水戸将史の記事一覧

まだ終わるはずもない、原子力政策のジレンマ

◆フクシマ・維新の会視察団年が明けた1月15日、我が党としては初めて福島原発を訪問しました。何より日本の再生は東北からという思いと、事故終息に向けての取り組みが世界の注目を集めているからです。私たちは、今回も放射線への防御装備とマスクをしての巡回でした。1~4号機全てが冷温停止状態を維持できていて、1号機はカバーですっぽりと覆われています。また、今年11月には4号機のプールから使用済み核燃料を取り...

2013年02月01日 00:00

将来への責任、日本のインフラ総点検への道筋

◆今年からの道筋を 皆さん、明けましておめでとうございます。本年も変わらぬご指導お願い申し上げます。 さて、昨年末に発生しました中央高速道の「笹子トンネル」天井板・崩落事故は、尊い人命も失われ社会に大...

2013年01月01日 00:00

~今年を振り返る~ 政権交代のなれの果て、再び始まる負の自民党政治

◆違憲状態の選挙を終えて今年最終号が発刊されているときには、既に選挙が終わり、自民党政権が復帰したことになっているでしょう。しかし、確実に言えることは、今選挙は違憲状態で行われたということです。次期通...

2012年12月17日 12:00

「尖閣・竹島問題」国際司法裁判所に提訴!?

国際司法裁判所とは尖閣諸島と竹島とを同レベルで扱うのが適当かは別として、話を進めさせて頂きます。戦後の日本社会におきまして、歴史的観点からこの2つの案件に関しては、首尾一貫して我が国領土と主張してきま...

2012年11月06日 11:44

私と維新八策

日本再生のためのグレートリセットご案内の通り、去る9月9日に大阪維新の会による公開討論会が開催されました。私も以前から勉強を重ねてきた「道州制型・統治機構研究会」のメンバーの1人として参加したのですが...

2012年10月09日 12:46

離党のご報告

平素より大変お世話になりますこと、改めて厚く御礼申し上げます。さて、昨今の新聞報道でもございます通り、私自身、離党する決意を固めましたことをご報告させて頂きます。今に至るまでの間、私および民主党に対し...

2012年09月11日 13:56

もはやマッタなし!生活保護法の改正

最低賃金を上回る保護費すでに全国6都県で、最低賃金単価よりも生活保護単価の方が上回りました。その中に神奈川県も含まれ、また横浜市予算の9%近くは生活保護費であることからして、その支給のあり方に大きな疑...

2012年09月05日 00:01

どうなる?企業年金と積立金の取り崩し ~AIJ問題その後~

深刻化した厚生基金昨年度末において、AIJ投資顧問に端を発した3千億にも上る運用損失以上に、全体で1兆1千億円もの年金積立金からの不足額が生じていることが分かりました。ご案内の通り、日本の年金構造は3...

2012年08月01日 00:01

後期高齢者医療制度の廃止 ~国保を都道府県へ~

前政権時代からの課題75歳以上を後期高齢者と名付けたのも良くなかったのでしょうか。そもそも保険制度を年齢で差別化することに対しては多くの批判を呼びました。また、年金から天引きされる手法がある意味、負担...

2012年06月01日 17:13

~親が変われば子供も変わる~ 親学のススメ

親学(おやがく)を知ろう! 親学って何?そう、あま り聞きなれない言葉であり ますが、平成18年に教育 基本法が改正されまして、 その第10条で以下のこと が明...

2012年05月03日 19:37

震災の復興は日本総ぐるみで実施

進まないガレキの処理 この号が発刊されるまで に、全国のより多くの自治 体が名乗りを上げてくれる ことを祈りつつ話を進めま しょう。もうご存知の通り、被災地周辺に積み上...

2012年04月05日 15:00

道州制の論点整理と進め方PartⅡ

■廃藩置県となって中央集権の確立 明治4年以来、我が国は廃藩置県を施行して、現在に至るまでの中央集権体制を築いてきました。当初は県令という形で、各トップが国から派遣されていたのですが、首長が公選となっ...

2012年03月06日 19:17

今一度思い起こそう、道州制の是非

■このままでは本当にヤバい?!官僚制や中央集権の弊害は今までもさんざん言われ、民主党は地域主権を掲げて政権交代を行い、従来の国の権限や財源を地域に手渡す仕組み作りをしてまいりました。 確かに国主導にな...

2012年02月02日 00:00

TPP交渉参加の幕開けと農業政策の確立?!

去る十一月十二日、野田総理はオバマ大統領との会談で、TPP交渉参加を表明した。そして他方では、食料自給率を二〇二〇年までに五〇%に高めるという。果たして両立が可能なのか・・・。道のりは険しく厳しい。「...

2011年12月02日 00:01

行き詰まるのか?核燃料サイクル事業

総合的な原発政策の見直し。これは菅政権から次代へと引き継いでいく最重要テーマとなることは、衆目が一致する。半世紀に亘って積み重ねてきた政策の大転換となれば、国民全体を巻き込んでいかねばならない。遡るこ...

2011年08月01日 07:00

エネルギー政策の転換のゆくえ その2

先の東北大震災にて、原発十一基が稼働停止となった。さらに現在運転中の十九基も、来年夏までには定期点検を迎えるという。原発の再稼働が危ぶまれる中、代替施設の検討・実現は我が国の喫緊の課題となった。 先の...

2011年07月01日 12:27

今夏にそなえる電力需給対策について

去る三月十一日の東日本大震災以降、原発事故による電力供給不足で、関東一円にわたって計画停電が実施されました。エリアを五つのブロックに分け、時間帯を設定して行ったのですが、その実施地域の区分けが分かりづ...

2011年05月19日 13:30

2011/03/28の日記より

予算委員会の一般質疑、とはいっても全て大震災に関わることであった。与党は質問を控え、全て野党サイドからの質問攻勢。何と言っても、現在進行中の原発事故にまつわる話がかなりのウエイトを占めた。一体全体、今...

2011年03月28日 10:00

「こども手当と学校給食」〜子供への食育のあり方を考える〜

政権交代の目玉政策であった、こども手当。全額支給までの道のりは厳しいが、効果的な執行が求められる昨今、学校給食の側面からこの行く末を問うてみる。  昨年末、四年ぶりに文科省は給食費未納に関する全国調査...

2011年02月22日 00:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。