マガジン9の記事一覧

安倍首相のイラン訪問は「初の安倍外交」か? タンカー攻撃はどこがやった? - 柴田鉄治

今月のニュースの最大の論点は、6月12日からの安倍首相のイラン訪問だ。安倍首相の「外交好き」はいまに始まったことではなく、首相になってからの訪問国はすでに50か国を超え、日露首脳会談は二十数回に及ぶ。日米首脳会談も、回数の多さでは世界でもトップクラスになろうか。ところが、その成果となるとさっぱりで、ロシアとの北方領土問題の解決はいっこうに進まず、もっとも近い国であるはずの韓国との間は、最悪と言って...

2019年06月26日 12:07

報道の死は国の死につながる - 鈴木耕

NHKニュースの奇異 6月23日、沖縄「慰霊の日」である。太平洋戦争時、沖縄は日本国内で地上戦が行われた地であり、その死者数は約20万人、県民の4人にひとりが死亡したといわれる酸鼻極まる戦いだった(米...

2019年06月26日 12:06

6月11日、3度目のフラワーデモ。の巻 - 雨宮処凛

「私は16歳の時に、集団レイプの被害に遭いました。それはその後の私の人生を大きく変えました。進学することもできなくなり、その後2年ほどは乖離状態になって、自分がどんなふうに過ごしてきたか、はっきり思い...

2019年06月19日 12:09

右であれ左であれ、わが祖国 - 鈴木耕

DON’T SHOOT OUR KIDS! デモの力を再認識した。香港の若者たちのことである。いや、若者たちだけではなかった。その若者の親たちもまた、立ち上がったのだ。母親たちの掲げたプラカードには「...

2019年06月19日 12:06

独裁臭の政治家たち - 鈴木耕

毒を失くした「喜劇」 みなさんは『独裁者』という映画をご存じだろう。チャップリンの傑作として、知らない人はいないはず。封切りは1940年のニューヨーク。当時、世界を席巻していたドイツの独裁者ヒトラーを...

2019年06月12日 14:48

『つみびと』から、大阪二児置き去り死事件を思う。の巻 - 雨宮処凛

痛ましい児童虐待の事件が続いている。 昨年、目黒で命を奪われた5歳の結愛ちゃん。そして今年、千葉県野田市で虐待の末亡くなった10歳の心愛ちゃん。また、最近も札幌で2歳の女の子が衰弱死し、母親と交際相手...

2019年06月12日 11:04

映画『主戦場』その後〜デザキ監督の記者会見から

今年4月に公開されて大きな話題を呼んでいる、映画『主戦場』。旧日本軍「慰安婦」の問題について、研究者や人権活動家、問題の存在そのものを否定する人など、さまざまな立場の人たちがスクリーン上で「論争」を繰...

2019年06月06日 14:15

また「3人産め」発言と、女性議員がいなかった市と、私が貶められた言葉。の巻 - 雨宮処凛

“失言担当大臣”・桜田前オリンピック担当大臣がまたやらかした。 5月29日、自民党のパーティーで「子どもを3人くらい産むようお願いしてもらいたい」と発言したのだ。この発言には与野党問わず非難が集まり、...

2019年06月05日 12:09

【本日の安倍総理】というコーナー - 鈴木耕

NHKニュースの堕落 江戸期の俳人・宝井其角にこんな句がある。 〈鐘ひとつ 売れぬ日はなし 江戸の春〉 めったに売れることのない鐘だって、江戸ではけっこう売れる。それほど繁栄している大都会の春だなあ…...

2019年06月05日 12:02

「人生再設計第一世代」って、「第二、第三世代」と続くからこのネーミング? 〜財務省前の消費増税反対アクションで考えた〜の巻 - 雨宮処凛

「私には恋人もいて、結婚もしたいし家庭も持ちたいと思ってるんですけど、それもお金とかの問題でなかなかできなくて、それでも私の恋人は身を粉にして働いています。本当に、真面目で勤勉で優しい人たちがどうして...

2019年05月29日 12:00

平成から令和へ、新天皇の憲法をめぐる「お言葉」は、なぜ変わったのか(柴田鉄治)

今月のニュースと言えば、平成天皇の退位により、平成から令和へと改元があったこと。戦後初の10連休というお祭り騒ぎもあって、平年とは違う5月となった。いや、30年前の昭和から平成への改元のときとも状況は...

2019年05月29日 12:00

もし、あなたの周りにネット右翼がいるなら… - 鈴木耕

大騒ぎが報道じゃない! ようやく「令和大騒動」が一段落したと思ったら、今度はトランプ大統領来日で浮かれまくっている安倍政権と、それを何の批判もなく大騒ぎで伝えるマスメディア。大騒ぎで伝えることが「報道...

2019年05月29日 11:05

「#MeToo」フラワーデモ、再び。の巻 - 雨宮処凛

「男性の皆さんへお願いです。性暴力やセクハラをネタにしないでください。男同士の会話でネタにされた時、できれば笑わないでください。真顔で『それ面白くない』という反応をしてください。最後に、できたら、でい...

2019年05月22日 11:01

自民公明の奇妙な論理、大阪と沖縄の「民意」 - 鈴木耕

また政治家たちのいい加減さが浮き彫りになるニュース。 大阪の府知事選・市長選に続く大阪12区衆院補選での維新の圧勝を受けて、公明党が「大阪都構想についての住民投票」の実施容認を決定。さらに、自民党も住...

2019年05月15日 16:20

ペットと安楽死〜消えつつある命と向き合い、考え悩んだ一ヶ月〜の巻 - 雨宮処凛

この大型連休を、あなたはどのように過ごしただろうか。 私はなんだかぼーっと過ごした。3月末に猫のつくしが余命一ヶ月の宣告を受け、介護のために予定をあけていた連休。だけどつくしは4月なかばに死んでしまっ...

2019年05月08日 11:08

ミキ・デザキさんに聞いた:「慰安婦問題」論争の渦中へ。「いいね!」ばかりの心地いい場所から一歩を踏み出そう - マガジン9編集部

ようこそ、「慰安婦問題」論争の渦中へ──。そんな挑発的なキャッチコピーを携えて、先週公開されたばかりの映画『主戦場』。日本のメディアではときにタブーのようにも扱われてきた旧日本軍の「従軍慰安婦」問題に...

2019年04月30日 07:02

裁判官に人権教育と性教育を!〜無罪判決に、抗議の「#MeToo」〜(雨宮処凛)

「子どもの頃に強制わいせつの被害に遭いました。20歳になってから記憶が蘇って、PTSDの症状で学校に行けなくなりました。ご飯も食べられなくなりました。夜も眠れませんでした。もう10年以上経ちました。非...

2019年04月24日 12:08

辻岡涼さん、高橋亜咲さんに聞いた:性差別や性暴力に、NOと声を上げよう - マガジン9編集部

「ヤレる女子大生ランキング」というタイトルで、女子大生を男性の性的な目線で格付けした記事を載せた『週刊SPA!』(扶桑社刊)が世に出たのは昨年暮れ。「まだこんなことやっているのか」「くだらない、ばかば...

2019年04月03日 12:05

猥褻(わいせつ)事件が多すぎる - 鈴木耕

理解できない判決ちょっと前だが、愕然とするような判決についての記事があった。憶えておられるだろうか?各紙が報じていたが、その中から毎日新聞の記事(3月13日付)を見てみる。飲酒によって意識がもうろうと...

2019年03月27日 13:50

トランプ大統領の「ロシア疑惑」と安倍首相の「もり・かけ疑惑」 - 柴田鉄治

トランプ氏が大統領に当選する前の選挙中から話題になっていた「ロシア疑惑」、ロシアがトランプ陣営に肩入れしたのではないかという問題を調べていたマラー特別検察官の捜査報告書が司法長官に提出され、3月24日...

2019年03月27日 10:09

県民投票の結果を、国の政策にどう反映させるか? - 南部義典

沖縄県は14日、「“普天間飛行場の代替施設として”国が名護市辺野古に計画している米軍基地建設のための埋立ての是非」を問う県民投票を告示しました。24日の投開票日に向けて、県民投票運動期間はすでに後半に...

2019年02月20日 13:58

幼稚化する社会 - 鈴木耕

子どものケンカ外交 なんだか子どものケンカじみてきた。韓国国会議長の「首相か天皇が元慰安婦の方の手を握って、ひとこと謝罪すれば済む話だ」という発言を巡っての日韓両国政府のやりとりだ。 河野太郎外相「韓...

2019年02月20日 11:06

麻生失言から振り返るロスジェネ論壇、そして現在。の巻 - 雨宮処凛

「年を取ったやつが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違い。子どもを産まなかったほうが問題なんじゃないか」 おなじみの失言担当大臣・麻生太郎氏の発言である。2月3日、地元・福岡...

2019年02月13日 16:44

ほんとうに“日本は素晴らしい”のか? - 鈴木耕

以前ほど「ニッポンすごいですねえ」「素晴らしいニッポン」というようなTV番組は少なくなったようだが、それでもまだそんな類いの番組はある。別に、それはそれでかまわない。 けれど、そんな番組とは裏腹に、最...

2019年02月13日 11:07

卑しい人たちがいる…… - 鈴木耕

汚語を連発する連中 かなり腹が立っているので、今回はちょっと言葉遣いが荒っぽいかもしれないけれど、乞うご容赦、です。 日本人って、いつからこんなに卑しくなってしまったんだろう、と感じてしまうことがあっ...

2019年01月23日 12:00

「ヤレる」ランキングと、「#MeToo」のその後について - 雨宮処凛

政治家によるジェンダー差別発言に関するネット投票の結果が、9日に発表された。 2018年のワースト1位に選ばれたのは、財務事務次官の一連のセクハラ問題で「何がセクハラか」さっぱりわかっていないことを露...

2019年01月16日 12:12

寿町の火災から、「寄せ場化する」この国を思う - 雨宮処凛

この年末も、都内や横浜の炊き出し現場を回った。 渋谷、池袋、横浜寿町、山谷。 役所が閉まる年末年始、住む場所を失うなど生活に困窮した人々に食事を振る舞い、生活相談に乗るなどの取り組みが全国各地で行われ...

2019年01月09日 12:09

不安(不穏)な年明け - 鈴木耕

明けましておめでとう…と言いたいところだけれど、ぼくにとっては3年続きの「喪中欠礼」。新年を迎えても、めでたいようなめでたくないような…。 まあ、一茶風に〈めでたさも 中くらいなり おらが春〉といった...

2019年01月09日 12:02

2018年を振り返る -雨宮処凛

2018年もあとほんの少しで終わりだ。 前回の原稿では「#MeToo」関連のことを振り返ったわけだが、今回は2018年全体を振り返りたい。 まず思い出すのは、オウム真理教の一連の事件によって死刑が確定...

2018年12月26日 14:17

「災害国家、日本」に強烈な対応策を!(柴田鉄治)

2018年も間もなく終わるが、今年を振り返って「日本は災害国家だ」とあらためて思った。もともと台風の通路であるうえ、地球を覆うプレートが4つもぶつかり合ったところに所在しているため、世界で最も地震の多...

2018年12月19日 12:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。