わたなべ美樹の記事一覧

ワタミのホワイト企業特別賞は「方向性の誓い」

ホワイト企業大賞のロゴの下には「The White Company Way」と書いてあり、授賞式で実行委員長もホワイト企業を目指すという方向性こそが重要との趣旨説明があった。賞状には「現場一人ひとりが、新しい組織になっていこうとチャレンジしている姿に感銘」と受賞理由が書かれている。審査には、現場の従業員たちに「会社に入って幸せですか」とヒアリングがある。そのヒアリングを外部審査として「受け入れる」...

2020年02月07日 12:05

ホワイト企業大賞 特別賞受賞のご報告

「第6回ホワイト企業大賞」で、ワタミグループは特別賞を受賞いたしました。そもそもの企業理念や、現在の企業実態を審査評価頂けたことは、大変うれしく思います。ホワイト企業大賞企画委員会では、ホワイト企業を...

2020年01月20日 12:19

政治家、指導者の条件

2020年、節目の年。今年は、ゼロからのスタートのつもりで土台作りをしていきたいと、新年に自らの抱負を決意した。日本の政治は、「桜を見る会」や「IR汚職」が話題となり、世界の政治も、「自国第一主義」が...

2020年01月10日 15:05

世界一の投資家の行動に注目

世界一の投資家、ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社「バークシャー・ハサウェイ」が初めて円建て社債を発行し、海外企業では過去最大となる約4300億円を調達した。これには大きな意味があると思う。バーク...

2019年11月29日 14:14

『桜を見る会』より『国の戦略』で議論を

今月14日のワタミの決算発表会で、今後10年で売上高を今の倍の2000億円にする中期経営計画を発表した。大手外食チェーンと枕詞(まくらことば)がつくワタミだが、今回「ワタミの宅食」が主力事業になると宣...

2019年11月23日 08:16

日本を韓国のようにはしたくない

今月公開された映画「国家が破産する日」を見た。1997年のアジア通貨危機の韓国の国家破産を克明に描いた作品で興味深くおすすめだ。物語は韓国銀行(韓銀)の女性バンカーが国家の財政破綻を7日前に察知すると...

2019年11月16日 17:27

消費増税は『0点』

1日付でワタミの代表取締役会長兼グループCEOに就任した。くしくも消費税増税の日と重なり、緊張感を覚えている。増税のタイミングや軽減税率の仕組みなど、評価を問われたら、今回の増税は「0点」だ。私は消費...

2019年10月04日 15:19

米で見た『変化した企業』と『変化に乗り遅れた企業』

米国西海岸で、外食と流通、小売りの現場を視察してきた。感じたのは「変化した企業」と「変化に乗り遅れた企業」の差が顕著だったことだ。改めて、ネット通販大手「アマゾン」は、世界中の経営者が意識すべき存在だ...

2019年09月06日 13:45

黒田日銀総裁へ『公開質問状』

私は、黒田バズーカには必ず「副作用」があると思っている。議員時代、委員会質疑をはじめ、何度も日銀を取り上げ、質問を行ってきた。 直接、黒田東彦(はるひこ)総裁への回答を求めたが、日銀側は理事クラスが出...

2019年08月23日 14:51

令和のカーネルサンダース!

ワタミ取締役ファウンダーの「最初の仕事」として先月29日、ワタミがテリー伊藤さんと組む「から揚げの天才」矢口渡店のオープニングセレモニーに出席した。 開店時200人の行列、初日760人のご来店と大盛況...

2019年08月16日 13:43

政治ではなく、経営で現実を変える!

国会の中で数少ない「方向性が同じ」政治家がいた。それが、タリーズコーヒージャパンの創業者で、元参院議員の松田公太さんだ。先日ニッポン放送で対談した。 松田さんは、2010年の参院選にみんなの党から出馬...

2019年08月10日 21:47

経営者として、ビジネスでフェアに世界と戦う!

参院議員の任期を終え、経営者に復帰した。参院外交防衛委員長も退任となったが「冷遇」と報じられた、韓国議員団との面会の真実だけ、国益を願い、きちんと記しておきたい。 徴用工訴訟問題や、韓国海軍駆逐艦によ...

2019年08月02日 12:05

無党派層が動けばこの国は変わる!

21日に参院選が投開票された。選挙結果は、私の予想や感覚と違った。有権者は「現状のままでいい」という選択をした形だ。自民、公明の与党は71議席で、非改選も合わせた全体で過半数を獲得した。各党の特徴が明...

2019年07月26日 15:14

政治も経営も外交は「ウィンウィン」が理想の形

今回は、米中貿易戦争と世界経済について取り上げたい。 経営者目線で見ると、米国と中国の2大経済国は好対照をなしている。米国経済は、移民政策に支えられ「強い経済」がある。ミクロレベルでも外食の利用が多く...

2019年07月19日 15:07

その公約、財源の裏付けはありますか?

参院選(21日投開票)、与野党が掲げている「選挙公約・政策」を私なりにみていきたい。 まず、自民党の冊子を見ると、最初が「外交・安全保障」。政権がいちばんアピールしたいのだと思う。私が6年間取り組んだ...

2019年07月12日 13:20

帰国後も活躍できる外国人技能研修を

「財政破綻への道、それだけが気がかりである」 私にとって、最後の参議院自民党の総会でそうあいさつした。 社会保障費は増大するのに、日本は少子高齢化である。さらに人手不足倒産も深刻である。その解決策とし...

2019年07月05日 16:06

年金制度は一度『ご破算』に!

通常国会が明日(26日)閉会し、私の議員生活も事実上、終止符が打たれる。最後になり、“パンドラの箱”を開けるようなことがおきた、それが「老後資金2000万円問題」である。 私は、2000万円どころか「...

2019年06月28日 13:57

議員生活最大の後悔

今回は、国会議員としての「反省」を振り返りたい。昨年7月、参院本会議で改正公職選挙法、いわゆる「6増法案」が可決した。正直「乱暴な法案だ」と思った。国が、約1100兆円もの借金を抱えるなか、なぜ議員の...

2019年06月21日 14:41

トップダウンから“任せて任せず”の経営へ

先日、参院議員の任期満了日以降、ワタミに復帰する意向を明らかにした。まずは2〜3カ月かけて国内外の現場をまわり社員の声に耳を傾けたい。肩書きや立場はその後でと考えている。 政治家として「中小企業支援」...

2019年06月14日 14:38

『アベノミクス』の総括

「アベノミクス、あれ失敗でしょ?」 ある上場企業の有名経営者が私に言った。経営者は経済の最前線にいる。任期満了を前に、私なりにアベノミクスの総括をしたい。 1〜3月期の実質国内総生産(GDP)が先月2...

2019年06月07日 14:11

「環境」と「経営」の両立

先日、参院議員の任期満了後、ワタミに復帰する意向を明らかにした。ひとつひとつの法案が、議員としての締めくくりとなる。 環境に関して、いわゆる「食品ロス削減法案」が24日、参院本会議で可決した。処分され...

2019年05月31日 14:02

「悪魔のささやき」MMT理論

5月16日はワタミの創業記念日だ。5000万円の借金をして、東京・高円寺に居酒屋1号店を開店して以来、丸35年となり感慨深い。この頃、「MMT(現代貨幣理論)」という財政赤字容認の経済理論が話題に持ち...

2019年05月17日 13:14

平成の最後に思う被災地の未来

5月1日から「令和」となった。連休中は鹿児島県屋久島の宮之浦岳登山で休暇を過ごす予定だ。宮之浦岳は九州最高峰の1936メートルで、登山は往復6時間、なかなかハードだが、今回で93回目になる。大自然の中...

2019年05月03日 14:04

原子力発電はバベルの塔

1年半前に初孫が誕生した。孫ができてから、より長い先の未来を考えている。今回は、私の「脱原発」についての考えを述べたい。2013年の参院議員初当選以来、「原発ゼロへの道筋を作りましょう」と繰り返し言っ...

2019年04月26日 13:27

消費税増税は「進むも地獄、戻るも地獄」

今回は、景気予測と消費税増税に関する、私の目線をとりあげたい。目先でいうと、令和という元号が多くの国民に支持され、景気は「気」だけあって少し良くなると思う。元号発表によって支持率もあがったが、そこには...

2019年04月25日 15:52

今朝、記者会見を行いました

夏の参議院選挙には、出馬をしないことをご報告致します。財政再建と脱原発をはじめ、6年間、経営者の視点で政策提言を続けて参りましたが、この国を大きく変えることは出来ませんでした。政治家は、信念と結果責任...

2019年02月13日 09:28

参議院外交防衛委員長を拝命しました

今週水曜日、秋の臨時国会が開会しました。この度、参議院外交防衛委員長という大役を拝命いたしました。外務省・防衛省等管轄の法案は、参議院では外交防衛委員会が担当します。委員長という職責の重さに、身の引き...

2018年10月26日 12:10

国民の選択の幅を増やすべきでは?

先週、参議院の経済産業委員会で質疑をさせていただきました。テーマは『生産性向上特別措置法案』です。冒頭、三人の参考人から意見表明があり、私がトップバッターでそれぞれ三人に質問させていただきました。今回...

2018年05月25日 19:24

全く新しいI・R(統合型リゾート)ビジネスモデルを

マスコミも注目する、カジノ法案。自民党のP・T(プロジェクトチーム)で行われている、その話し合いに、経営者の感覚で強い違和感を覚えます。政府案を聞くと、「入場料はいくらにするべきか?無料?2,000円...

2018年03月02日 13:24

現実と向き合う覚悟を

前回に引き続き、元・日銀審議委員、現在は慶応大学教授の白井さゆりさんと「日本銀行と日本経済」について対談した内容をお届けします。黒田バズーカーとも呼ばれた異次元金融緩和政策。2%のインフレ率の目標達成...

2018年02月23日 15:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。