日本財団の記事一覧

一億総活躍時代の具体的姿示せ

少子高齢化で深刻化する労働力不足を前に、外国人労働者の受け入れの是非が論議を呼んでいる。9月5日付の本欄で筆者は、わが国には「働きづらさ」を抱え就労できていない障害者やひきこもりなど1600万人近い潜在労働力があり、1億総活躍社会を実現する上でも、これら多様な人々が働く社会の実現が急務と指摘した。 労働力不足は600万人に労働力の不足は、政府が今後5年間に最大34万人の外国人...

2018年12月13日 18:34

障害者がロボットを遠隔操作し接客

実証実験用のカフェがオープン2020年 常設店の開設目指す日本財団、オリィ研究所が分身ロボットを活用して進める重度障害者の就労支援にANAホールディングス(ANAHD)が参加することになり、11月26...

2018年11月28日 15:11

メダル獲得数198!アジアパラ競技大会での日本勢の活躍

アジア競技大会に続き、10月にジャカルタで開催されたインドネシア2018アジアパラ競技大会。日本勢は17競技に304選手が出場。金45個を含む198個のメダルを獲得したなかには、期待の若手も多くいた。...

2018年11月13日 14:04

サブサハラで今も続く悲惨な“アルビノ狩り”

子どもや女性が犠牲に 背景に誤った呪術信仰初の「東京アルビニズム会議」開催メラニン色素の減少や欠損で起きる遺伝性疾患アルビニズム(白皮症)の子どもや女性が身体の一部や命を奪われる悲惨な事態がアフリカで...

2018年11月12日 12:22

18歳の60%、成人年齢引き下げに賛成

一方で「自身を子どもと思う」も60%日本財団、「18歳の意識調査」開始民法改正で現在の20歳から18歳となる成人年齢の引き下げについて、当の18歳の60%が賛成と答え、内閣府の世論調査など各種調査で6...

2018年10月04日 15:36

一億総活躍の取り組みこそ先決

(産経新聞【正論】2018年9月5日掲載)日本財団会長 笹川陽平政府は6月に閣議決定した「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)で、これまで原則禁止としてきた「単純労働」分野での外国人就労を受け...

2018年09月06日 10:36

分身ロボット活用し重度障害者の就労確保

分身となるロボットを遠隔操作することで重度の障害者の就労も可能になるー。日本財団は「はたらくNIPPON!計画」・障害者就労支援プロジェクトの一環として分身ロボット「OriHime-D(オリヒメディー...

2018年08月24日 15:15

「日本版カジノ」導入 ギャンブル依存症対策が急務

(リベラルタイム2018年8月号掲載)日本財団理事長 尾形 武寿カジノを含む総合型リゾート施設(IR)実施法案をめぐる国会審議が大詰めを迎え、西日本豪雨対策など流動的要素があったものの、七月二十二日ま...

2018年08月06日 13:48

二階幹事長殿 海の日の固定を

(産経新聞【正論】2018年7月19日掲載)日本財団会長 笹川陽平祝日には託された意味がある7月16日に今年の「海の日」を迎えた。秋にかけ全国で約1500に上る関連企画や催しが開催され、青少年を中心に...

2018年07月19日 18:33

最終的に延べ50万人のボランティア必要

被災経験自治体からの専門職員派遣など要請日本財団、100億円規模の支援策発表西日本を襲った「平成30年7月豪雨」で日本財団は9日、被災地に入るNPO・ボランティア団体の活動支援、避難所への簡易トイレの...

2018年07月10日 09:36

「東京を動かすボランティア」

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで700日あまり。9月にはボランティアの募集も始まる。いよいよ開催準備も大事な段階にさしかかった。日本財団ボランティアサポートセンター(ボラサポ)では...

2018年06月15日 09:51

「日本財団パラアリーナ」が完成

東京お台場に専用体育館2020年に向け練習環境を整備約2年後に控えた2020年東京パラリンピックに向け、練習環境の整備を目的にしたパラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」が東京お台場に完成し6月...

2018年06月06日 09:00

平昌パラリンピックブログ6 メダリスト凱旋トークショー

「挑戦する闘志、あきらめない心で獲得した10個のメダル」平昌冬季パラリンピックのメダリスト4選手が20日、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)が主催し、東京・赤坂の日本財団ビルで開かれた...

2018年03月26日 14:11

平昌パラリンピックブログ① 日本財団パラアスリート奨学生の挑戦

「ほろ苦い経験を未来に…」第10回冬季パラリンピック平昌大会は3月9日、平昌オリンピックスタジアムで開会式を行い、10日間にわたる会期の幕をあけた。パラリンピック、パラアスリート支援に力をいれる日本財...

2018年03月12日 16:05

「こう書けと 妻に下書き 渡される」

日本財団は第2回ゆいごん大賞「ゆいごん川柳」の受賞作10句を2月28日、ウェブサイトで発表した。大賞1点には大阪府に住む女性(58歳)、ペンネーム「あーさまま」さんの「こう書けと 妻に下書き 渡される...

2018年02月28日 17:20

日中佐官級交流、6年振りに再開へ

4月にも中国人民解放軍佐官団日本へ将来は災害相互派遣なども検討尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に伴い2012年10月に中止された日中佐官級交流事業が6年振りに再開されることになった。2月5日、笹川平...

2018年02月06日 12:26

小泉元総理と笹川会長が対談

北朝鮮問題から財政問題まで広範に文藝春秋の新年特別号企画「文藝春秋」の新年特別企画として小泉純一郎元内閣総理大臣と笹川陽平日本財団会長の対談が行われ、その内容が8日発売された2018年1月号の巻頭特集...

2017年12月08日 13:53

「貧困状態の子どもの学力は10歳を境に急激に低下」

大阪府箕面市の2.5万人データで判明日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム分科会大阪府箕面市に住む0歳から18歳までの子ども約2万5千人のデータを分析した結果、貧困状態にある子どもの学力は10歳(...

2017年11月19日 11:04

日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017開会

小泉進次郎議員が基調講演18日から23の分科会開く我が国の複雑化した社会課題を解決するため、第一線で活躍している専門家や活動家が集まり「にっぽんの将来」を議論する国内最大規模のイベント「日本財団ソーシ...

2017年11月17日 19:41

安倍首相が香取慎吾さんと握手!

日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展に来場10月30日(月)に、 安倍首相が「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展」に来場し、作家の香取慎吾さん、竜之介さん...

2017年10月30日 17:49

香取慎吾さんが来場!メッセージどおり「僕とここで握手!」

香取慎吾さんが10月23日(月)夕方、日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に訪れました。動画で「僕とここで握手!」とメッセージを寄せていたとお...

2017年10月24日 14:56

対北朝鮮への圧力強化で連携呼び掛け

小野寺防衛大臣 ミャンマー国軍訪日団に日本・ミャンマー将官級交流プログラム日本財団が自衛隊の協力で進める「日本・ミャンマー将官級交流プログラム」で4回目の訪問団10人が8月21日来日、防衛省に小野寺五...

2017年08月27日 15:31

就籍手続きで日本国籍取得200人に

2006年から12年でなお900人、急がれる国の対応新たに戸籍を作り国籍を取得する「就籍」手続きで日本国籍を手にしたフィリピン残留日系人2世が7月27日までに200人に達した残留2世の多くは終戦の混乱...

2017年07月30日 18:09

「自殺行為だが、あの時は止まらなかった」

第48回社会貢献者表彰式女子高生救った坂本さん危険を顧みず人命救助した人や、人々の幸福のために尽くした団体・個人を表彰する第48回社会貢献者表彰式典が7月21日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれた。人...

2017年07月25日 10:00

次代担う若者の“海離れ”鮮明に

40代以上では「海にとても親しみを感じる」が多数を占めているのに対し、10〜20代では逆に否定的回答が多数に上り、10代の3人に1人(29.6%)は「海に接していても心地よくない」と答えている―。日本...

2017年07月14日 13:37

金正恩氏の「目を覚まさせる必要」

核開発は“全世界の脅威”米太平洋軍司令官が制裁を強調北朝鮮の弾道ミサイル発射に国際社会の非難が高まる中、訪日中の米太平洋軍のハリー・ハリス司令官(海軍大将)が5月17日、笹川平和財団で講演を行い、北朝...

2017年05月18日 12:23

豊洲と福島の「安心」を醸成せよ

(産経新聞【正論】2017年5月1日掲載)東京・築地市場の豊洲新市場への移転をめぐり「安全・安心」の議論が盛んである。東電福島第一原発事故でも1ミリシーベルトの除染基準をめぐる同様の議論が発生から6年...

2017年05月08日 09:57

都市との格差解消、日本から学べ

農村のリーダー育成に向け交流事業福建省と日本財団、日中友好基金リンク先を見る福建省には唐、宋時代に起源を持つ古い集落も=武平県・中山古鎮中国・福建省と日本財団、笹川平和財団・日中友好基金室の間で中国の...

2017年04月20日 10:15

さまざまな緊急・支援活動を展開

日本財団、震災発生に即応熊本、大分両県を襲った大地震から1年昨年4月に熊本、大分両県を襲った大地震から1年。日本財団が震災発生直後から展開してきた緊急・復興支援活動について振り返ります。熊本県が4月1...

2017年04月14日 13:56

東日本大震災の発生から6年…

日本財団の海洋関連の支援今後のキーワードは「次世代」1万6,000人近くが犠牲になり、3,000人以上が今なお行方不明になっている東日本大震災から6年。被災地の復興の遅れが指摘されている一方、若者を中...

2017年03月11日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。