マガジン9の記事一覧

年末年始・支援情報! の巻 - 雨宮処凛

今年も残すところあとわずかだ。 年の瀬を前にして、「年末年始の支援」の準備に追われている。役所の閉まるこの期間、住まいもお金もないまま路頭に迷う人が多く出ることが見込まれるためだ。一方、住まいはあっても残金わずかという人も多くいる。そんな人たちの相談を受けつけ、必要な場合は公的支援につなぎ、また食品などを配布する相談会が今年も多く開催される。 昨年末から今年にかけての年末年始も多くの相談会が開催さ...

2021年12月22日 14:08

衆院選、終わる。の巻 - 雨宮処凛

衆院選が終わった。 蓋を開けてみれば、維新が4倍近く議席を増やし、自民党は議席を減らしたものの、「絶対安定多数」を確保。 一方、野党共闘はどうなったかと言えば、多くの候補者が涙を飲んで実現した一本化だ...

2021年11月03日 13:13

勘違いに基づくバラマキ批判 - 森永卓郎

財務省の矢野康治事務次官が、「文藝春秋」に発表した論文で、「今の日本の状況を喩えれば、タイタニック号が氷山に向かって突進しているようなものです」と財政危機を訴えた。総選挙に向けてすべての政党が給付金の...

2021年10月27日 14:23

第570回:「自宅療養」と言われても〜路上の人がコロナ陽性になったあるケース。の巻(雨宮処凛)

その診断書には、発熱があること、味覚障害があること、血中酸素飽和度は93であること、そして肺に影があることが書かれていた。 診断書の当事者は、路上で暮らしていた男性だ。「第5波」が猛威を振るっていた8...

2021年09月22日 14:52

DaiGo氏の発言とコロナ禍で深刻化する貧困、そしてこれまでの生活保護をめぐるあれこれについて。の巻 - 雨宮処凛

「失業中で1年くらいまともに食べていない。以前生活保護の相談に行ったが、いろいろ条件をつきつけられて申請しなかった。保険証もなく病院にも行けない。現金がなく食べ物に困っている」(50代男性)「離婚し保...

2021年08月25日 13:24

おぞましい!(鈴木耕)

もう、東京オリンピックに関しての記事は書かないことにしようと思っていた。オリンピックってこんなにひどい催しだったっけ、と関連の報道に接するたびにイヤな気分になっていた。だから、もう触れまいと決めたのだ...

2021年07月28日 14:35

相模原事件から5年。の巻 - 雨宮処凛

もうすぐ、7月26日がやってくる。 5年前のこの日、相模原の障害者施設に男が押し入り、19人を殺害。26人が重軽傷を負った。逮捕されたのは施設の元職員の植松聖。当時26歳。「今、やまゆり園で起きた事件...

2021年07月21日 15:42

菅の「安全帽」は安心か?

「感動したがり症候群」 言葉は生き物だ。だから時が経てば、意味も変わるし用法も軽重も変化する。けれど最近は、どうも言葉が軽くなっていく傾向がある。軽く、というより「かる~く」のほうが表現としてはぴった...

2021年07月21日 13:45

AでもなくBでもなく…… - 鈴木耕

最近よく「プランA」とか「プランB」などという言い方を耳にする。物事の進め方はひとつではなく、「A」がうまく行かなければ「B」を考えるべき、ということなのだろうと思う。 でも、今回の東京都議会議員選挙...

2021年07月07日 15:13

五輪はウイルスに勝てません! - 鈴木耕

新聞を読んでいると、小さな記事に「おやっ」と思うことがけっこうある。例えば、こんな記事(朝日新聞6月12日付)。 G7サミットに参加するドイツ政府代表団の関係者が利用していたホテルで、従業員が新型コロ...

2021年06月16日 15:47

住まい、携帯、実態調査〜今、困窮者支援において緊急に必要なもの~の巻 - 雨宮処凛

「女性の賃金は男性の76.5%」 「女性非正規労働者の82.6%は年収200万円未満で働いています。女性の暮らしが苦しいのはこのせいです」 この言葉は、6月4日に開催された「女性による女性のための相談...

2021年06月12日 15:56

もう限界! - 鈴木耕

もうカンベン、オリンピックむり! 最近の新聞紙面で「もう限界です」という言葉をよく目にする。まるで悲鳴のような叫びを発する人が増えているのだ。 東京・立川市の立川相互病院の窓には「医療は限界 五輪やめ...

2021年05月19日 16:27

後進国に転落する日本 - 森永卓郎

菅政権が発足してから8カ月が経過した。菅政権の特徴を一言にまとめると、「新しいことを何もしない」ということだ。新型コロナへの対応をみれば、それは明らかだ。安倍政権のときは、小中学校の一斉休校や星野源氏...

2021年04月15日 17:24

おいおい、本気かよ! - 鈴木耕

ブラックジョークばかりの世の中になったか。それともぼくの頭がおかしくなったのか。4月1日(エイプリルフール)ならいざ知らず、最近のニュースには「おいおい、本気かよ!」的冗談みたいなものが多すぎる。1....

2021年04月15日 15:29

やってる場合かオリンピック〜しかもやまゆり園でパラリンピックの聖火を採火? の巻 - 雨宮処凛

「やってる場合かオリンピック!」「中止だ中止、オリンピック!」 3月25日、東京五輪の聖火リレーが福島のJヴィレッジを出発した日、東京・新橋のデモ隊からはそんなコールが上がった。 この日開催されたのは...

2021年04月01日 16:11

駒井知会さんに聞いた:無期限収容は変えずに刑事罰!? 「改正」とは言えない政府の入管法改正案 - マガジン9編集部

他国と比べて圧倒的に低い難民認定率のもと、日本では入管収容制度での長期収容が恒常化しており、国連機関から国際法違反の指摘も受けています。そんななか、2月19日に政府は「出入国管理及び難民認定法の改正案...

2021年03月18日 14:53

国民の疑惑を招いている……のは「お前」だよ! - 鈴木耕

ご飯論法の醜悪版 どうも調子が悪い。 べつに周囲に問題があるわけじゃない。いや、むしろ家庭では、嬉しい出来事があったばかりだ。なのに、どうにも気分は冴えない。やはり「コロナ鬱」なのかなあ……。 テレビ...

2021年03月17日 16:57

第2回「ジャーナリズムX(エックス)アワード」公募開始記念対談:星川淳さん×鈴木耕さん「自由で公正な社会に向けて、健全なジャーナリズムを育てたい」

政権によるマスメディアへの介入、メディアの側の忖度など、ジャーナリズムの危機が叫ばれて久しい昨今。一方で、SNSの発達などにより、以前には考えられなかった新しい形で情報を発信する市民メディアの動きも活...

2021年03月10日 16:30

本間龍さんに聞いた:コロナ感染リスクと膨らむ予算、それでもオリンピック開催にこだわる理由 - マガジン9編集部

昨年、ギリギリになって2021年への開催延期が決定した、東京オリンピック・パラリンピック大会。しかし現在に至っても、世界中で新型コロナウイルス感染症は収束しておらず、ワクチン接種もまだ進んでいません。...

2021年03月10日 15:51

人との関係を断ち切る貧困〜生活保護基準引き下げ違憲訴訟、大阪地裁で勝訴! の巻 - 雨宮処凛

「大阪地裁、勝ちました!!」 メーリングリストに流れてきたその言葉を見た瞬間、一人の部屋で「おおおおお!!」と叫んでいた。 この日、大阪地裁で下されたのは「生活保護基準引き下げ違憲訴訟(いのちのとりで...

2021年03月03日 15:18

なぜ、57歳母と24歳の息子は死んだのか〜「八尾市母子餓死事件」の調査のため、八尾市に〜の巻 - 雨宮処凛

新型コロナウイルスがこの国でも広がり始めた2020年2月22日、大阪府八尾市のアパートで、親子2人の遺体が発見された。 亡くなっていたのは、57歳の母親と、24歳の長男。 死後1ヶ月以上経過していた母...

2021年02月24日 15:13

「扶養照会」が壊す家族の絆〜最後のセーフティネットが「権利」になるために。の巻 - 雨宮処凛

「私が鬱で退職療養中に、25年間音信不通だった父の扶養照会を、数年間にわたり毎年受けました。DVや貧困など不幸なかつての家族生活を思い出し、照会があるたびに精神状態が不安定になりました。同時に親の面倒...

2021年02月10日 14:57

コロナ禍における「学校」、そして「不登校」「ひきこもり」〜ステイホームで突然「フロントランナー」となった在宅人たち。の巻 - 雨宮処凛

コロナ禍で変わったことはたくさんあるが、もっとも変わったのは、「在宅」をめぐるあれこれだろう。 「ステイホーム」が呼びかけられる中、多くの企業が在宅勤務を実践し、そのうちのかなりの割合が意外とできるこ...

2021年01月28日 13:53

「福祉」に頼りたくない、それぞれの理由。「扶養照会」についてのアンケートから見えたもの。の巻 - 雨宮処凛

コロナ禍で、多くの人が生活困窮に直面している。 仕事を失い、貯金も尽き、家賃やライフラインの滞納も始まっているという人も多いだろう。そんな時、頭にちらつくのは「生活保護」という言葉だと思う。自力で頑張...

2021年01月20日 17:27

命の危機でも生活保護を拒む人たちと、増える自殺者。の巻 - 雨宮処凛

怒涛の年末年始が終わったと思ったら、東京を中心とした一都三県は二度目の緊急事態宣言となった。 多くの飲食店が悲鳴を上げ、飲食の仕事にあぶれた人々は日雇い派遣に殺到し、そうなるとそれまで日雇い派遣で働い...

2021年01月13日 14:32

怒涛の年末年始 困窮者支援の現場から。の巻 - 雨宮処凛

2021年がやってきた。コロナ禍の年末年始、あなたはどのように過ごしただろうか。 私は12月29日から1月3日まで、困窮者支援の現場で相談員をつとめていた。この国の「底」が抜けているということを、嫌と...

2021年01月06日 16:44

年末年始の支援情報!〜炊き出し、相談会、大人食堂などなど〜の巻 - 雨宮処凛

12月19日、私は日比谷公園にいた。 この日開催されたのは、「なんでも相談会」。4月から開催されている「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守るなんでも電話相談会」と同時に開催された。 5回目とな...

2020年12月23日 16:25

政府は高齢者の命を軽視しているのではないか - 森永卓郎

私は、あちこちの雑誌に連載を書いたり、テレビの情報番組のコメンテーターとして発言したりしている。そのなかで、大手メディアで発言しようとすると、必ず圧力がかかってくる内容がある。それは、私の「政府は高齢...

2020年12月23日 14:47

異様の人 - 鈴木耕

「異能の人」という言い方がある。「異能」というのは「人にすぐれた才能」(広辞苑)ということで、「異能の人」といえば、「普通の人には考えも及ばないような発想をする特別な人」という意味で使われる。それにち...

2020年12月16日 13:50

記者のいない「記者会見」 - 鈴木耕

いやはや、ひどい「記者会見」だったな……と溜め息が漏れた。 12月4日(金)午後6時、約2カ月半ぶりに開かれた菅義偉首相の「記者会見」を見ての、ぼくの感想だ。なんだかイヤ~なものを飲み込ませられて、吐...

2020年12月09日 15:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。