吉原真里の記事一覧

私が東大入学式で祝辞を述べるなら

前回の投稿から半年もの時間が経ってしまったのは、書きたいことがなかったからではなく、今年度から学部長(と日本語でいうとずいぶんエライように聞こえますが、日本の大学でいえば学部長というより学科長に近いのかもしれません)を務めていて、泣きたくなるほど事務作業や会議が多い毎日を送っているからです。この役についているおかげで、アメリカの州立大学運営の現状を、もう知りたくないほど知ってしまいましたが、それに...

2019年04月14日 13:12

カバノー最高裁判事、#MeToo、そして「イヤーブック」

中間選挙もいよいよ差し迫ったアメリカで、ここ1ヶ月ほどアメリカ中をたいへんな騒ぎに巻き込んだ、カバノー最高裁判事候補の10代のときの性暴力疑惑。9月27日に行われた上院司法委員会での公聴会は、多くの人...

2018年10月22日 15:47

USオープン ウィリアムズ=大坂 ドラマにみるマイノリティ女性選手の葛藤と連帯

私は普段テニス(だけでなくスポーツほぼ一般)をほとんど見ないのだけれど、大坂なおみさんについてのニューヨーク・タイムズの記事を少し前に読んで、非常に興味を持っていた。試合前から、報道やインタビューで「...

2018年09月10日 07:48

2万枚のSPレコード・コレクションの危機

先日、オーケストラとアーカイブについての文章を書いたばかりのところに、今朝フェースブックで数人の知人が投稿している「巨匠の響きよ永遠に!藝大に遺されたレコード2万枚の危機を救う」というリンクを開いて蒼...

2016年12月14日 06:42

真珠湾攻撃75周年記念式典を(テレビで)見て

昨日は真珠湾攻撃75周年で、パール・ハーバー=ヒッカム共同基地のキロ埠頭で記念式典が行われました。私はハワイで生活するようになって20年近くがたちますが...

2016年12月09日 07:42

Dot Com Lovers: ブログ再開のご挨拶

個人的な事情により、長いあいだ投稿を中止していましたが、このたびドナルド•トランプ氏が次期大統領に決まったことを機に、ブログ執筆から私を遠ざけていたいろいろな思いを振り切って、再びこのブログを再開する...

2016年11月15日 14:51

平等な夫婦はセックスを(あまり)しない?

たいへんご無沙汰いたしました。年が明けて、晴れて学部長代理の役割を離れたので、嬉しくてたまらず、自分の新しいプロジェクトのための研究・執筆に日々(とはいっても、やはり授業や大学院生の指導そして学務の雑...

2014年02月08日 04:10

American Studies Association, 対イスラエル学術ボイコット決議を採択

私が所属するおもな学会であるAmerican Studies Association (2014年7月からは、この学会の学術誌であるAmerican Quarterlyの編集本部がわがハワイ大学にくる...

2013年12月17日 15:07

同性婚法案、ハワイ州議会上下両院を通過

ここ数週間ハワイで最大の話題になっていたのが、州議会の特別会期で審議されているSB1同性婚法案。結果からいうと、昨晩、下院で審議されていた法案が30対19で通過し、すでに法案を通過させた上院と修正案な...

2013年11月10日 06:24

報道スキャンダルから新聞ジャーナリズムの倫理を問う『A Fragile Trust』

昨日も引き続きハワイ国際映画祭(毎年とてもいい作品がたくさん集まる映画祭なのですが、時期的に忙しくて行けないことが多いので、1、2本でも観られると得した気分になります)に出かけ、A Fragile T...

2013年10月20日 09:15

海を渡るキティちゃんの「ピンク・グローバリゼーション」

あるジェンダー研究の学術誌に書評を頼まれて読んだのが、ハワイ大学の同僚Christine R. Yanoによる、Pink Globalization: Hello Kitty's Trek Acros...

2013年09月29日 22:07

デジタル時代のリベラル・フェミニスト、シェリル・サンドバーグ

先日のハーバード・ビジネススクールについての投稿のなかで、Facebook社の最高執行責任者(COO)であるシェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg)の名前をちらっと出しました。ある企画...

2013年09月22日 18:34

ハーバード・ビジネス・スクールのジェンダー格差是正実験

日本のメディアや日本の友達のフェースブック投稿を見ていると、2020年オリンピックの東京開催の決定で国じゅうが大興奮しているのがよく伝わってきます。日本にいない私は、この決定に至るまでの経緯もフォロー...

2013年09月08日 10:44

アカデミー賞一夜明けて & ソトマヨール判事、検事の人種偏見的発言に抗議

昨晩はアカデミー賞の授賞式。アカデミー賞がいかにアメリカじゅうで大騒ぎかということは、日本のかたたちにはちょっとわかりにくいかもしれません。これほどまでに国じゅうのみんなが同じテレビ番組を見るのは、他...

2013年02月26日 08:19

ハワイ大学、非合法移民の学生に州民向けの授業料を適用

米国議会では、移民法改正の一部として、非合法移民にも合法移民になるための機会を与え、いずれはグリーンカードも取得できるようにする、という法案が議論されていますが、そうしたなかで、私の勤務するハワイ大学...

2013年02月22日 16:27

ブルームバーグ市長、母校に計11億ドル寄付

2007年の金融危機以来とくに、アメリカの大学では、政府の教育予算が大きく削られた州立・市立大学でも、また寄付や基金がかなり減少した私立大学でも、財政難に苦しんでいるところがほとんどです。そんななかで...

2013年01月27日 22:13

ベアテ・シロタ・ゴードンと占領期の日本女性

あけましておめでとうございます。ハワイで新年を迎えるのも1998年以来ほぼ毎年のことになりますが、今回初めて年越しの瞬間をワイキキで過ごしました。友達の家で夕食をご馳走になったあと、しばらくワイキキを...

2013年01月03日 05:44

ダニエル・イノウエ上院議員逝去

いろんなことがあっていつにも増して忙しかった学期末の数週間が過ぎ、先ほど採点を終え、今学期の大学関連の業務はもうちょびっとで終わります。ここ数日間は、コネチカットの小学校での銃乱射事件で言葉を失うほど...

2012年12月17日 16:28

選挙あれこれ

昨日は朝一番で投票に行ってから、結果が出るまでの数時間は仕事をしようと一応コンピューターに向かったものの気が気でなく、インターネットで選挙情報ばかりチェックする状態で結局ほ...

2012年11月08日 15:38

ウォール・ストリートの文化解剖

ひさしぶりに、読んでいて本当にゾクゾクし、疲れていてもつい次々とページをめくってしまうような研究書を読みました。数年前に出版されて読もう読もうと思いつつ積ん読になっていて、読む機会を作るために大学院の...

2012年10月03日 22:54

リンカーン・チェイフィー

民主党全国大会もいよいよ終盤、まもなくオバマ大統領自身の演説があります。昨日のクリントン元大統領の良識あるスピーチもたいへんよく、「元大統領たるもの、こうでなくっちゃあ」と思わせてくれるものでしたが、...

2012年09月07日 10:23

ミシェル・オバマ、民主党全国大会スピーチ

今日からノースカロライナ州シャーロットで民主党全国大会。先日の共和党全国大会では、クリント・イーストウッドの変てこりんなスピーチが話題をさらっていましたが&#...

2012年09月05日 15:47

共和党の反中絶綱領

共和党のロムニー氏が副大統領候補にポール・ライアン氏を指名して以来、富裕層の所得税を減らし社会的弱者のためのさまざまなプログラムを削除するというライアン氏の極端な財政案に、リベラル派だけでなくカトリッ...

2012年08月22日 05:13

中国のオンライン・デーティング

バタバタと学期末の採点その他の仕事を終え、13日(日)にはホノルルでちょっとしたピアノリサイタルをし(やれやれ)、一昨日日本に一時帰国しました。今回は初めて、羽田着のハワイアン航空で帰ってきてみたので...

2012年05月18日 17:06

別れの儀式

ニューヨーク・タイムズのサイトで、「あなたにおススメの記事」のナンバー1になっているのが、「別れの儀式」についての記事。この記事、全読者のなかで「もっともメールされている記事」のトップ10にすら入って...

2012年04月30日 04:33

文学賞の経済学

今日のニューヨーク・タイムズで「もっともメールされている記事」になっているのが、私が大好きで以前このブログでも言及したことのある小説家Ann Patchettの論説。今年のピュリツアー賞が先日発表にな...

2012年04月18日 15:17

大学キャンパスのセックス週間

昨日のニューヨーク・タイムズの記事のひとつが、「大学生、セックスをめぐる会話を広げる」というタイトルの記事。3月末に...

2012年04月18日 04:21

同棲は幸せな結婚につながらない?

今日のニューヨーク・タイムズで「もっともメールされている記事」になっているのが、「結婚前の同棲の弊害」というタイトル...

2012年04月16日 04:09

哲学者とピアノ

たいへんご無沙汰いたしました。3月終盤は春休みで、ニューヨークに5日間とトロントに4日間行っていました。私が到着する直前までは嘘のような春の気候だったとしきりに言われたのですが、私がニューヨークに着い...

2012年04月03日 08:24

アメリカの「恋愛」にまつわる三冊

日本と違ってアメリカではバレンタインデーは基本的に男性が女性に花束やプレゼントを贈るのが習慣ですが、恋心を表現する日であることは同じ。バレンタインデーにちなんで、アメリカの「恋愛」にまつわる三冊の本を...

2012年02月15日 06:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。