金明秀の記事一覧

わかりにくいレイシャル・ハラスメント #3 差異の不承認の場合

今回も、引き続き、「連鎖」を題材にレイシャル・ハラスメントについて考えていきます。告発を受けたAさんも上司も、それぞれのふるまいがレイシャル・ハラスメントに相当するということに気づかなかったのはなぜかという問題です。 (3)差異の不承認(アイデンティティ政治の否認)の場合 じつは、「日本人と同じに扱う」ことがレイシャル・ハラスメントになりうる場合があります。正確にいうと、「出自にともなう文化的背景...

2015年06月06日 08:13

わかりにくいレイシャル・ハラスメント #2 二次加害の場合

前回に引き続き、「連鎖」を題材にレイシャル・ハラスメントについて考えていきます。告発を受けたAさんも上司も、それぞれのふるまいがレイシャル・ハラスメントに相当するということに気づかなかったのはなぜかと...

2015年06月03日 11:00

わかりにくいレイシャル・ハラスメント #1 悪意をともなわない場合

2008年の記事で、レイシャル・ハラスメントが連鎖的に進行する事例について紹介したことがあります(「連鎖」)。この事例では、告発を受けたAさんも上司も、それぞれのふるまいがレイシャル・ハラスメントに相...

2015年06月02日 09:40

法的概念としてのハラスメント、社会学的概念としてのハラスメント

セクシュアル・ハラスメントという言葉が日本に輸入されたのは、周知のように1980年代末の裁判闘争を通じてのことであった。その後、1999年4月には改正「男女雇用機会均等法」の施行によってセクシュアル・...

2015年05月29日 22:33

レイシャル・ハラスメントのターゲットは学生だけではない

厚生労働省の指針ではセクシュアル・ハラスメントを次の二つのタイプに分けています。対価型セクシュアル・ハラスメント職務上の地位を利用して性的な関係を強要し、それを拒否した人に対し減給、降格などの不利益を...

2015年05月28日 14:59

大学におけるレイシャル・ハラスメント

おそらく、セクシュアル・ハラスメントを防止するための規程のない大学は日本には残っていないはずである。1999年に文部省(当時)から出された通知などを踏まえて、各大学とも規程を整備したためである。 それ...

2015年05月27日 06:43

レイシャル・ハラスメントとは

レイシャル・ハラスメントという言葉がある。米国ではセクシュアル・ハラスメントと並んで、就業環境を害する言動としてしばしば損害賠償命令が出されている。具体的には、深刻な人種的差別が発生してもそれが放置さ...

2015年05月26日 08:51

日本における排外主義

昨日、「マイノリティが標的とされる現在」というシンポジウムで話をする機会を得ました。 好意的な評価もありましたが、「わかりにくい」「むずかしい」という指摘もいただきました。統計的な分析に基づく議論をう...

2012年12月10日 12:23

フィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(3)

前回の記事では、移民の中には、自ら「モデルマイノリティ」と呼ばれたがる人たちがいることを取り上げました。 その理由として、「マジョリティの価値観を習得すればマジョリティに仲間入りできる」と考えてしまう...

2012年11月20日 20:18

フィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(2)

第1回の記事では、保守的な移民一世がその社会にすでに定着しているマイノリティに対して排外主義的な暴言を投げかける現象を紹介しました。しかし、保守的な人物であっても、かならずしも排外主義的な暴言を発する...

2012年11月19日 01:13

フィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(1.5)

本題に入る前に、素材となるフィフィさんのツイートを整理しておきましょう。というのも、フィフィさんは関連のツイートをほとんど削除してしまっていますので、簡単にはアクセスできない状況になっているためです。...

2012年11月18日 23:04

フィフィさんのツイートに学ぶ移民社会(1)

日本で議論される「移民論」というと、受け入れ態勢の改善に触れないままの安易な受け入れ論であったり、一人でも受け入れると社会秩序が崩壊するといわんばかりの閉鎖論であったり、どうにもリアリティに欠ける極論...

2012年11月17日 22:22

大学教員の「業務」と「私的な言論」

学術研究1研究環境の整備2専門の研究活動3著書・論文の刊行4学会発表5学会の運営6研究費補助金の申請7サバティカル8専門の研修への参加教育9カリキュラム・開講科目表の編成、時間割作成10学生ニーズの把...

2011年12月09日 09:46

「反社会的」とはどういうことか

ある言動が「反社会的」だからという理由で非難されることはめずらしくありません。刑法に触れるような行動はもちろん、カルトなどはたとえ違法な行為を行っていなくとも「反社会的」な存在だとして批判されることが...

2011年12月09日 09:10

片山さつき氏による見下げ果てた煽動

集団内の誰かをこき下ろすことで、集団内に一体感が高まることがあります。「黒い羊効果」や「他者化」と呼ばれる現象です。こき下ろされる「誰か」がランダムに決まるのであれば問題はすくないといえますが、実際に...

2011年09月26日 17:48

リスク社会における新たな運動課題としての《朝鮮学校無償化除外》問題

1. リスク社会における「他者」 東日本大震災は、日本に暮らすあらゆる人々に、様々な課題を突きつけたことだろう。複数の国家の狭間に生きる在日コリアンとしては、惨事に昂揚したナショナリズムの中で、「自分...

2011年07月28日 13:49

リスク社会における「他者」

東日本大震災は、日本に暮らすあらゆる人々に、様々な課題を突きつけたことだろう。国家の狭間に生きる在日コリアンとしては、惨事に昂揚したナショナリズムの中で、「自分はどこに所属し、誰を守るべきか」という、...

2011年04月11日 23:00

恣意的な「ルール」の強要を「共生」だと強弁する橋下府知事の無責任なツイート

橋下大阪府知事が精力的にツイッターに投稿を続けています。昨日3月9日、朝鮮学校に対する助成金支給についてツイートした内容が、各方面に反響を呼んでいます。ツイートの概要は、以下の通り。(見出し数字は引用...

2011年03月10日 13:46

高校生を人質外交の道具にすることは許されない

朝鮮学校の「高校無償化」については、第三者機関による周到な検討を経て、いったん適用が決まっていたにもかかわらず、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)による韓国砲撃へのリアクションとして、政府が審査手続きを...

2011年02月06日 21:44

人権侵害しか切れる外交カードがないとは、どんなならず者国家だ?

朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国の局地的紛争を受けて、高木文科相と仙谷官房長官が、それぞれ、朝鮮学校を無償化の対象とする方針を見直す考えに言及したという。  なんと愚かなことか。人権侵害しか切れる外交...

2010年11月24日 13:11

「モンスター」は差別表現か

ハロウィンの朝、8歳の娘が魔女の帽子をかぶって、ぼくのベッドまであいさつに来てくれました。皆さんのお宅にも、小さな精霊や魔女が遊びに来たでしょうか。 ハロウィンといえばモンスターのコスプレ。そして、モ...

2010年11月01日 18:15

あるはずなのに見えないもの(エスニシティ)

図1は、要素Eを含む全体集合Pを概念的に示したものです。一方、図2は、同じ集合Pから要素Eが欠けている状態をあらわしたものです。  全体集合Pの定義を知っている人が図2を見たとき、おそらくもっとも一般...

2010年10月30日 17:10

朝鮮学校が日本に存在する5つのメリット

移民研究の分野には、「移民に対して偏見や悪感情が高揚するのはどういう場合か」という問題設定があります。ある国では移民が歓待されているのに対して、別の国では犯罪者同様に忌み嫌われている。その差はどこにあ...

2010年07月29日 13:39

「寝た子」はいつかかならず起きる

鳩山元総理が、普天間基地の問題解決に前向きに取り組もうとして挫折したことは周知の通りです。 一方で、沖縄に軍事基地が集中している状況について、国連の人種差別撤廃委員会が日本政府に改善を勧告していること...

2010年07月17日 06:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。