菊地直子の記事一覧

控訴しました

新潮社相手の民事訴訟ですが、本日、控訴いたしました。最初に、一審の結果を整理しておこうと思います。まず、男女関係のことを書かれた件について勝訴しました。さらに、(地下鉄サリン事件で)不起訴になってから2年後に発売された週刊新潮の記事において、地下鉄サリン事件に関与があるように書かれた部分についても勝訴しました。しかし、逮捕直後に発売された週刊新潮の記事において、地下鉄サリン事件に関与しているように...

2020年07月21日 20:58

マスメディアは真実を伝える媒体ではない

花さんのお母さんが、真実はこうだったと明かしている。https://www.asahi.com/articles/ASN747G25N73UCVL02L.html?iref=pc_rellink_05...

2020年07月09日 10:42

私が無罪であることを知っている2人について

私が無罪であることを知っているたった2人の人物が先日亡くなりました。中川智正さんと井上嘉浩さんです。井上さんは、自分が嘘の証言をしていることをわかっていたはずですし、中川さんは、報道等で言われているよ...

2018年08月04日 05:22

出版社からの手紙

先日、自宅にある出版社から手紙が届きました。驚いたのは、私の住所が知られてしまったことです。私の住所を知っているのは、数限られた人だけです。それらの人が私の住所を出版社に教えるなど考えられません。住所...

2018年06月19日 09:33

上祐史浩さんのSPA!インタビュー記事について

2012年の6月19日号のSPA!のインタビュー記事で、上祐史浩さんは、「菊地はサリン生成に関与し、刑事責任を負った」と語っています。しかし、実際には、私はサリン生成には一切無関係です。この件について...

2018年04月13日 07:20

このブログについて

私がブログをやっている事に対して、アフィリエイトで儲けるなんてという意見がありましたが、アフィリエイトはやっていません。広告収入はブログ運営サイトへのものです。JUGEMの無料ブログを試しに開設されて...

2018年04月12日 23:14

オウム真理教の不思議な習慣②

なぜ、①に書いたような習慣が教団内で常態化していたかですが、私としては主に3つの原因があると考えています。まず、第一に、教団の教えは密教とされていたことの関連性から「秘密」がとても重視されていたことで...

2018年04月06日 15:44

井上嘉浩さんの嘘⑤ なぜ彼は嘘をつくのか

では、なぜ彼はこれほどまでの嘘をつくのでしょうか。私が逮捕された直後、弁護人の先生から、井上さんが「爆薬を菊地さんに見せた」と話していると聞き、大変驚きました。そのような事実に覚えがなかったからです。...

2018年03月30日 10:28

逃走の始まり

前回のブログで、自分が指名手配を知ったときのことを覚えていないと書いた。裁判資料を見返していたら、そのときのことを語っている中川智正さんの証言の記録をみつけた。弁護人「具体的にどんな具合だったのか、教...

2018年03月19日 18:56

井上嘉浩さんの嘘③ マスメディアを使った嘘

控訴審(二審)の準備をしている頃、ある大手のマスメディアの記者の方からお手紙をもらった。その記者の方は、控訴審から私の裁判の担当になったらしい。「一審を担当していた記者から『菊地さんの証言にとても説得...

2018年02月13日 02:19

井上嘉浩さんの嘘④ 他の被告人の裁判での嘘

まだ私が東京拘置所にいたときのことだ。ある放送局の記者から、「高橋克也さんの一審の裁判で『サリンをまくという説明が事前にあったかどうか』が争点になっていて、証人によって主張が異なっていて大変難しい審理...

2018年01月13日 02:34

井上さんの嘘② 「詳しすぎる証言」と「部下の供述調書」

裁判員裁判では、裁判前整理手続が必ず行われる。裁判員裁判は一般人が裁判員になるので、できる限り審理を短期間で行えるように、あらかじめ非公開で争点を整理しておくのだ。このときに、証人や証拠なども決定され...

2018年01月11日 01:00

井上さんの嘘① 笑顔の会釈

私は地下鉄サリン事件で不起訴になり、VX事件でも不起訴になった。そして三度目に逮捕された都庁爆弾事件で起訴された。「菊地さんとは毎回、話をしていました」一審の証人尋問で、井上さんはそう語った。私が中川...

2018年01月07日 23:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。