竹田圭吾の記事一覧

本当はアブナくてオソロしい統一地方選

いきなりだが、問題。以下のうち、実在する条例はどれとどれか。 ・豪邸以外は建ててはいけない条例(兵庫県芦屋市六麓荘町) ・ギャンブル浪費生活保護受給者通報条例(兵庫県小野市) ・サルへの餌付け禁止条例(栃木県日光市) ・イノシシへの餌付け禁止条例(兵庫県西宮市) ・のら猫への餌やり禁止条例(東京都荒川区) ・りんご丸かじり促進条例(青森県板柳町) ・清酒による乾杯促進条例(京都府京都市) ・焼酎に...

2015年04月20日 16:23

報ステ古賀古館バトルについての私見(エイプリルフールではない)

古賀茂明さんと古館伊知郎さんが番組中に「バトル」を繰り広げた3月27日の報道ステーションを観ながら、こんなツイートをつぶやいた。言いたかったのは要するにこういうことだ。 コメンテーターという立場として...

2015年04月01日 19:18

私にホープツーリズムはできますか?

最近取材した医療研究者が言っていた。難病の治療法を臨床研究しているその人のもとには、メディアの報道などでその療法を知った患者やその家族から「治療を受けたい」との問い合わせがしばしばある。 臨床の資格要...

2014年03月05日 13:17

彼ひとりの夜にとっての浅田真央

浅田真央選手が4回目か5回目のジャンプを成功させたあたりから、自分の目から涙があふれ始めたことに彼はびっくりした。 それほど強い思い入れがあって、彼は浅田選手の演技を観てきたわけではない。ソチ五輪が開...

2014年02月22日 01:38

海賊党は「家入ネッ党」のモデルになるか

東京都都知事選に立候補し、8万8936票を獲得した起業家の家入一真氏(36)が新政党「インターネッ党」を設立し、今後行われる東京23区の区長選すべてに候補者を擁立するらしい。新東京計画始動|インターネ...

2014年02月12日 13:57

政治難民のための『ホール・アース・カタログ』

津田大介さんは優しい。しかもポジティブで楽観的だ。なぜそこまで、と感じるまでに。津田さんの新著『ウェブで政治を動かす!』を読んであらためてそう思う。本のタイトルは正確ではない。編集者が前のめりでつけた...

2012年11月18日 10:34

オバマはいかに「負ける」のか

ワシントンのユニオン駅近くのホテルで会ったグエン・フン(41)は、童顔ににこやかな表情を浮かべながらも、ちょっぴり憂鬱そうだった。 気持ちが晴れない理由は、仕事ではない。小さなコンサルティング会社の経...

2012年10月29日 13:43

青のアメリカ、赤のアメリカを超えて

カメラを持った撮影スタッフが見当たらず、訪問者が私ひとりだけだとわかると、彼は「テレビのクルーはいないのだね」とつぶやきつつ、がっかりした様子を悟られまいと私に背を向けて廊下を歩きだした。 ワシントン...

2012年10月26日 14:02

ブルックリンのNIMBY目線

火曜日夜の大統領選テレビ討論会の翌日、ブルックリンに行った。ティーパーティー・ムーブメントに参加しているユダヤ人の若者を取材するために。ミッドタウンから地下鉄で50分かかる。なんでそんな遠くまで出かけ...

2012年10月19日 01:36

世界でいちばんアメリカ大統領選が盛り上がっていない場所

月曜日夜のニューヨーク。2回目の大統領候補討論会は明日夜。10月3日の最初の討論会でロムニーがオバマを「圧倒」して支持率が拮抗したため、テレビのニュース番組は明日の討論会の注目ポイントをつぶさに報じて...

2012年10月16日 15:30

戦場で死ぬ日本人ジャーナリストはなぜフリーランスばかりなのか

シリアで山本美香さんが殺された事件を伝える新聞記事に、ここ10年ほどの間に紛争地で命を落とした日本人ジャーナリストを列記した表が添えられていた。 2004年5月にイラクで襲撃されて死亡した橋田信介さん...

2012年08月25日 03:10

国会事故調「日本文化論」についての一考察

海外メディアにとって、7月5日は久々に東京での動きに目を凝らすべき日付として刻まれていたはずだ。この日、国際的な評価尺度でチェルノブイリ原発事故と並ぶレベル7に位置づけられる東京電力福島第一原子力発電...

2012年07月13日 08:46

フランス大統領選(4)サルコジは何に敗れ去るのか

結局、サルコジは「負け戦」から抜けられなかった。4月22日の第1回投票はオランドが得票率28.63%で1位、サルコジは27.08%で2位。上位2人で争う5月6日の決戦投票の支持率ではオランド54.5%...

2012年04月24日 06:11

フランス大統領選(3)原発大国の乾いた空気

フランスと言えば原発、原発と言えばフランス。ということで、月曜日は選挙の取材はお休みして原発の話。AFP通信の元編集幹部で、現在はNewsteamという独立系の報道サイトの運営をしながら、大統領選の候...

2012年04月18日 12:33

フランス大統領選(2)パリは燃えているか

コンコルド広場と言えばルイ16世とマリー・アントワネットがギロチン台で首を斬り落とされた最期の地だが、サルコジにとっては2007年の大統領選で当確の発表を受けて大騒ぎで勝利を祝った場所。今年の第1回投...

2012年04月17日 00:00

フランス大統領選(1)赤い台風の目

土曜日の朝、バスティーユ広場に行った。広場というわりにはさほど広くはない。3月18日、ここに10万以上とされる支持者を集める集会があった。4月22日に第1回投票が行われるフランス大統領選に立候補してい...

2012年04月15日 03:32

「神の仕業」発言を批判できるのは誰と誰か

先週金曜日に与謝野馨・経済財政担当大臣の「神様の仕業」発言を知ったとき、 これはどう解釈したらいいのだろうかと頭が一瞬フリーズした。東電の賠償責任を否定するニュアンスとの記事内容を確認して、ああそれな...

2011年05月24日 01:11

シンプルに考えれば脱原発なう

福島原発の事故は「科学技術の挫折」だとあるメディアが書いた。違う、これは「人間の過信」だとツイッターでつぶやいた。脱原発が説得力をもつ理由もそこにあると、個人的に思う。そもそも、科学や技術そのものは無...

2011年05月14日 07:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。