猪野 亨の記事一覧

国立大学授業料の自由化は愚策の極み 交付金の充実こそ人材養成に必要なこと

文科省では、国立大学の授業料の自由化の検討を始めると報じられています。いよいよ国の大学教育の放棄かと思いました。「国立大の授業料、自由化を検討 値上げ相次ぐ可能性も」(朝日新聞2020年2月21日)「国が標準額を定める国立大の授業料について、文部科学省は、大学の裁量で金額を決められるようにする「自由化」の是非について検討を始めた。大学の学長や企業関係者らによる有識者会議が21日に始まり、年内に結論...

2020年02月22日 20:10

共産党系だから? 講演依頼はその内容に相応しい講師かどうかで判断されること

講演を依頼するのにその講師が共産党系の団体に所属していたら? 講演の趣旨に適うかどうかで人選を行うのであって、その講師が適任であればそれで良いわけです。 しかし、横浜市緑区の対応は違っていました。「「...

2020年02月18日 14:55

安倍総理が共産党に暴言 暴力革命など不当な言いがかり 長年にわたって監視や違法な盗聴をやっても証拠の片鱗も見つかっていないのは当然のこと

安倍総理がまた暴言です。維新の会の質問に答える形で、共産党は暴力政党などと言っています。「首相「共産党は暴力革命」 立憲など5党派、謝罪と撤回要求」(北海道新聞2020年2月15日) 野党5党は、この...

2020年02月16日 15:39

「連れ去り」を禁止しない日本は違憲・違法という主張の問題点 モラハラ被害を潜在化させてしまう

このブログでは何度もテーマとして取り上げていますが、離婚を前提とした別居において、それまで監護していた親が子を連れて出ることの是非が、違憲・違法ということで国賠訴訟がまた起こされています。「子の連れ去...

2020年02月16日 13:47

陰謀論について 野党支持を目減りさせることを危惧する 野党支持者は常識を持とう

右翼系、左翼系から、結構、陰謀論について聞くことがあります。投票をごまかしているとか、不正な操作が行われているとか、です。 私自身に直接、不正があることについてどう思うかと聞かれたこともあります。 正...

2020年02月16日 09:55

れいわ新撰組山本太郎さんは選挙協力の条件に消費税率5%に固執してはいけない 候補擁立も自重すべき

いよいよ今年は東京オリンピックが終われば衆議院解散総選挙が待っています。 本来であれば当然に総辞職してもいいくらいの安倍内閣に未だに陰りが見えないのは、批判の受け皿にならなければならない野党側が一本化...

2020年02月10日 14:09

アイヌ民族との共存 アイヌヘイトに罰則を与えよというのは時代に逆行する

アイヌ民族に対する差別発言はなくなっていません。ネット上もそうですが、日本会議や在特会など、アイヌ民族が特権を与えられたかのように攻撃したり、アイヌ民族そのものが存在しないかのような発言が繰り返されて...

2020年02月10日 10:02

黒川弘務検事長の定年延長という露骨な人事介入 慣例は権力の恣意性を排除するために重要なもの

黒川弘務検事長の定年延長が安倍内閣主導で行われ、検事総長就任への道筋がつけられました。 従来の慣例であれば検事総長にはなれないのに、このように露骨に人事に介入してのやり方は異様です。「政権に近い黒川東...

2020年02月06日 14:12

大阪府の条例、18歳未満の「真剣交際」以外は違反(刑罰)のもつ意味 「真剣」ということの胡散臭さ

大阪府では条例によって18歳未満(未成年)に対しては、「真剣交際」以外は厳罰にするそうです。「18歳未満との交際、「真剣」以外はすべて違反に…大阪府が条例改正案」(読売新聞2020年2月2日)「大阪府...

2020年02月04日 13:30

雪道でのABS作動の恐怖 かえって安全を阻害している

古い車にはありませんが、現在の車にはABS機能が装備されています。 私は以前、平成5年式の車を使っていたのでもちろんABSなどありませんでした。 4年前、平成23年式に買い換えました。平成5年式が故障...

2020年01月27日 10:30

香川県のスマホ(ゲーム)1日1時間以内の条例に思う 幼児・児童のスマホ依存対策は待ったなし

香川県が、条例で18歳未満の未成年を対象にスマホは1日1時間以内に制限するという条例を提案し、物議を醸しています。 このスマホ1日1時間には批判も多く、本来、家庭内で親子で話し合って決めるべきであり、...

2020年01月24日 10:42

桜を見る会の追求はうんざり? 立憲民主党と国民民主党が分裂していたらダメですね

安倍政権による桜を見る会の私物化は、前近代的です。明治時代、昭和ならまだこんなもんかなと思えるものが、平成が終わろうとしていたときに未だに税金の私物化が平気で行われていたなんていうのは、日本っていう国...

2020年01月24日 10:42

ブログなどのコメント欄のあり方 ブロゴスがコメント欄を閉鎖することに思う

私のブログも転載されているブロゴスですが、コメント欄が今年1月末をもって閉鎖(新規の書き込みができないこと)されるそうです。 ブロゴスのコメント欄は、それぞれの作成者が閉じるかどうかの選択ができるよう...

2020年01月13日 14:26

中東への自衛隊派兵は止めるべき 隊員にとっての大義がない 安倍氏は米国の中東政策を批判せよ

いよいよ日本政府は、米国政府の意向を受け、中東に自衛隊を派兵命令を出しました。愚行です。何のための派兵なのでしょうか。 自国のタンカーを守るため? 派兵して当然という論調が目立ちます。 タンカーの乗組...

2020年01月13日 07:26

差別糾弾によって、差別を煽る人たち 反ヘイトに名を借りた「正義」の恐ろしさ

昨年12月、川崎市で、ヘイトに罰則を科す条例が成立しました。全会一致だそうで、自民党から共産党まで賛成したということで、この条例に反対してきた私としては非常に残念な思いです。「川崎市 ヘイト規制に罰則...

2020年01月09日 16:12

北海道IRの終焉 船橋利実議員はが100万円を受領 高額な選挙での陣中見舞いに「寄付」も「貸付」でも誰も納得しない

北海道のIRに絡む汚職で名前の上がっていた船橋利実議員(自民党)は、いよいよ中国企業側が言うところの「100万円」を受領した事実を認めました。 但し、それは別の観光会社からのもので中国企業からのもので...

2020年01月09日 13:50

Q 共同養育支援法(旧名称:親子断絶防止法)ではDV防止法の運用の改善を求めるとしていますが、DV防止法の運用に問題があるのですか。 - 弁護士 猪野 亨のブログ

Q 共同養育支援法(旧名称:親子断絶防止法)ではDV防止法の運用の改善を求めるとしていますが、DV防止法の運用に問題があるのですか。A 共同養育支援議員連名が押し進める共同養育支援法では、DV防止法の...

2020年01月05日 15:07

カルロス・ゴーン氏の海外逃亡にみるカネ持ちの身勝手さ 最初から最後まで翻弄させられた日本社会

あのカルロス・ゴーン氏が祖国レバノンに逃亡しました。 その理由は、日本の刑事司法制度が被疑者・被告人にとって暗黒な手続となっているんだそうです。 私自身も確かに今の刑事司法制度が良いとは思っていません...

2020年01月02日 15:45

カジノに関する贈収賄事件 とても良い機会、誰にとっての利益なのかをよく考えよう。

自民党国会議員が中国のカジノ企業から賄賂を受け取ったとして逮捕されました。全国で3カ所とされたカジノ開帳の都市をさらに拡大してくれ、という要望です。中国のカジノ企業が参入するためです。 カジノが儲かる...

2019年12月31日 07:25

「DV冤罪」は印象操作 面会交流は当然に制限しなければならない

DVと聞くと、真っ先に思い浮かべるのは暴力です。 暴力を振るっていないのに、妻からDV(暴力)だと言われ、その妻の偽証証言により傷害罪や暴行罪で逮捕されたり、有罪判決ということになればもちろん冤罪事件...

2019年12月09日 08:51

離婚後に子の監護をしたいと言ったらモラハラ? モラハラ被害の女性を保護せよと言ったら女性をバカにしている?

離婚により子の親権者はどちらかの親に指定され、その(単独)親権者が子の監護を行います。親権者ではない親が子との関わりは定期的な面会交流によって行います。 面会交流方法は両当事者が自由に決めることはでき...

2019年12月09日 08:18

表現の自由とヤジ 挑発行為に共感は絶対に得られない

2019年7月、参議院選挙の最中、自民党候補の応援のために安倍総裁(総理)が来札しました。 安倍総裁が演説しているとき、別々にですが、男性、女性がヤジを飛ばしました。 これに対して過剰反応を示したのが...

2019年12月05日 08:02

鈴木直道知事のIR(カジノ)誘致断念を歓迎するが、これでは終わらない

これまで北海道ではIR(カジノ)誘致には前のめりでしたが、11月29日の定例道議会で鈴木直道知事は、今回の誘致は断念すると表明しました。 これについては、IR誘致に反対していた私としてはもちろん歓迎す...

2019年12月02日 14:27

Q 離婚後の共同親権が導入された場合、監護権はどうなるのですか。

Q 離婚後の共同親権が導入された場合、監護権はどうなるのですか。A 論者によって異なるようですが、主たる監護権者を決める、当然に両親に監護権が帰属する(親権とは不可分)と主張されています。 離婚する以...

2019年11月03日 15:24

Q 母子家庭では貧困が少なくなく子がかわいそうです。経済力のある方が親権者になるべきでは?

Q 母子家庭では貧困が少なくなく子がかわいそうです。経済力のある方が親権者になるべきでは?A 親権者の適格性を判断する上では経済力は関係がありません。それでは実際に育児を行ってきた専業主婦の母が親権者...

2019年11月03日 08:53

Q 追い出され離婚などDV被害者でありながら親権者にもなれない事例がありますが、離婚後の共同親権制度の導入はこうした被害者のために必要ではありませんか。

Q 追い出され離婚などDV被害者でありながら親権者にもなれない事例がありますが、離婚後の共同親権制度の導入はこうした被害者のために必要ではありませんか。A 追い出され離婚とは、例えば夫側の親族も含め、...

2019年10月14日 13:28

Q 離婚後の共同親権と面会交流は別次元の争点ではありませんか。

Q 離婚後の共同親権と面会交流は別次元の争点ではありませんか。A 本来、別次元の争点です。現在の家裁実務でも離婚後の非監護親に(共同)親権がなくても面会交流は認められていますし、家裁は、原則、面会を命...

2019年10月14日 10:47

Q 離婚後の共同親権の導入に反対では、子どもが両親に親権者であって欲しいという権利はどうなるのですか。

Q 離婚後の共同親権の導入に反対では、子どもが両親に親権者であって欲しいという権利はどうなるのですか。A 子どもの権利という場合、どのような権利を想定しているのかが問題です。 親権と言われているものは...

2019年10月14日 10:02

Q 妻が夫のDVをでっち上げて面会させないし、裁判所や警察も無批判にそれに従い、結果として面会交流ができていないという現実をどのように考えますか。

Q 妻が夫のDVをでっち上げて面会させないし、裁判所や警察も無批判にそれに従い、結果として面会交流ができていないという現実をどのように考えますか。A 妻であろうと夫であろうとDVの主張がでっち上げで...

2019年10月14日 09:47

Q 昨今、離婚後の虐待事件が後を絶ちません。離婚後の共同親権が実現できればこのような虐待は防止できるのではありませんか。

Q 昨今、離婚後の虐待事件が後を絶ちません。離婚後の共同親権が実現できればこのような虐待は防止できるのではありませんか。A 元妻が連れ子で再婚したとき、養父による連れ子に対する虐待は本当にひどいものが...

2019年10月13日 17:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。