片山 修の記事一覧

トヨタ「KINTO(キント)」は何がすごいのか

利用者が毎月、定額を支払う「サブスクリプション」型のサービスが広がっています。トヨタ自動車は、日本のメーカーで初めて、クルマの定額利用サービスに乗り出しました。自動車メーカーが定額サービスを手掛ける意味はどこにあるのでしょうか。トヨタの定額利用サービスは、3年間で一台のトヨタ車に乗ることができる「キントワン」と、3年間で6種類のレクサスブランドを乗り継ぐことができる「キントセレクト」の二種類です。...

2019年02月18日 17:49

トヨタの〝調達方針〟に変化か?

昨日の「日刊工業新聞」に興味深い記事が出ていました。「トヨタ、支給材据え置き 原料価格小幅下落も 高炉各社に譲歩」と題する記事です。これは、どういうことか。トヨタは、鉄鋼メーカーから一括大量購入した鋼...

2019年02月15日 16:19

日産ブランド回復へ、険しい道のり

今日、仏ルノー会長のジャンドミニク・スナール氏が日本に到着しました。日本滞在中に、日産社長の西川廣人氏、三菱自動車会長兼CEOの益子修氏らと会談する予定です。日産は、スナールさんを取締役に迎える予定で...

2019年02月14日 21:22

トヨタが目指す「モビリティ・カンパニー」の将来像

トヨタ自動車社長の豊田章男氏は、18年に開催された家電見本市「CES」で、「自動車をつくる会社からモビリティ・カンパニーにモデルチェンジする」と、高らかに宣言しました。あれから1年。トヨタが目指す「モ...

2019年02月12日 19:08

トヨタ「ジャパンタクシー」の改善とは

トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、誰にでも使いやすいユニバーサルデザインの「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」を、17年10月から発売しています。都内でも目にすること...

2019年02月08日 18:56

トヨタが下方修正「競争力を左右する変動ではない」

「えっ、なんで?」一瞬、緊迫した空気に包まれました。トヨタが2019年3月期の業績予想を下方修正したからです。いったい、トヨタに何が起きたのか。6日、決算会見に先立って配られた決算短信に、記者会見場は...

2019年02月07日 14:58

ホンダ、中国市場の勝算は?

中国市場の新車販売台数は、2018年に約2808万台と、28年ぶりに前年比マイナスとなりました。しかし、ホンダは今年、東風ホンダの第3工場を稼働させる予定です。1日にホンダが発表した、2018年4月か...

2019年02月06日 12:55

ソニー、過去最高益でも株価が下がるワケ

2月4日の東京株式市場で、ソニーの株価は前営業日比8・1パーセント安の5055円と大きく落ち込みました。15年9月以来の下落率です。5日も続落し、終値は5037円です。ソニーは1日、2018年度第3四...

2019年02月05日 18:58

パナソニックのロボティクスへの挑戦

工場で産業用のロボットが使われるのは当然の時代になりました。現場の「自動化(オートメーション)」の次は、「自己拡張(オーグメンテーション)」だと、パナソニックはいいます。どういうことでしょうか。パナソ...

2019年01月29日 18:26

ウエラブルは絶好のチャンスだ!

ウェアラブル市場の現在、そして、今後の動向や如何に。マクロな立場からはさまざまな分析がなされていますが、今回はミクロな視点で考えてみましょう。以下は、1月16日から18日までの3日間、東京ビッグサイト...

2019年01月28日 14:36

ソニー・アイボの新サービスの可能性

1月23日、ソニーは都内で「aibo(アイボ)」新サービス発表会を行いました。ソニー執行役員で、AIロボティクスサービス担当の川西泉さんは、会見の冒頭、次のように語りました。「発売から1年が経ち、アイ...

2019年01月24日 13:55

中国の自動車市場でのホンダの戦略

昨日、中国の自動車市場が28年ぶりに減少に転じたことについて触れました。とはいえ、中国は年間3000万台近くを販売する世界一の市場であり、日本の自動車メーカーにとって、しっかりと押さえるべき市場である...

2019年01月18日 16:03

中国・自動車市場変調、いかに対応するか

中国の自動車市場が変調しています。2018年の新車販売台数は、前年比2.8%減の2808万600台でした。天安門事件の翌1990年以降、28年ぶりに減少に転じたんですね。 中国市場は、リーマン・ショッ...

2019年01月17日 18:22

ユニクロの「エアリズム」を、真冬の日本で買えるのか

ファーストリテイリングが「情報製造小売業」に生まれ変わろうとしています。しかしながら、実際のところは、どうなのか。以下は、真冬にユニクロの「エアリズム」を買いにいった事務所のスタッフから聞いた話です。...

2019年01月16日 08:23

サントリー酒類事業の成否

1月10日、サントリーBWS(Suntory Beer, Wine & Spirits Japan Ltd.)は、都内で国内酒類2019年事業方針記者会見を行いました。冒頭、サントリーBWS代...

2019年01月11日 21:04

航続距離が570キロに伸びた「日産リーフ e+」

1月9日、日産は横浜のグローバル本社で、電気自動車「リーフ」のハイパフォーマンスモデルの追加を発表した。新しく発表された「日産リーフ e+(イープラス)」は、航続距離がJC08モードで従来の400キロ...

2019年01月10日 12:33

自工会の豊田章男会長、「自動車は〝納税産業〟ではない」

「恒久減税を認めていただいたことに感謝したい」――。日本自動車工業会会長の豊田章男氏は20日の定例会見の席上、自動車税の減税が盛り込まれた与党税制改正大綱について、そのように述べました。「日本のユーザ...

2018年12月21日 20:40

ゴーン氏は西川氏をクビにしたかった?

日産元会長のカルロス・ゴーン氏は、今日午後にも、金融商品取引法違反で起訴されると見られています。ゴーン氏逮捕までの経緯については、司法取引があったことは確かですが、ほとんど情報がありません。日産幹部は...

2018年12月10日 13:45

JAL副操縦士の酩酊事件にみる「生活者視点」

11月30日、英国の裁判所は、乗務前の過剰飲酒により10月にロンドン・ヒースロー空港で逮捕・拘束された日本航空(JAL)の副操縦士に対し、禁錮10カ月の実刑判決を言い渡しました。今日はこの「JAL副操...

2018年12月04日 16:27

日産「フォーミュラE」に参戦

日産が、FIA(国際自動車連盟)が主催するフォーミュラE選手権(FE)への参戦を表明したのは、昨年の東京モーターショーでした。先月30日、日産は、そのフォーミュラEの体制を発表しました。開幕戦は12月...

2018年12月03日 19:14

日産ゴーン氏の不正、なぜ見抜けなかったのか

日産前会長のカルロス・ゴーン氏をめぐる事件では、有価証券報告書の役員報酬の過少記載、また、会社資金の不正流用などが問題になっています。有価証券報告書は、本来、その内容を、社内の監査役、あるいは社外の監...

2018年11月30日 17:37

レクサス「UX」は「オジサン車」ではない

トヨタは11月27日、レクサスの新型「UX」を発売しました。「UX」は、トヨタ「C-HR」のプラットフォームを採用した小型SUVです。国内外のSUV人気は、高級車市場でも同じです。レクサスにはすでに、...

2018年11月29日 16:28

ゴーン事件、問われる日本のグローバリズム

ゴーン事件の発生から1週間。事件は複雑化する一方です。解決は容易ではありません。三菱自動車は昨日、臨時取締役会を開き、カルロス・ゴーン氏の会長職を解任し、代表権を外すことを全会一致で決定しました。暫定...

2018年11月27日 18:03

ゴーン氏解任後の日産は、大丈夫なのか?

このたびの“ゴーン騒動”をめぐって、テレビやラジオなどでいろいろ発言しましたが、いま考えていることを少しまとめてみたいと思います。日産は、今日の取締役会で、カルロス・ゴーン氏の会長職と代表取締役、また...

2018年11月22日 15:47

日産カルロス・ゴーン会長、逮捕か!?

まさか?と思いました。衝撃です。日産会長のカルロス・ゴーン氏逮捕へ、のニュースです。ゴーンさんが、金融商品取引法違反の容疑で任意同行されたといいます。有価証券報告書に、自らの報酬について過小報告してい...

2018年11月19日 19:25

日本の宇宙ビジネスは活性化するか

今日、「人工衛星等の打上げ及び人工衛星の管理に関する法律」が施行されました。従来、日本ではJAXA(宇宙航空研究開発機構)と、その業務移管を受けた三菱重工業しか、人工衛星を載せたロケットの打ち上げは認...

2018年11月15日 18:00

パナソニックの「HomeX」は、暮らしをカスタマイズする?

やや旧聞に値しますが、11月2日、パナソニックは、世田谷区駒沢に展示されたモデルハウス「カサートアーバン」で、「HomeX」の説明会を行いました。「カサートアーバン」は、11月3日に発売された都市型の...

2018年11月12日 17:13

マツダ丸本明氏は〝顔〟の見える社長になれるか

企業にとって大切なのは、社長の〝顔〟が見えることではないでしょうか。社長の〝顔〟が見えてこそ、社会の共感を得ることができ、困難を乗り切れるからです。「性格的には飽きっぽい。短気。すぐに答えが出ないとイ...

2018年11月09日 13:35

トヨタ「6000億円原価低減」の波紋

トヨタ自動車の第2四半期決算説明会における、ある発言が波紋を呼んでいます。「6000億円くらい原価低減できれば」という副社長の小林耕士氏の〝サプライズ発言〟です。トヨタは毎年、3000億円規模で製造原...

2018年11月08日 14:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。