西村康稔の記事一覧

バイデン大統領就任への祝意と、決意

バイデン大統領、ハリス副大統領のご就任に心よりお祝い申し上げます。日米を始めとした民主主義という普遍的な価値観を共有する国同士が強い絆を維持・発展させることは、世界の安定にとって何よりも重要だと考えます。私自身、官房副長官として、安倍前総理、トランプ前大統領の首脳会談に9回、電話会談を入れると32回同席し、2人の首脳が厚い信頼関係を構築し、胸襟を開いて意思疎通を図ることの大切さを肌で感じました。バ...

2021年01月22日 07:31

2021年 新年の決意

1. 新年おめでとうございます。昨年中もご指導ご支援を賜り感謝申し上げます。2. 昨年3月に、安倍総理から新型コロナ対策の担当大臣に任命され、新型インフル特措法の改正、緊急事態宣言といったこれまで日本...

2021年01月01日 10:14

大晦日のご挨拶

1. 年末年始も奮闘されている医療従事者の皆様には心から敬意を表します。これ以上感染が拡大すると医療が持ちません。東京はじめ過去最多の水準で増加傾向が続いています。このまま感染拡大が続けば、国民の皆様...

2020年12月31日 08:46

強い危機感をもって新型コロナ対策を強化、第3次補正予算案閣議決定

1.新型コロナ新規感染者数については、専門家、都道府県知事と連携して対策を強化してきた結果、急激な増加は回避されていますが、減少に転じさせることは出来ていません。医療が逼迫してきており、強い危機感を持...

2020年12月18日 15:36

経済再生・新型コロナ対策担当大臣に再任、感染防止と経済活動の両立へ

1.9月16日の菅新政権の発足に伴い、経済再生、TPP、新型コロナウイルス感染症対策担当、全世代型社会保障改革担当大臣に再任されました。感染拡大の防止と経済社会活動の両立という我が国の最重要課題を引き...

2020年10月14日 12:10

令和2年7月豪雨の状況と感染症対策、国・自治体・専門家ワンチームでの「夜の街」対策

1.先週から梅雨前線が停滞しており、本日も各地で激しい雨が降っています。今回の令和2年7月豪雨では、7月10日現在61名の方がお亡くなりになるなど大きな被害が発生しています。お亡くなりになった方々に心...

2020年07月13日 10:53

「経済再生担当大臣」「全世代型社会保障改革担当大臣」に就任

1.9月11日、「経済再生担当大臣」、「全世代型社会保障改革担当大臣」を拝命し、併せて、経済財政政策全般を担当することになりました。これまでの皆様方のご支援のおかげです。心して取り組みます。総理からは...

2019年09月17日 19:35

2019年 新年の決意

1.新年おめでとうございます。昨年も1年間、ご支援を賜り感謝申し上げます。2.自然災害の多い1年でした。地震、豪雨、度重なる台風(淡路では風車が倒壊しました)など、自然災害が相次ぎました。被災者の方々...

2019年01月02日 07:44

TPP11が発効へ、日EU・EPAも衆議院通過~自由で公正な貿易の旗手として世界経済の繁栄と日本の発展に貢献~

1.TPP11が12月30日に発効することになりました。かつて内閣府副大臣として甘利大臣の下で交渉に携わった者として、格別に感慨深いものがあります。(1)輸出品については以下のような恩恵があり、成長す...

2018年12月04日 17:45

カジノを含む総合型リゾート(IR)の整備推進法案についての追加説明NHK「日曜討論」に出演、お台場B1グランプリ明石玉子焼き支援のお願い

1.IR法案について、もう少し詳しく知りたいとのご意見を頂きましたので、昨日のファックスに続いて、追加して説明させていただきます。IRとは国際会議場、宿泊施設、ショッピングセンター、劇場、カジノなどの...

2016年12月03日 00:00

自民党筆頭副幹事長に就任、第2次補正予算案を閣議決定

自民党筆頭副幹事長に就任、第2次補正予算案を閣議決定1.8月3日の内閣改造・党役員人事において、総裁特別補佐に就任いたしましたが、それに続き、党本部の「筆頭副幹事長」、「選対副委員長」を拝命いたしまし...

2016年09月02日 00:00

TPP対策事務局長、一億総活躍本部事務総長に就任~補正予算を視野に対策をとりまとめ~

1.日頃よりご支援ご指導ありがとうございます。このたび、内閣府副大臣を退任することになり、新たに自民党において、TPP総合対策実行本部事務局長、一億総活躍推進本部事務総長として補正予算に向けた調整など...

2015年11月05日 00:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。