木下拓海の記事一覧

オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

ネットで大人気のガーナ映画『アフリカン・カンフー・ナチス』が6月12日に劇場公開され、ガーナの映画ポスター職人描きおろしの新ポスターを公開した。この作品は、先日、米軍が遺骨を太平洋に散骨したと話題になった東條英機元首相と、ドイツのアドルフ・ヒトラー、そしてヒトラーの片腕であるゲーリングが実は戦後も生きていて、潜水艦でアフリカのガーナに逃亡して支配しようとするものの、地元のカンフー青年たちがそれに立...

2021年06月14日 11:34

在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

中国水族館バブルが到来するもコロナ直撃2009年に公開され、アカデミー賞を獲得した映画『The Cove』。和歌山県太地町で行われているイルカ漁を取り上げたこの作品は、その内容や手法を巡り、国内外に大...

2021年04月12日 08:07

コロナ禍であつ森は出会いの場・集会の場・そして政治運動の場へ - 木下拓海

SEVERAL WEEKS LATER:点から面へ、通信でつながった島々この企画では『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』に関する過去のツイートを日本語と英語で遡ることで、これからのエンタメのヒントを探...

2020年09月08日 07:04

人種・宗教・セクシュアリティ…世界規模のバーチャル空間『あつ森』に求められた多様性 - 木下拓海

AFTER DAY1:多様性との戦い『あつまれ どうぶつの森(あつ森)』に関する過去のツイートを日本語と英語で遡るこの企画。今回は発売翌日の2020年3月21日以降の出来事をしばらく振り返ってみよう。...

2020年09月01日 11:45

コロナ禍で世界に広がる『あつ森』現象 その歴史をTwitterで振り返る - 木下拓海

DAY1:ビッグバン 任天堂に史上空前の営業利益をもたらし、全世界で2240万本も売れた無人島開拓シミュレーションゲーム『あつまれ どうぶつの森』(略して、あつ森)。その影響はTwitterにも及び、...

2020年08月24日 07:11

おっぱいかく戦えり 地上波最後のおっぱいを探せ

1990年代当時、私は南太平洋の小国・フィジーに家族と住んでいた。その頃のフィジーはまだテレビ放送すら存在せず、無論まだインターネットもない。唯一の日本の情報源は、大使館から駐在日本人の間を回りに回っ...

2017年06月13日 09:06

大画面化して逆に"見なくなった"テレビ

実家が引越しをした。父はもう亡くなっていて、僕と弟は東京に出ているので、実家は今、母と妹の二人暮らし。女手では大変だろうと手伝いに行ったら、すべての家具の配置を終えた一番最後に、テレビの置き場所を決め...

2017年04月01日 10:09

トランプが大統領になり、SMAPで終わる2016年

今年はまるでスマホの画面をスワイプするかのように、次から次へと事件が起きては消費されていった。「ポケモンGO」が大流行したのも今年の夏。しかし今、ポケモンが出るとされる新小岩の駅前に行ってみると、高齢...

2016年12月31日 09:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。