松田健次の記事一覧

【M-1グランプリ2020】強烈ナンセンス?マヂラブ“つり革触らない”優勝ネタ

今年のM-1が終わった。その心中は煩悶としている。一年に一度のとくべつなコンテンツを見届けた達成感がありつつも、今年の「M-1」をこれまで見てきた「M-1」の棚に並べてしまい置くには、まだ早いと言うか、整理がつかないというか・・・そんな感じだ。ひとまず、今自分の中にある「M-1グランプリ2020」から感じたことを書き出してみるが、今大会はいつにも増して「物語」が多かったのではという思いがある。前回...

2020年12月23日 06:49

「ニンドスハッカッカ マー ヒジリキホッキョッキョ」小松政夫さんの遺したギャグと語源の謎

小松の親分さんが天に昇った。小松政夫――、50代半ばである自分には、70年代バラエティでの「伊東・小松」、伊東四朗とのコンビに尽きる。このコンビの絶頂期は「笑って!笑って!!60分」(TBS 1975...

2020年12月16日 07:04

己の中の“負け犬”をぶっ殺せ!年末に見たいボクシング映画「アンダードッグ」

新作映画「アンダードッグ」、観賞前には前編131分・後編145分という長尺の不安が一瞬よぎったが、結局、ただただ掴まれ、観終えて全身が火照っている。安藤サクラ主演「百円の恋」(2014年)、山田孝之主...

2020年11月27日 14:44

鬼滅を超える超大作!? 人の心の中の鬼をあぶり出すモキュメンタリー「続・ボラット」を見逃すな

2020年の日本で「やさしい笑い」という言われ方がされるようになったのは、「M-1グランプリ2019」でミルクボーイやぺこぱが高い支持を集めたことに対する意味付けだった。別にM-1を制してきた笑いがそ...

2020年11月06日 07:07

半沢直樹だけじゃない!大ヒットドラマに共通する「赤目メイク」のインパクト

「愛の不時着」「梨泰院(イテウォン)クラス」「MIU404」「半沢直樹」・・・どれも今年を代表するドラマだ。これらを観ていて気付いた共通点がある。のだが、この共通点を認識するにあたり、これはドラマ好き...

2020年09月25日 07:02

オッサンの裸と恍惚とした表情…BS朝日「サウナを愛でたい」で貴殿も天国へ

現実逃避したくなる日々、「天国」へのいざないを唱え続ける奇特な番組がある。BS朝日で放送中の「サウナを愛でたい」。2019年からの特番を経て、今年3月にレギュラー化され、現在放送中だ。現世にはサウナと...

2020年08月23日 11:55

クラスター起こしたイケメン人狼 舞台関係者の努力を台無しにする「密」はなぜ起きた

多くの業種がまだまだ先の見えないコロナに翻弄されて喘いでいる。「人を集める」「人が集まる」ことで成り立つエンタメ、中でも劇場公演はまさにその突端にある。2月、3月から公演中止の波が押し寄せ、4月の緊急...

2020年07月22日 07:04

「女帝 小池百合子」“虚”の大芝居で権力を握った小池氏の半生

話題のノンフィクション「女帝 小池百合子」、一読で圧倒され、すぐさま再読しまた圧倒される。読めば読むほど安易な覗き込みを憚る彼女の『物語』。読後、曖昧にやり過ごしていた現実の風景が明らかに変わる。これ...

2020年06月15日 14:22

「久本雅美の名前で50万円借金」ワハハ本舗をクビになったクズ芸人・小堀敏夫の生き様

「ザ・ノンフィクション/52歳でクビになりました。~クズ芸人の生きる道~」(フジテレビ 2020年4月19日放送)が尾を引いている。アンダーコロナというナーバスで常時ならざる状況にあるからか、非常時と...

2020年05月19日 09:02

「犯人挙げるか、チキン揚げるか」おうちで見たい大ヒット韓国映画『エクストリーム・ジョブ』

観たい映画を観に行くキッカケをあれよと失しているうちに、映画館という映画館はすっかり休館状態になってしまった。そんなタイミングに有料配信が施され、自宅観賞が叶ってしまった1本が韓国のコメディ映画「エク...

2020年04月23日 12:07

「映画は人生の予行演習」いま見ておくべきウイルス映画3選

新型コロナウイルスによって、数ヶ月前には予想だにしなかった状況に置かれてしまった。現実ではないような現実。まるで映画のような世界。そこでいま、世界に何が起きているのか、自分はどこに置かれているのか、そ...

2020年03月31日 12:05

「映像研には手を出すな!」落語好きならドハマりする小ネタ満載のアニメ

女子高生3人が個々の才能を寄せあって、アニメ制作の世界に踏み出していく物語「映像研には手を出すな!」にハマっている。コミックは2016年から「月刊!スピリッツ」で連載開始、アニメは2020年1月5日か...

2020年02月26日 08:11

オスカー6部門ノミネート「パラサイト 半地下の家族」が描いた切なくて痛い格差社会

ポン・ジュノ監督の新作「パラサイト 半地下の家族」が、13日に発表された第92回アカデミー賞のノミネーションで、韓国映画として初めての作品賞ノミネートをはじめ、計6部門ノミネートという快挙を達成した。...

2020年01月14日 13:03

M-1王者ミルクボーイ「昭和のベテラン漫才師口調」が生み出したオンリーワンの魅力

今年の「M-1」が終わり、エントリー総数5040組の頂点に立った新王者ミルクボーイの衝撃的な面白さが尾を引いている。番組後に「今年初めてテレビで漫才をやった」と明かしていたが、それぐらいの「低さ」から...

2019年12月25日 11:06

山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」

第32回東京国際映画祭でのワールドプレミアで原一男監督による新作映画「れいわ一揆」を観た。今年7月の参院選で大きな注目を集めた新党「れいわ新選組」から立候補した女性装の東大教授・安冨歩の選挙活動への密...

2019年12月03日 07:31

結合したまま戦うエロティックアクション映画「クライングフリーセックス」待望の続編はおっぱいに注目

岩崎友彦監督「クライングフリーセックス Never Again!」が11月9日に新宿ケイズシネマで公開された。これは昨秋公開された「クライングフリーセックス」の続編だ。この映画、通称「クラフリ」は男女...

2019年11月12日 08:17

又吉直樹による初の長編小説「人間」はクソリプする貴方に問いかける

又吉直樹による初の長編小説「人間」は、又吉が芸人として初めて芥川賞を受賞するという一大事の後に、周囲より受けざるを得なかった決して好ましくはない、批評、反応、影響、などによって沈殿した感情を浚渫し、芸...

2019年11月06日 07:12

『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督の新作映画はプレッシャーに打ち勝った一本

あの「カメラを止めるな!」で、制作費300万円という低予算映画を興収31億円に導く奇跡を起こした上田慎一郎監督の劇場長編第二弾「スペシャルアクターズ」を、公開初日(10月18日)、丸の内ピカデリーで観...

2019年10月24日 12:06

「史上最強の笑いはシモネタ」テレビに出られずとも芸風を貫き通す地下芸人の生き様

「芸人とは何か?」――、そんな問いが何かの折にふと浮かぶことがある。答えはいつもその時々に変わりFIXすることはない。ある時は創造性、ある時はナンセンス、ある時は人間性、ある時はラディカルさ、ある時は...

2019年10月03日 09:57

キングオブコント2019を制した「大きなイチモツ」 巨根ネタは時代の経済を映す鏡

「キングオブコント2019」で優勝したのは、シモネタなミュージカルで「♪おおっきな、イチモツを、く・だ・さ・いっ~」と連呼したどぶろっくだった。お笑い界屈指の賞レースを100%のシモネタが制するという...

2019年09月27日 08:19

「関東芸人はなぜM-1で勝てないのか?」敗者・ナイツ塙宣之だからこそ語れた漫才論

ナイツ塙宣之による「M-1論」「漫才論」がそそぎ込まれた新刊「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」(集英社新書 聞き手:中村計)が刊行された。これは昨年夏、集英社新書プラスのWEBサイトで集中...

2019年08月29日 10:50

宮迫VS.岡本社長「乳首相撲」は実現なるか 芸能界における乳首ネタの歴史

参院選投票日の午前、「ワイドナショー」(フジテレビ)の生放送で松本人志が発した「乳首相撲」というワードがにわかにクローズアップされた。一連の闇営業問題で関係がこじれた吉本興業(岡本社長)と芸人(宮迫博...

2019年07月24日 08:44

「いやあ、鶯谷はションベンくせえ街だな、おい」漫才コンビ・納言の街ディスりネタが秀逸

「いやあ、鶯谷はションベンくせえ街だな、おい」「いやあ、大塚の救急車はぜんぜん急がねえな、おい」―――、漫才コンビ「納言」の薄幸(すすきみゆき)が言い放つ「街ディスり」のキレ具合を追いかけている。お笑...

2019年07月03日 12:11

「ヤッたではない。ヤらせていただいたんだ」さらば青春の光・森田が綴った謙虚で下衆なエロストーリー

男のエロ話は粗雑に繰り出すと、下品な片ハシャギに堕ちる。まさに取るに足りない下品なゾーンに堕ちた状態を、男であれば、送り手として受け手として大方経験があるだろう。その一方で、エロ話でありながら品ある両...

2019年05月08日 07:58

常識やお行儀なんてクソ食らえ!マック赤坂、初当選で「いじっていい人」に昇格

マック赤坂が当選した。マック赤坂と言えば、スマイル党総裁として「スマイル!」というフレーズを放ち続け、政見放送でのガンジーやスーパーマンなど奇抜なコスプレで知られる、選挙界のアンダーグラウンドな名物漢...

2019年04月25日 07:39

いとうせいこうが挑んだ「お笑い理論」の分析整理『今夜、笑いの数を数えましょう』

気にかかった笑いのカケラを拾いあげ、しげしげと眺める。のが、いい。「笑い」でときめいた余韻に少しでも長く浸っていたい、その記憶をとどめていたい、という時間だ。そんな自分にとって、しかも、この平成が終わ...

2019年04月02日 10:29

兄「そういうこと言わないの」妹「ちんちん、×××」障碍を持つ兄妹がどん底で見せる笑い 映画『岬の兄妹』

映画「岬の兄妹」を公開初日に観た。試写を観た知人から「驚愕」と薦められ気になっていた。観終えて感じたのは、どんな単位がふさわしいかわからない「熱量」だ。映画を塊にした映画玉をハラワタに突っ込まれ、ウン...

2019年03月07日 10:24

「ナイスセックス! ありがとう!」あいみょんが起こした2・18武道館セックスコール&レスポンス事件

昨年ブレイクを果たしたシンガーソングライターあいみょんが、2月13日にメジャー2枚目のニューアルバム「瞬間的シックスセンス」をリリースした。そして2月18日には自身初の武道館ライブを開催。とても行きた...

2019年03月01日 07:06

石破茂氏がバラエティ番組で魅せたイメージ戦略と美人妻のサポート力

2019年1月、石破茂が日本テレビのバラエティに続けて出演した。1月20日(日)「行列のできる法律相談所」、1月24日(木)「ダウンタウンDX」、両番組とも初出演となった。日テレバラエティの新年度ファ...

2019年01月30日 11:25

「パンケーキ食べたい♪蒲田はジゴク」おもしろ荘芸人・夢屋まさるの中毒性

パンケーキ食べたくないのに、「♪パンケーキ食べたい」と口ずさんでしまっている。自分自身、まあまあかぶれやすく、にわか体質だとは思うが、五十歳を過ぎたオッサンが「♪パンケーキ食べたい」と口ずさみ続けてい...

2019年01月22日 07:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。