岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログの記事一覧

タブレット端末(っていうかiPad)のある風景

いわゆるタブレット系の端末の興隆の中でiPad独り勝ちという話がMediaを中心に喧伝されつつありますが、とりあえず諸般の事情により私の手元にはiPadがあったりします。諸般の事情の中には別にiPadじゃなくても良かったとか色々含まれるのですが、とりあえず手元にある。で、世の中的にこういう端末をビジネスの場で色々生かそうぜという話が渦巻いていたりしますが、とりあえず私の場合には仕事用途4割、私用6...

2011年09月26日 12:45

【台風15号】四の五の言う前のリスクマネジメント、そして対策

台風一過の快晴の空を見上げながら出勤した今日。舞い散った落ち葉やら壊れた傘などが無ければ本当に昨日の事すら忘れてしまいそうな穏やかな日だったりしますが、実際には各所で大変な状況になっていたわけです。因...

2011年09月22日 13:26

ソーシャルメディア戦略って言い回し自体、なんだか間違ってない?

戦略とか戦術という単語自体をどう理解しているかというのが問題なのですが、たとえばその人なりの役割によって自分の見える範囲が変わってきて、その役割を果たす事自体が目的なのか、どの程度全体の中での役割自体...

2011年09月13日 12:59

スパムコメント、そしてスパムラベリングが中立性や公正性といった訳のわからない概念を嘲笑っている

みんなで飲食店やら何やらに対するコメントや評価を入れてゆき、他の人にその「有益な」情報を展開しようという系のサービスは幾つかの有名な飲食店を対象としたサービスをはじめ色々とある訳ですが、私自身はそれら...

2011年09月08日 15:15

災害時に日本のロボットが何故使えないか論に見る、実用を許さない環境の存在

まず最初に私自身は災害時対応などのいわゆる「専門家」ではありません。ただ、今までのつたない経験からではありますが、単純に物事に備えているだけではいざと言うときに何も機能しないことを知っています。その条...

2011年09月02日 13:16

カレログを横目に見ながら思うこと

何かしらの無線通信端末を通じて何かしらを追跡したりするシステムやサービス、そしてそのための無線通信端末自体はかなり昔からあります。専用の機材、いわゆる組み込み系の世界で「モノ」を追いかけたり何かしらの...

2011年08月31日 13:34

陸上自衛隊の平成23年度冨士総合火力演習を見に行って何を感じたか

元々イベント屋としての経歴が長いし、常に「その場に居合わせた感がイベントの根幹である」という主義主張を持っているんですが、諸々の事情と知人の尽力があって27日土曜日に御殿場の東富士演習場まで出かけて見...

2011年08月29日 11:45

節目を感じる力、そしてその前提となるコンテクスト

別に大袈裟な話ばかりではなく、それでも生きている中で時々何かしらの節目に出会うのが人の人生。プライベートな話かもしれませんし、仕事上の話かもしれないし、一種社会的な状況かもしれません。言い換えると自分...

2011年08月25日 13:13

ソーシャルな何かが実現する完全透明社会って、別の言い方をすると完全相互監視社会みたいなものにも思える

マスコミのあり方、企業の広報のあり方、政治や行政のありかたなどについて、国内外を問わずソーシャルな何かが間口を広げたりあり方そのものを問うような動きがそこらじゅうにある昨今。予てより「人間だれしも立場...

2011年08月23日 11:55

プロを語るプロになること無かれ

世の中のあらゆる分野において「プロフェッショナル」と目される、称される、あるいは称する人がいるわけです。正に業種業態を問わない世界ですが、その「プロフェッショナル」なる定義自体が一様では無いのも事実。...

2011年08月22日 12:42

ソーシャルな何かに顔を出す「俺様スタンダード」

いや、これは別にソーシャルな何かに限った話ではなく、人間だれしもその人なりの評価軸や判断軸は持ってるものです。更には個人だけではなくメディアなども含めた何らかの法人であっても必ず何かに立脚した主張が(...

2011年08月18日 18:45

雇用関係には期限がある事をどういう風に理解してるかどうか大事

これは他人に寄る話だとは思うのですが、コト私自身の話で言うと、100%米国資本の会社で20年近くも働いたことが雇用に関する考え方について大きな影響を与えていると理解しています。それ自体、何がよくて何が...

2011年08月03日 11:54

情報自体ではなく、情報への索引だけが頭に残る是非

この歳、と言うほどではないのかもしれませんが、残念ながら流石に10代20代のころの記憶力はありません。それを劣化とは言わないでという気持ちはありますが、明らかに新しいモノが入りにくくなってる。でもその...

2011年08月02日 11:43

スペースシャトル計画の終了は転職活動の始まり

スペシャリストとは、ある特定の分野なり技術なりのスペシャリストであって、その結集体である組織においては居場所が基本的に決まるという雇用形態があります。日本の場合純粋なスペシャリストという立場での雇用と...

2011年07月28日 10:47

プリンター周りって、事によっては新品に買い換えるほうが安いという世界なんだよね、というお話

今の時代、どこにでもある話。エアコンや冷蔵庫の電力消費量の話しかり、自動車の維持費の話しかり。そして私がたまたま今回遭遇したのは無線プリントサーバーを物色していたときの話。そもそもは無線LANにプリン...

2011年07月26日 08:39

無かった事にする体質

人間誰しも自分に都合の良くないことは無かった事にしたいと思うものです。もちろん内容にもよりますが、そこで素直に謝るとか言う行為に移るのにはそれなりのエネルギーが必要です。ただ、それを避けて通れない事が...

2011年07月25日 14:43

目の前にある「ソーシャルな何か」という存在が永続する理由は何処にも無いというのは基本的了解事項であるべき

基本的に「ソーシャルな何か」を提供するサービスに分類されるものの基本的な立ち位置は、誰かと誰かが何かを共有する場を提供する事。それが文字なり映像なり何なりを媒介として交換されるわけですが、基本的に誰か...

2011年07月21日 11:45

たとえばTwitterのReplyとRTではまりこめるアドベンチャーゲーム、関係の可視化、そして何かの監視下におかれているんだよという意識

ソーシャルな何かの世界でこんな風に活動しようぜとか、あるいはビジネスにこう生かそうぜなどといった議論が相変わらず盛んな中、それらの議論をぼんやりと眺めながらTwitterやFacebook、あるはTu...

2011年07月19日 11:43

大統領専用車という特殊車両と大統領の紋章の関係

VIP向け特殊車両という世界があります。見た目は一般的な乗用車でありながら、何らかの特注の内装を持っている程度のモノから、何らかの武器による攻撃に対する防御措置を講じている車両まで色々な訳ですが、その...

2011年07月18日 08:50

「みんなが言ってる」の「みんな」って誰かを疑ってみる

人が大勢いれば、そこで何かしら意見の方向性というのは出来るものです。みんながみんな同じ意見を持つというコトはありえない。それが有る一定以上の規模のクラスターになると「みんな」という表現になってくるのか...

2011年07月12日 11:45

キュレーターに頼ってどうするんだよ>自分

情報を集めて整理してゆく仕組みとか役割について、過去から今そして今後と多分色んな看板が付くわけですが、本質的なところでの行動というのは何も変わらない訳です。そして媒体が紙主体からネット上での情報に軸足...

2011年07月09日 12:12

ソーシャルな何か経由でどこまで自分を晒すかという判断は一種の思想なのか

以前から常にある話として、SNSと呼ばれるものを始めとするソーシャルな何か経由でどこまで自分を晒すかという話があります。もちろん自分自身の情報は自分で守るという基本的認識のもとにコントロールしていれば...

2011年07月07日 11:45

映像で伝える意味を考えるTechCrunchのTechCrunched

人にモノを伝える方法はいくつもあるわけで、たとえば先日エントリーにした電子書籍の話で言えば基本的に文字で伝える方法のバリエーションであるわけです。後は絵だとか映像とか音声だけとかいろいろ方法があるわけ...

2011年07月04日 11:03

懐かしのメロディは個人の感じ方ひとつなわけで

何気にクラシック音楽の好きな私なのですが、繰り返し聞くのはいわゆるバロック音楽の世界。ヨハン・セバスチャン・バッハで言うと亡くなったのが 1750年なんで、冷静に考えると360年も前の音楽だったりする...

2011年07月02日 06:33

電子書籍は人間としての所有欲を満たせるのか

今の世の中の流れの中で書籍類の電子書籍化自体を止める事は多分出来ないんだろうなというコトは理解できます。これはCDが曲ごとのダウンロード販売に大きくシフトした事例を見ても、多分止まる事は無いんだろうと...

2011年06月29日 11:35

再考:スーパークールビズは今年だけの祭りではないという理解。そして「失われる10年の入り口」論

先日も同じような内容でエントリーを書いたのですが、7月1日を目の前にしてどうしても気になることを含め、再びエントリーにします。震災とその後の混乱から各所7月1日あたりから本格的に「スーパークールビズ」...

2011年06月28日 11:31

賞味期限のない口コミサイト情報には意味は無い

本来、どんな情報にも賞味期限があると信じています。もちろん過去の状況の参照という行為で必要になる場合には期限が無限になる場合もあるかとは思いますし、そうでなくても何時付けの情報かというタイムスタンプが...

2011年06月21日 11:37

会社が決めるドレスコードなんて無くしちゃえば良いのに、というか無くせちゃえば良いのに

自分のことを棚に上げての話ですが、本来社会においてどのような状況でどのような服装をするべきなのかということは親なり地域なり、あるいは学校なりが教えることであって、社会に出た時点では基本的な知識は持って...

2011年06月12日 08:10

スーパークールビズは今年だけのお祭りではないという理解。そして「失われる10年の入り口」論

震災に端を発したスーパークールビズの流れ。やれ在宅勤務だ、やれサマータイムだ、やれドレスコード緩和だとお祭り状態な訳ですが、これまた各所で言われているようにそんな状況が今年だけの一過性のお祭りである理...

2011年06月10日 11:42

Googleは古文書収集家である論

実は以前にエンタープライズ・サーチのソリューションというモノのマーケティングをやっていたことがあるのですが、そのお陰もあって所謂サーチに関してはある程度の知識を得る事が出来た私。因みにそれを担当してい...

2011年06月07日 06:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。