岩永慎一 / ITmedia オルタナティブ・ブログの記事一覧

何かがなくなるという話を聞いて懐かしがる時点で自分としては既に過去のモノとしている事に気が付く

何十年にも亘り常に使い続けているモノというのはそれほど無い私。いや、それは多分それほど珍しい事ではなく、誰にもある話だとは思います。ある時期非常に入れ込んでいた「何か」とある時点で親密度合いが下がり、何となく疎遠になり、それが身の回りにあったことすら忘れてしまう。そんなのよくある話だと思うんです。ただ、その「何か」がなくなってしまうという話を聞いて「お~、懐かしい」と思い出す事があるのもよくある話...

2012年04月04日 12:53

The New York TimesのWebサイトで無料閲覧できる記事数が現状の20コンテンツ/月から4月以降は10コンテンツ/月に変わる件から見えるもの

いわゆる報道機関がWeb上でニュースを閲覧できるサイトを開いているのは最早当たり前という今日この頃。もちろんそれぞれの特性により出し方見せ方は違うわけですが、それらを全部無料で見せるところもあれば、有...

2012年03月22日 12:48

世代論を裏打ちするものと、世代論を超えるもの、そしてそれぞれの視点

なんだかんだ言われながらも根強く存在する世代論。実際のところ自分の親の世代の影響は大きいし、たとえば自分がどういう時代に思春期を送ったのかを含めてどういう時代に生きてきたのかってので価値観を含めた色ん...

2012年03月12日 12:54

小学館の「小学三年生」と「小学四年生」が3月号で休刊となってたんですね

私自身は確か読んでました。小学館の学習雑誌。はるか昔の事なので記憶が定かじゃないですが、少なくとも「小学三年生」くらいまでは読んでいて、その後は学研の「科学と学習」に移ったような記憶があります。思い起...

2012年03月06日 11:50

事象の記録を残すというコト

何かが起きるときには必ず経緯があります。何か経緯があって次の段階に進むわけです。そしてなんにしろそこには当事者がいるはずです。判断にどの程度関与したのか、あるいはどういう立場で関与したのかはそれぞれで...

2012年03月01日 12:52

「多機能」、「高機能」、あるいは「高性能」といった言い回しの裏側に何があるのかな

いわゆるハードウェアであれソフトウェアであれ、その多くのモノが「新しく」なる時点で以前より「多機能」になった、以前より「高機能」になった、あるいは以前より「高性能」になったという謳い文句(もちろん実態...

2012年02月17日 13:05

LinkedInで自分の履歴を整理して過去を振り返ってみると何が見えるのか

人間誰しもそれぞれの歴史を持っているわけです。もちろん生まれてきてから何をしてきたかというところから振り返るのも1つですが、その人の年齢により長短はあれ例えば何かしらの仕事をし始めてから今までを振り返...

2012年02月15日 13:09

Twitterにブラジル政府が交通取締情報を流しているアカウントの閉鎖を要求している話

あるサービスなりツールなりを世界中で色んな人が使える状況を裏側から見ると、色んな人が色んな目的で使っているわけです。親しい友人とのやり取りに便利だと標榜していても、その親しげなやり取りには色んな種類の...

2012年02月09日 13:07

武雄市がFacebookのアカウントを市職員の大半に取得させて諸々活用しようという動きってどう見ると面白いのかな

とりあえずソーシャルな何かを企業なり何なりが活用して行こうぜ論が幅を利かせる中、一体何をすればよいのだろうと考え込む人がいて、それじゃぁお手伝いしましょうという色んな人がいてという構図は別にソーシャル...

2012年02月01日 12:52

SOPA/PIPAの一連の動きはアメリカに対するカントリーリスクと考えてよいのだろうか

例のSOPA/PIPAに絡んでWikipedia英語版は一時止まるわ、Twitpicは背景を黒くするわ、Googleは米国でロゴを隠すわ、なんだかんだと大騒ぎな訳です。それ自体をどう評価するのかという...

2012年01月18日 17:31

口コミはそもそも口コミであってそれ以上でもそれ以下でも無いという理解をしようよ

以前からCGM即ちConsumer Generated Mediaってどうなの?という議論はずっと有ったわけですが、ここにきてグルメサイトのコメントの内容の話から再び火がついた格好の「信憑性」の問題。...

2012年01月10日 13:13

目標とは今現在は実現出来ていない事、という企業トップの発言の読み方と、自分のなかで維持し続けるべきコンテクストの親密な関係

何か行動を起こそうとするとき、多くの場合には何かしらの目標とか目的があるわけです。これが純粋に個人の話であれば何も考えずにただフラフラってのがアルとは思いますが、それが何かしらの組織であれば必ず目標な...

2012年01月06日 13:34

WiFiのアクセスポイントが街中で増えることの功罪

立場上通信関係の話、特にケータイを含む無線通信関係の話には触れないようにしているのですが、昨今のWiFiのアクセスポイントに絡む話はやっぱりちょっと思うところがあって触れる事にします。もちろん1人のユ...

2011年12月28日 13:01

LinkedInは自分を表現する場ではあるけれどSNSじゃないという理解

色々な理由と経緯と知り合い関係の諸々があって、先週木曜日にLinkedInとは何ぞやという話をする場に居合わせる事が出来ました。ちょっと前に日本語画面が提供されるようになったタイミングで「Linked...

2011年12月26日 13:05

自分の親にはスマートフォンを持たせたくないと思う気持ちの裏側

これでも4年以上はスマートフォンと分類される「携帯端末」を持ってる私。最初はずっとWindows Mobileで、今はAndroid。ただしこれだけでは自分的に不便なんで「ガラケー」に分類される「伝統...

2011年12月21日 16:11

コミュニケーション戦略がまずあるべきであって、ソーシャルほにゃらら戦略が先に立つことなどありえないという当たり前の話

不肖岩永、いわゆるマーケティング・コミュニケーションの世界に足を踏み入れてからかれこれ20年近くになります。その間に媒体自体の栄枯盛衰、メッセージングの変遷、もちろんそれを取り巻く諸々の環境の変化をあ...

2011年12月20日 19:03

Twitter上で起きている、NATOのアフガニスタン国際治安支援部隊(ISAF)とタリバーンのサイバー戦、のようなモノ

実は非常に複雑な歴史的経緯があり、今も諸々が収束しきれないアフガニスタン情勢なのですが、これまた色々な経緯があって現在アフガニスタンに駐留しているのがNATOのInternational Securi...

2011年12月13日 15:51

サンタクロースはFAAの承認の元に飛ぶ

毎年恒例のNORAD Tracks SANTA (日本語では「サンタを追跡」)の季節がやってきました。どうせ毎年対して変わらないんでしょ?なんて野暮な事は言わないのが大人。クリスマスの意義がどうのこう...

2011年12月08日 13:54

「どこでもPCを使う」はどうかと思うけれど「どこでならPCを使う」ってのは難しい線引き

自分自身の今の環境は日常的にPCを持ち歩く事が必要とされていません。仕事上も個人的な話の上でも。ただ、10年くらい前の数年間当時の重い15インチディスプレイの付いたノートPCを常に持ち歩いて移動する先...

2011年12月06日 18:17

自前と丸投げの間のどこかにある落とし処、そしてあるべき自分の立ち位置という古くて新しい話

IT系の話でもマーケティングの話でも、もちろんそれ以外でも古くからある話の1つが「自前と丸投げの間のどこかにある落とし処」の話。時と場合と事と次第によって当然状況は違いますから、一概に丸投げはどうとか...

2011年12月05日 12:46

【休日ネタ】インターネットラジオはエライ

最初に自分のラジカセ(死語ですね)を買ってもらったのは多分小学校の6年か中学の1年の時。それが何年(いや何十年)前かを思い出すと「思えば遠くへ来たもんだ」という感慨にふける事なるのですが、それはともか...

2011年11月20日 14:59

UNESCOの年内活動の緊急縮小にみる、文化活動と政治は別という考え方の矛盾

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は国連の1つの主要機関ですが、当然その活動には資金が必要です。しかもそこらのNGOやNPOとは桁違いの資金が必要で、個人や企業などの献金に加えて国連加盟各国からの拠出金...

2011年11月17日 12:52

街中でも住宅街でもそこらじゅうにWiFiのアクセスポイントが見えるという風景

それなりにスマートフォンやらタブレットを持ち歩いている事が多い私。別にアプリがどうのこうのとかにはあまり興味は無く、知り合いとの連絡のほかにはニュースサイトやら何やらを巡回するのがメインの使用目的。と...

2011年11月16日 20:23

意見の多様性を感じれるからこそ、やっぱり人と話をするのが面白い

多分私自身、多分基本的に人と話をするのが好きなんだと思います。もちろんメールやソーシャルな何かの世界でしか話をしたことが無い方は大勢いるわけですが、そこは人情ってのもあるわけで、ごく一部の例外を除いて...

2011年11月10日 12:38

カントリーリスクというモノの捉え方は色々あるべきじゃないかと思うんです

今の世の中、意識するしないに関わらず生活のどこかしらに海外との接点があったりします。自分が買う物、食べるもの、着るもの、勤務先、業界、経済全体、そしてもっと大きな政府間の話。それこそ鎖国でもしない限り...

2011年10月25日 19:36

どうも私はGoogle+には向いていない

ソーシャルな何かってどうよといい続けている私ですが、とりあえず相変わらず個人的にはTwitterを軸にモゾモゾと好きにやってはおります。もちろんとりあえず使ってみなきゃ判らんでしょということでFace...

2011年10月20日 15:40

情報を得るのが目的なら、もういい加減に「日本のメディアは駄目だという話」を止めるべきだと思う

ごく個人的な考え方ではありますが、世の中にはそれぞれ主義主張を持った(ことになっている)報道機関が色んな形で存在し、たとえ同じ事象であってもそれぞれの立場と見方見え方から報道するのが筋だと思っています...

2011年10月18日 17:09

帰宅難民ならぬ出勤難民な朝に考えた事

電車通勤の私が普段利用しているのは東急の田園都市線。都心に近づくとメッシュ状に繋がっていて色々と迂回路を取れる東京の電車網ですが、その先は郊外に真っ直ぐ伸びてゆくような路線が多くなります。私の場合、自...

2011年10月17日 12:33

ケータイを機種変更したところから思いを馳せる「中の人」論

通信業界、それもケータイに直接関わる業界の末席に身を置く私。もちろん仕事の場ではそれなりに端末機器がある場合もありますが、それ以前に一般のユーザーとしての顔も持ちます。当然ですが私用の通信機器は自前で...

2011年10月11日 18:22

iPhone関連発表に見る期待と安心と落胆の風景

昨日のiPhone 4Sの発表を巡って色んな話が飛び交っているわけですが、基本的にiPhoneのユーザーというかApple製品のユーザーではない私の場合、それを何となく一歩引いたところで眺めていたりし...

2011年10月05日 15:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。