六辻彰二/MUTSUJI Shojiの記事一覧

なぜ今サウジ油田が攻撃されたか――思惑の渦巻く対イラン制裁の緩和

【画像を元記事でみる】サウジアラムコへのドローン攻撃は、イエメンのフーシ派によるとみられているそうだとすると、このタイミングでの攻撃の背景には、アメリカがイラン制裁の緩和の兆しをみせていることがあるそれは「簡単に取引しない」というメッセージをアメリカに発する「ディールのための攻撃」といえる サウジアラビアの油田に対するドローン攻撃は、アメリカのイラン制裁の行方にも影響を及ぼすが、これによってトラン...

2019年09月16日 10:08

児童虐待が放置されやすい風土――日本に染みついた「ウチとソト」の思想

[画像をブログで見る]殺人発生率が日本より高くても、日本より「子どもの安全」の評価が高い国は多い児童相談所が介入に慎重なことが多い背景には、日本に根強い「ウチとソト」の考え方が、家庭内の暴君と化した親...

2019年09月14日 10:47

「世界最悪の独裁者」ムガベの死――アフリカの矛盾を体現したその一生

[画像をブログで見る]・ジンバブエのムガベ前大統領は在任中「世界最悪の独裁者」とも呼ばれたが、そのきっかけは白人の土地を補償なしに徴収したことだった・この問題は植民地時代に端を発するもので、補償なしの...

2019年09月07日 09:52

アフリカでの「日中冷戦」は新たなステージへ――ビハインドは埋まるか

[画像をブログで見る]日本はアフリカ諸国に、中国の借金で首が回らなくなる「債務のワナ」から逃れるための支援を提案したこれはアフリカ諸国の支持をめぐる「日中冷戦」が新たなステージに入ったことを示すただし...

2019年09月03日 10:36

首脳宣言なきG7サミット――「西側先進国」空中分解の歴史を紐解く

G7はアメリカ単独で世界をリードできなくなった時代背景のもと「主な西側先進国による集団指導体制」として生まれた「西側先進国」が政治・安全保障面だけでなく経済的にもお互いに依存していたことは、それを可能...

2019年08月27日 12:21

大量殺人犯の心に巣食う10の特性――テロリストと一般人は何が違うか 2

[画像をブログで見る]心理学や精神分析学はテロリストの心にも迫ってきたしばしば取り上げられるその10の特徴のうち、後半の5つには報復感情、モデルケースの観察からくる自信、他の選択肢を描けない思い込みの...

2019年08月25日 15:45

大量殺人犯の心に巣食う10の特性――テロリストと一般人は何が違うか 1

[画像をブログで見る]・大量殺人犯の人格や心理には特有の特徴があるという研究は、対テロ戦争のもと欧米諸国で活発に行われてきた・こうしたミクロの条件は、貧困や孤立といったマクロの条件と噛み合うことで、テ...

2019年08月25日 10:13

香港に迫る中国のもう一つの軍隊、人民武装警察とは何か

画像を元記事で見る・拡大する香港デモに対して、中国当局は人民武装警察を周辺地域に展開させている・人民武装警察はテロ対策などを専門とする部隊で、習近平体制のもとで指揮命令系統などが改革され、「共産党体制...

2019年08月16日 08:40

異常気象で広がるアフリカの紛争――「民族紛争」の根底にあるもの

[画像をブログで見る]地球温暖化の影響で、アフリカでは降雨量が減り、気温が上がっているその結果、水を利用できる土地が減り、そうした土地をめぐって牧畜民と農耕民の衝突が増えているこうした争いは武器やイス...

2019年08月12日 14:50

韓国だけではない「恨みの政治」――日韓対立は世界の分岐点になるか

[画像をブログで見る]・かつて支配されたことに起因する「恨みの政治」は、韓国以外にも世界各地で広がりつつある・そこには手っ取り早く支持を確保しようとする政治家の戦術だけでなく、国際関係の構造の変化があ...

2019年08月10日 10:20

テキサス銃撃を「テロ」と認めた米当局――日本も無縁でない「身内のテロ」

[画像をブログで見る]テキサス州エルパソで発生したスーパー銃撃事件は白人至上主義者によるヒスパニックへの攻撃とみられるこうした犯罪は通常「ヘイトクライム」と呼ばれるが、アメリカ司法省はこの事件を「テロ...

2019年08月06日 08:32

香港の若者を抗議デモに駆り立てるもの――力づくの鎮圧の限界とは

香港での抗議デモは約2カ月に及び、当局による鎮圧が強まるなか、人民解放軍が介入するかは一つの焦点になっているただし、仮に人民解放軍が介入して鎮圧に成功しても、第二、第三の抗議の嵐が発生する可能性は高い...

2019年07月30日 09:34

京アニ事件は「美への憎悪」か――大量殺人をともなう芸術破壊の特異さ

[画像をブログで見る]京都アニメーション放火殺人は芸術の破壊、アート・ヴァンダリズムと呼べる大量殺人をともなうアート・ヴァンダリズムは世界でもほとんど類例がなく、この事件の特異性を示すこの事件を引き起...

2019年07月22日 11:34

アメリカで突如浮上した「イランとアルカイダの連携」説は本当か

アメリカ政府高官は「イランとアルカイダの連携」を主張し、「イランの脅威」を強調しているしかし、その多くの根拠は20年以上前のイランとアルカイダの限定的な関係にあり、事実の誇張が目立つこれは一種の陰謀論...

2019年07月18日 07:58

「アラブの春」第2幕――スーダンの「民主化」が示すなりゆき任せの日本

[画像をブログで見る]半年に渡る抗議デモの末、北東アフリカのスーダンでは軍事政権が民政移管を約束した先行きは不透明だが、これはスーダンの民主化の第一歩と評価できるこの変動は軍事政権と悪くない関係にあっ...

2019年07月15日 08:20

リベラルな価値観は時代遅れか――プーチン発言から考える

[画像をブログで見る]・プーチン大統領は「リベラルな価値観は時代遅れ」と断定した・しかし、ロシアはともかく先進国では、リベラルな価値観は保守を自認する多くの人々にも共有される「当たり前」のものになって...

2019年07月10日 11:05

G20大阪サミットの焦点・プラごみ規制――「日本主導の議論」の落とし穴

[画像をブログで見る]日本政府はG20大阪サミットでプラスチックごみ規制の議論を主導すると言ってきたしかし、軽井沢での関係閣僚会合での合意は、事前に日本政府が打ち出していた方針はほとんど反映されていな...

2019年06月28日 09:38

イラン攻撃を命令しながら直前に撤回したトランプ――気まぐれか、計算か?

[画像をブログで見る]・トランプ大統領はイランのレーダー基地などへの攻撃を命令したが、直前になって命令を撤回した・そこには攻撃すると威嚇してイランを協議の場に引きずり出そうとしたが結果的に失敗した、と...

2019年06月23日 11:02

天安門事件30周年や香港デモに無言の日本――「中国への忖度」か?

天安門事件30周年や香港デモなど中国の人権問題に関して、日本政府が公式にコメントすることはないいくつかのメディアはこれを「中国への配慮」と論じているが、それよりむしろ人権より国家の主権や独立を優先させ...

2019年06月20日 09:09

本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知られざるバニラ戦争

[画像をブログで見る]バニラビーンズの取引価格は銀の価格より高くなっているその背景には世界的なオーガニックブームや中国などでの需要増加とともに、主な供給地マダガスカルでのハリケーン被害などがあるバニラ...

2019年06月16日 09:49

成果が問われる安倍首相のイラン訪問――何をもって「成功」と呼ぶか

アメリカとイランの緊張が高まるなか、安倍首相は仲介のためイランに向かう安倍首相にできる最大限のことは、アメリカとの直接対話をイランに約束させることであるしかし、イランにとってそれを呑むことは難しいうえ...

2019年06月12日 07:41

なぜ日本では「世の中への報復」がテロリストではなく通り魔を生むか

[画像をブログで見る]人生がうまくいかないと感じる者が世の中に報復しようとするとき、海外ではテロリストになることが多いが、日本では通り魔が生まれやすい多くの国と異なり、日本では破壊衝動にかられる者が吸...

2019年06月06日 10:08

日本の遺産を食いつぶす安倍首相-「イラン緊張緩和に努力」の幻想

[画像をブログで見る]安倍首相はトランプ大統領を厚遇することで「恩を売った」しかし、危機イランの緊張緩和に日本が努力すると提案したことは、アメリカ側に立って仲介するということで、効果は何も期待できない...

2019年05月29日 10:02

メイ首相の辞任―イギリスを凋落させる有権者の「有力感」とは

メイ首相が昨年11月にEUと交わした離脱条件は、イギリスが今の立場で望める最大限の利益を確保するという意味で、現実的だったといえるしかし、それぞれの主張を全く譲ろうとしない離脱派と残留派の挟撃は、メイ...

2019年05月27日 09:26

「一帯一路」に立ちふさがるバロチスタン解放軍とは―中国のジレンマ

[画像をブログで見る]パキスタン南西部の分離独立を掲げる「バロチスタン解放軍」は、中国企業や中国人への攻撃をエスカレートさせているその背景には、「一帯一路」によって中国がパキスタン国内でのプレゼンスを...

2019年05月19日 12:05

アメリカがイランを攻撃できない理由-「イラク侵攻」以上の危険性とは

[画像をブログで見る] アメリカはほとんど言いがかりに近い「イランの脅威」を強調して圧力を強めている。それは「フセイン政権が大量破壊兵器を持っている」という虚偽の情報に基づいて進められたイラク侵攻(2...

2019年05月15日 10:50

南アフリカ選挙―人種対立が鮮明でも「黒いトランプ」が不発の意味

南アフリカの選挙で、汚職の絶えないエリート主義的な与党ANCは、逆風にさらされながらも過半数を維持したこれに対して、排外主義的な野党、とりわけ黒人至上主義的な第3党EFFは、事前に注目を集めたものの過...

2019年05月12日 11:43

「自国第一主義イコール反民主主義」なのか-民主主義の罠に陥る世界

[画像をブログで見る]・トランプ大統領など自国第一主義の台頭を指して田原総一朗氏は「反民主主義」と表現した・しかし、自国第一主義の台頭は民主主義の原理にのっとったものである・むしろ、この現象は「反自由...

2019年05月11日 09:19

「テロの季節」が迫るアジア―イスラーム過激派に狙われやすい国とは

[画像をブログで見る]5月5日から6月4日までのラマダーン(断食月)は、イスラーム過激派によるテロが活発になる時期にあたるイスラーム過激派のテロはアジアに広がりつつあるが、とりわけフィリピンでは「テロ...

2019年05月05日 08:07

「象徴天皇」が象徴するこの国の姿―近代化の途上の不自由さと可能性

[画像をブログで見る]・天皇への「好感」や「尊敬」はおよそ7割にのぼる・上皇陛下は天皇在位中、天皇という立場に付き物の不自由さを受け入れながらも、自らの意志で制約を乗り越えようとしてきた・その姿は息苦...

2019年05月02日 09:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。