のヒット商品、都会の「よそ者」が果たした役割

東日本大震災が発生してから3年半以上が過ぎた現在、被災地では復興支援活動が続けられている。ヤフーは宮城県石巻市に支社「ヤフー石巻復興支援ベース」を開設して、現地の特産品を販売したり、イベントを開催した...

2014年09月18日 06:56

電子書籍時代、図書館は情報収集の拠点に生まれ変わる?

コンテンツがすべてデジタル化されれば、紙の書籍の貸し出しを行ってきた各地の図書館はどうなるのだろうか。極論で考えると、国立国会図書館がデジタルデータを直接配信してしまえば、それだけで事足りる世界がやっ...

2014年06月24日 12:04

住民の「無料貸本屋」ニーズ、図書館はどう向き合うべき?

カフェやコミュニティスペースの併設、ビジネス情報支援など、本の貸出にとどまらない「つながる図書館」が登場することで、公共図書館のあり方に変化が訪れている。では、本来、図書館が担ってきた本の貸出機能はど...

2014年06月16日 08:23

それって図書館?住民のお悩み相談にも対応

住民の情報アクセスやコミュニケーションの拠点として、各地の図書館を活用しようという動きが出てきた。ネット上ではカフェを併設した図書館などが話題になることが多いが、本の貸し出しにとどまらず、新たな住民サ...

2014年06月03日 07:43

地域メディアの将来像は寂れた駅前百貨店なのか

地方都市の郊外に大型のショッピングモールが開業して、中心市街地がどんどん廃れていく。そんな構図は全国各地で繰り広げられているが、メディアの世界でも同様のことが言えるかもしれない。インターネットを通じて...

2014年05月14日 11:48

ソーシャル拡散力に頼らない、「美少女図鑑」の浸透戦略

美少女図鑑というフリーペーパーをご存じだろうか。もともとは新潟で発刊した媒体で、地元の素人女性をモデルとして募り、発行を続けている。そのコンセプトは全国に広がり、今では全国約20都市で発行されている。...

2014年05月12日 07:29

地元の仲間に縛られる都会のソーシャル大学生

都市の発展は、地縁や血縁に縛られない「無縁」で「匿名」の世界が担保されたことにより実現した。多様な人々が集い、創造性を発揮できるからだ。しかし、都市の匿名性は、いつでも誰かとつながっているソーシャルメ...

2014年05月05日 06:43

「誰にもバレない」都会の魅力がソーシャルメディアで丸裸に

戦後の日本社会は、地方から都市へと人材が流動化することによって、新たな活力が生まれ、発展の原動力となってきた。人に気付かれない「匿名性」が都市に担保されることで、多様な人材がしがらみなく結びつくことが...

2014年04月28日 07:47

巧妙化する政策マーケティングへの対抗手段

ネットを通じて政治家に意見を届けることが容易になり、署名・請願サイトなども立ち上がってきたが、政治の側からの情報発信をどうとらえればいいのだろうか。特に、政治家が、有権者受けの良さそうなテーマを見極め...

2014年03月26日 07:58

ネット署名活動はポピュリズムと表裏一体なのか

インターネットの活用によって、市民の声を政治・行政や企業などに届けることが容易になった。そんな仕組みの1つが、インターネット上での署名・請願活動だ。街頭署名と比べて手間がかからず、気軽に応じやすい。過...

2014年03月24日 07:49

炎上対策を国家の「ビッグ・ブラザー」に委ねていいのか

ソーシャルメディアの炎上対策が求められる中、駒沢大学の山口浩教授は、ソーシャルメディア上の人格をリアルな人格と切り離して、情報発信者を炎上から守る「分人」の法人化を提唱している。しかし、現実の運用を考...

2014年03月10日 07:12

ソーシャル人格を作って、ネットの「私刑」回避

ソーシャルメディアでの発言をきっかけに、過去の発言や友人のツイート、別のサイトに掲載された断片的な情報から本人特定が行われ、炎上してしまうケースが後を絶たない。照合作業の機会を待ち構えているユーザーも...

2014年03月03日 06:29

技術の「見えざる手」がネット言論を形成する

2013年5月に「ネットメディア界の黒船」として、鳴り物入りで始まったネットメディア「ハフィントンポスト日本版」。メディアとしての地位を確立したオリジナルの米国版のように、ネットにおける「良質な言論空...

2014年01月27日 07:03

無視され続けてきた「菌類学」、ネット発で増殖

「ブロゴス」や「ハフィントンポスト日本版」、「Yahoo!ニュース 個人」といった、ブロガーの記事を集めて、情報を発信するネットメディアが勢いを増している。ブロガーとネットメディアの関係性は、作家と出...

2014年01月20日 07:56

メディアの多様化と「公平・中立」の未来

インターネットを活用した選挙運動の解禁によって、発信手段が増え、爆発的な量の情報が飛び交うようになった。そこで重要となってくるのが情報の「公平性・中立性」だ。従来、マスメディアがそのスタンスを掲げ、時...

2013年12月26日 07:45

「政治タイムライン」のキモさから逃れるには

インターネットを活用した選挙運動の解禁をきっかけに、政治に関する情報がソーシャルメディア上で活発に流れるようになった。しかし、ちょっとした発言をきっかけに、見ず知らずのアカウントから突然、批判や中傷の...

2013年12月09日 11:25

ネット選挙に忍び寄るプロパガンダ

7月の参院選では、選挙期間中のインターネットの活用が解禁されたことを契機に、政党や候補者による情報発信が活発になった。その鍵を握るのは、ソーシャルメディアで、何が評判になっているのかを探る「ソーシャル...

2013年11月22日 12:00

「まとめ人」を資格制にして、無責任な発信を禁止すべきか

ソーシャルメディアの空間がコントロールの難しい「万人の万人に対する闘争」と化す中、闘争を助長しかねないものとして、「2ちゃんねるまとめ」や「NAVERまとめ」、「Togetter」など、ユーザー自身が...

2013年11月11日 06:44

マスメディア時代よりも悪い私刑化社会

「ソーシャルメディアの登場によって、誰もが自由に意見を表明できるフラットな空間が生まれた」。インターネットでのコミュニケーションについては、このような理想論が語られることもあるが、現実には、親切を装っ...

2013年11月01日 11:15

ヤフーが「ネット界のNHK」で良かった訳

月間87億ページビューのアクセスを誇るインターネット界の「巨人」Yahoo!ニュース。トピックスに取り上げられると配信元のサイトには多くのユーザーが殺到する事象は「Yahoo!砲」とも呼ばれ、巨大な影...

2013年10月25日 07:08

ネットに「黒歴史」残さないために「バカ基準」を

ネット上に残しておきたくない過去の「黒歴史」。ソーシャルメディアで無制限に広がってしまえば、永久にネット上に残り続ける可能性もある。さらに、悪意のある第3者がネット上にデマをまき散らすことで、気付かな...

2013年10月17日 10:46

電凸を無許可でネット生中継しても許されるのか

ソーシャルメディアを使っていなくても、誰かに情報を流されてしまえばどうしようもない。企業などに電話で問い合わせる「電凸(でんとつ)」と呼ばれる行為がある。電話は、本来相手との1対1のコミュニケーション...

2013年10月10日 08:02

グーグルグラスですれ違った女性の情報がだだ漏れに?

グーグルが開発したメガネ型情報端末「グーグルグラス」のように、身に着ける「ウェアラブル端末」が普及すると何が起きるのだろうか。リアルとネット上の情報とリンクさせれば、すれ違う他人の情報を知る事も技術的...

2013年10月04日 07:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。